解説

医学系分野を初学者にもわかりやすく解説した入門書。0からわかるように丁寧に解説が施してある。対象はコメディカルであるが、分野によっては多くの医学生が使用している。

この本の用途は「理解」にある。簡略化されたイラストにより視覚的に勉強できるため、代謝過程や免疫成立過程などの多段階反応を理解するのに適している。反面、薄い本のため記述量が少なく、暗記勝負の科目には向かない。

以上のことをまとめると、好きになるシリーズでのお勧めは免疫学である。免疫学は、医学生でもこれ一冊で十分なほど良くまとまっている。免疫学は学士編入試験ではマイナー科目なので、これ一冊で対応できる大学も多い。反対に、暗記要素の強い解剖学、生理学は好きになるシリーズでは不十分である。

データ

分野著者ページ数出版社出版日価格Amazon
分野著者ページ数出版社出版日価格Amazon
解剖学part1竹内修二244講談社2003/022,310円
解剖学part22142005/092,100円
解剖学ミニノート1902009/041,680円
生理学田中越郎2062003/062,100円
生理学ミニノート1502008/071,575円
免疫学多田富雄/萩原清文1662001/111,890円

コメント