医学部受験と再受験
TOP医学部再受験の勉強法>ノートを作る
ノートを作る

私立文系専願の私にとって、医学部受験の勉強量は途方も無いものでした。

どこが分からなかったのすら忘れてしまう

あまりの量の多さ故に、自分の中で知識を整理できなかったのです。なので、あまり気は進まなかったのですがノートを作ることにしました。文系の受験では英語さえやっておけばよかったので、特にその必要もなかったのですが、今回は違いました。

今はパソコンがあるので、雛形を作ってそれをプリントアウトしてノートとしました。とにかく分からない問題や間違えた問題をそのまま書き写し、気がついたときに再度見直すということを繰り返していきました。生物60枚、化学50枚、数学45枚、英語35枚ぐらいのノートになりました。感覚的に、理科>数学>英語、の順で役に立ったかなと思います。理科は暗記科目ですしね。数学も役に立つのですが、かなり本腰をいれて見直さなきゃいけないので、気軽な復習には不向きかなとも感じました。英語に関しては趣味程度にまとめていただけだったような気がします。

文系から医学部を目指す人は覚えなきゃいけないことが多くなると思いますのでノートを作成することをお勧めします。

全く参考にならないと思いますが私のノートです↓


数学
:上に問題、下に解答

英語
:長文の中に出てきた単語と意味

化学
:間違えた問題の知識

生物:間違えた問題の知識
[医学部再受験をネット内職で乗り切る!]