医学部受験と再受験
TOP医学部再受験の勉強法>過去問を使う際にチェックする項目
過去問を使う際にチェックする項目
個別試験に関してのチェック項目を挙げていきます。センター試験に関しては分析されつくしているので、対策本を見てください。

教科 チェック項目
英語 長文の長さ 長めの長文が出るのならばそれ用の問題集で対策をします。あと、設問の傾向も把握し、細かい内容把握が必要かどうかもみます。
アクセント・発音問題の有無 センター対策でやることになるのですが、個別試験でも出るかどうかを見ておきます。
英作文の有無・長さ 英作文はかなりの医大で出題されます。問題はその長さです。
全体の問題の量 ペース配分を決めるのに必要です。
医学用語の必要性 医療系の文章が多く出るのならば医学英単語のような本で対策をします。
会話文の比重 口語表現を扱う問題集を使います。
数学 数VCの出題 Cが範囲でもほとんどでない場合や以上に簡単な場合もあります。今後の時間配分にに影響してきます。
好きな分野 大学によって出題されやすい分野があります。参考程度に見ておくといいでしょう。あまりに偏った勉強をするのは危険です。
問題形式 センター試験のような変わった形式は慣れておく必要がありますし、藤田のように部分点のもらえない形式も事前に把握しておく必要があります。
整数問題の有無 難関大ではよく出されます。全く出ない大学もあります。他分野とは少し違った問題ですので、これも見ておいて損はありません。
全体量と難易度 ペース配分を決めます。
化学 難易度 重要問題集か新演習か
問題量 他教科と同じです。特に化学は時間ぎりぎりになるような易問多答型の大学もあります。時間不足にならないように普段の勉強でも心がける必要があります。
無機の出題量 無機は暗記分野ですので、分からなければ考えても出てきません。どの程度まで暗記しておくことが必要なのか事前に把握しておきましょう。
有機の問題レベル 京都大学のように異常に複雑な構造決定をさせるような問題が出るかどうか。
生物 実験問題の量 暗記で対応できるかどうか
数値の暗記量 ヒント無しで特定の数値を答えさせる問題があるかどうか。例:DNAの長さ、塩基対数等
記述量 100文字を超える解答が要求される大学も多くある。
[医学部再受験をネット内職で乗り切る]