概要

 医学部学士編入試験における総論を記していく。受験全般にわたるコメントはこちらのページにて。

学士編入とは

 4年制大学を卒業した「学士」を編入させる試験である。医学部2-3年次に編集できるが、現在の主流は2年次前期である。ちなみに2000年代の学士編入試験では3年次の編入が主であった。この時は学士編入試験の手探りの時期であり、おそらく3年次の編入では余程優秀な人材でもない限り大学側としても割に合わないと思ったのであろう。私の友人がこの時期に3年次へ編入している。私立文系出身である。
 本制度は、元々はアメリカのメディカルスクールの発想であり、受験勉強のみで査定された高校生以外の多種多様な人材を獲得したいという思惑があった。中には研究医を前提とした募集を組むところもあった。しかし、試験は次第に対策され、単に医者への近道ととられる場合も少なくはない。

学士編入試験の歴史

 医学部の学士編入試験が盛んになり始めたのは2000年代前半である。それまでは、大阪大学医学部ぐらいしか本格的な試験は実施していなかった。盛んになったきっかけとしては、2000年に出された文部科学省の通達である。「社会経験を積んだ人材を医学部に編入させろ」と。アメリカのメディカルスクールの真似である。潜在的に「高校を出て医学部に入って狭い世界で過ごして世間知らず」という不満が日本の医師に対しては存在していたので、学士編入は一気に広まった。各大学5〜10名の定員、3年次編入で募集を開始した。メディカルスクールも4年生であり、3年次編入はそれに倣っている。名古屋大学医学部千葉大学医学部は研究医目的に募集を開始した。

現状

 学士編入試験は縮小傾向にある。この理由は間違いなく人材のレベルであろう。編入者のレベルが低かったということである。2000年代より本格的に開始され、その卒業生がある程度出揃ったのが2010年頃。その人たちを見て、「あえて編入試験をしてまで取る人材ではない」との結論が下されたのである。それもそのはずで、特に2010年付近の卒業生はKALSで試験対策だけをした人材が平気で受かっていた。私の友人も「一般入試の学力がないから」ということで学士編入試験を受けていたが、3年次編入試験に合格した。私立文系卒で経歴は平凡、受験時無職であった。当初の大学が求めていた、「他分野で活躍した人材を引き抜く」ということが全くできていなかったのである。であれば辞めちゃいましょうというのは自然の流れである。多くの大学は3年次編入から2年次編入にシフトし、定員も削減した。千葉大学医学部に至っては2018年で募集を終了している。ちなみに、獣医学部の編入試験も縮小傾向であり、帯広畜産大学や岩手大学が募集を終了している。
 結局のところ、日本の場合は「他分野で培った知識を生かしてキャリアアップしていく」という土壌が整っていないため、学士編入のような試験を根付かせるのは難しいのかもしれない。学士編入を敗者復活戦のような意味合いで受けている人も多く、本来の目的が果たせていない。

学士編入試験の一年

 一般受験が終わったころに出願が始まる。春から夏にかけてが出願の時期であり、夏から秋にかけてが試験のピークである。

試験

 英語、生命科学、小論文、面接である。大学レベルの物理化学、生命科学の知識が必要となる。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • そろそろ今年も始まりますね。 -- 2019-04-06 (土) 10:55:58
  • 千葉大学もやめちゃったし、ますます風当たり厳しいな。 -- 2019-04-16 (火) 22:07:59
お名前: