概要

 医学部学士編入試験における総論を記していく。受験全般にわたるコメントはこちらのページにて。

学士編入とは

 4年制大学を卒業した「学士」を編入させる試験である。医学部2-3年次に編集できるが、現在の主流は2年次前期である。ちなみに2000年代の学士編入試験では3年次の編入が主であった。この時は学士編入試験の手探りの時期であり、おそらく3年次の編入では余程優秀な人材でもない限り大学側としても割に合わないと思ったのであろう。私の友人がこの時期に3年次へ編入している。私立文系出身である。
 本制度は、元々はアメリカのメディカルスクールの発想であり、受験勉強のみで査定された高校生以外の多種多様な人材を獲得したいという思惑があった。中には研究医を前提とした募集を組むところもあった。しかし、試験は次第に対策され、単に医者への近道ととられる場合も少なくはない。

学士編入試験の歴史

 医学部の学士編入試験が盛んになり始めたのは2000年代前半である。それまでは、大阪大学医学部ぐらいしか本格的な試験は実施していなかった。盛んになったきっかけとしては、2000年に出された文部科学省の通達である。「社会経験を積んだ人材を医学部に編入させろ」と。アメリカのメディカルスクールの真似である。潜在的に「高校を出て医学部に入って狭い世界で過ごして世間知らず」という不満が日本の医師に対しては存在していたので、学士編入は一気に広まった。各大学5〜10名の定員、3年次編入で募集を開始した。メディカルスクールも4年生であり、3年次編入はそれに倣っている。名古屋大学医学部千葉大学医学部は研究医目的に募集を開始した。

合格者のレベル

 2000年から編入試験が本格化され、そこから数年間は予備校なしの純粋な人材勝負であり、潜在的に存在していた優秀な人材がたまっていたので、2000から2005年あたりまではかなり高レベルな戦いであった。優秀な人材が合格で抜けて、kals武装組が現れ始めた2007年以降は徐々に低レベル化していく。

現状

 学士編入試験は縮小傾向にある。この理由は間違いなく人材のレベルであろう。編入者のレベルが低かったということである。2000年代より本格的に開始され、その卒業生がある程度出揃ったのが2010年頃。その人たちを見て、「あえて編入試験をしてまで取る人材ではない」との結論が下されたのである。それもそのはずで、特に2010年付近の卒業生はKALSで試験対策だけをした人材が平気で受かっていた。私の友人も「一般入試の学力がないから」ということで学士編入試験を受けていたが、3年次編入試験に合格した。私立文系卒で経歴は平凡、受験時無職であった。当初の大学が求めていた、「他分野で活躍した人材を引き抜く」ということが全くできていなかったのである。であれば辞めちゃいましょうというのは自然の流れである。多くの大学は3年次編入から2年次編入にシフトし、定員も削減した。千葉大学医学部に至っては2018年で募集を終了している。ちなみに、獣医学部の編入試験も縮小傾向であり、帯広畜産大学や岩手大学が募集を終了している。
 結局のところ、日本の場合は「他分野で培った知識を生かしてキャリアアップしていく」という土壌が整っていないため、学士編入のような試験を根付かせるのは難しいのかもしれない。学士編入を敗者復活戦のような意味合いで受けている人も多く、本来の目的が果たせていない。

人気

 学士編入試験の人気は低迷しつつある。学士編入試験が興隆してきた2000年代は医学部人気が絶頂の時であった。2000年前後に大学を卒業した就職氷河期世代がこぞって受験し、編入試験はとてつもない倍率となった。大量採用をしていた滋賀医科大学東海大学医学部では600名を超える受験者が殺到し、数十倍の倍率となった。しかし、就職が安定し、というより、空前の就職好景気により相対的に医学部人気が低下したことと、上述した編入者の能力不足により枠が絞られたことで、学士編入試験の志願者は着実に減っている。一時600名を超えた滋賀医科大学も、2018年は200名程度の受験に終わった。学士編入試験における受験者層には、「就職活動に失敗したから」という層が一定数はいて、その人たちの多くが文系出身であったために一般受験には至らず学士編入試験の倍率増進に寄与していた。好景気によりその層が格段に減ったのである。

学士編入試験の一年

 一般受験が終わったころに出願が始まる。春から夏にかけてが出願の時期であり、夏から秋にかけてが試験のピークである。

試験

 英語、生命科学、小論文、面接である。大学レベルの物理化学、生命科学の知識が必要となる。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • そろそろ今年も始まりますね。 -- 2019-04-06 (土) 10:55:58
  • 千葉大学もやめちゃったし、ますます風当たり厳しいな。 -- 2019-04-16 (火) 22:07:59
  • 10年前に比べたら簡単になったが、2年次編入はおいしくない。 -- 2019-04-22 (月) 21:37:45
  • 無能はkals使って、くぐり抜けが正解 -- 2019-05-12 (日) 12:25:02
  • 有能は1ヶ月で合格してる -- 2019-05-12 (日) 14:19:52
  • カルスはホントに学士のレベルを低下させたよな。 -- 2019-05-12 (日) 17:26:51
  • ここで不正不正言ってる奴は一生合格できないな(笑  -- 2019-05-17 (金) 16:19:15
  • 学士編入も簡単になったし不正もできないでしょ。 -- 2019-05-18 (土) 10:17:41
  • 不正というか受験生へのパワハラですね。条件変な一部大学は -- 2019-06-01 (土) 08:00:57
  • 今年は弘前以外はもうおわり?  -- 2019-07-27 (土) 08:22:07
    • まだ群馬や福井や滋賀2年前期があるっしょ -- 2019-08-01 (木) 18:01:12
  • 最近は学士編入受ける人少なくなったよなー。2005年頃とかヤバかったわ。 -- 2019-08-20 (火) 08:42:33
    • 就職が安定したからね。医学に興味がない人間は大手企業で課長や部長に出世した方がキャリア形成に関しては心配ないでしょう。 -- 2019-08-23 (金) 18:27:09
    • 今話題のキーエンスなんて営業ごときで2000万円だからなー。 -- 2019-08-23 (金) 19:04:26
      • 営業バカにしたらあかんよ。 -- 2019-08-23 (金) 22:29:48
    • 不正の臭いがするからじゃない?教員のわがままで判断されたらたまんないから -- 2019-08-24 (土) 02:34:02
  • キーエンスは拘束時間ハンパないから比較対象にしたらダメ -- 2019-08-23 (金) 19:28:42
    • むしろオンオフがしっかりいているって聞いたけど。退社は何時までとか。 -- 2019-08-23 (金) 21:26:56
      • そこ完全退社、21じだよ。しかもその前に帰れる人ほとんどいないよ。 -- 2019-08-24 (土) 11:36:34
      • それでも土日休みであればよくない? -- 2019-08-24 (土) 21:25:54
  • ちなみに始業は7:30 -- 2019-08-24 (土) 11:36:59
  • 営業は成果と新規を取るのが仕事。拘束時間が長くなるのは当たり前。拘束時間が長いのは医師とも同じ。本質は変わらない。 -- 2019-08-24 (土) 16:19:30
    • オンオフがしっかりしてるの例としては不適切では?と言うことだと思うけど… -- 2019-08-24 (土) 18:54:54
      • オンオフは大事だけど若いうちは無理じゃないかな。少ない休みや少ない自由時間の中でいかにオフ時間をつくるかを考えるのも重要だと思うよ。 -- 2019-08-24 (土) 22:14:32
  • あとはプルデンシャル生命も平均2000万は超えていると思う。ただ、完全歩合制だから厳しいが。 -- 2019-08-24 (土) 21:26:20
  • 医学部編入掲示板が転職掲示板ぽくなってるw まあ、編入もある意味転職みたいなもんか。 -- 2019-08-24 (土) 22:31:59
  • プルデンシャルは転職は比較的できる。しかし、入ってからが大変。キー局ならば1500万円はいく。新聞は1200万円程度。 -- 2019-08-25 (日) 23:08:19
    • キーに入社が難しくない? -- 2019-08-27 (火) 04:09:17
      • 難しい。プルデンシャルは比較的入れる。 -- 2019-08-27 (火) 09:03:15
  • メルカリとかラクマとかに過去問が大放出されはじめてるね -- 2019-10-06 (日) 21:38:30
お名前: