編入試験データ

募集人数10
入学時期2年次前期
試験科目物理100・化学100・英語100・生命科学150、小論文50点、面接50点
推薦書不要
英語外部試験不要
ホームページこちら

概要

 旧帝大のひとつで、キャンパスは大阪市内からやや外れた位置に存在する。研究医志向のある大学で、高難易度の筆記重視の試験である。昔から学士編入学制度を実施しており、卒業生の進路追跡を行うことで、編入学の意義を評価する論文も出ている。
 年齢も比較的寛容で配点が明確化されており、合否に関しては得点の上から順に取ると明言している通り、点数順で合格者を出していることが試験点数と順位の開示結果からわかる。

試験日程

試験解説

詳細な試験解説や合格者の経歴や勉強法などは、毎年の合格者で作る頒布会ホームページに記載がある。詳細はそちらを参照されるほうが良いだろう。

英語

問題は一般入試に近い形式。ただし、論文の内容は専門性が高くなっている。医学系の論文が出題されることが多い。nature等の有名な雑誌から引用されてくる。

生命科学

大問3問構成である。主に細胞生物学、分子生物学から出題される。生命科学には英文読解を含む。

物理学

第1問力学、第2問電磁気学、第3問熱力学という構成。
2018年は第1問力学、第2問波動の2問構成であった。

化学

第1問物理化学、第2問量子化学、第3問有機化学(構造)、第4問有機化学(反応)。

面接

3対1の個人面接。志望理由書などを参考に、決して圧迫ではないが掘り下げた質問がなされる。過去には直前の小論文について問われたこともあるが、近年では無い模様。
二次試験受験者は受験番号順に呼ばれ、2つの面接室に交互に割り振られる。受験番号は出願順のため、出願順が面接順になる仕組み。出願の際には気をつけるとよいかもしれない。
面接点は頒布会の成績開示資料によれば約4.2点が単位となっており、面接官3人による各5段階評価を点数化していると推定される。0点は総合点によらず不合格とも噂されるが定かではない。

過去問

過去問は大学に請求することで、もしくは有志作成のwebで入手可能。

2016年度所感

高校生物の穴埋めとセンター試験が阪大編入の有効な対策になりうるかもしれない。英文読解だけレベルが他に比べれば高かったので、そこで点差がつくかも。
阪大の編入は受験生に試験点数と順位を開示してくれて尚且つ解答解説を閲覧許可してくれるから学歴差別は起きにくい。

  • 英語
    三題構成、難易度は変わらず
    第一問:収入と階層の違いと政治への意見との相関関係について述べた文章の100字での要約
    第二問:新聞記事の誤植を発端に起きた投書のやり取りについて読ませて顛末を150字で記入
    第三問:グローバル化により生じる医療の問題について150字で英作文
  • 物理
    問題数難易度共に易化。大問2問構成で第一問は電磁誘導でテーマはIHについて、第二問はカルノーサイクルとスターリングサイクルの熱効率とエントロピーについて。
  • 化学
    問題数変わらず難易度は去年と同じか若干易化
    第一問:光の干渉から始まってDNAのX線回折についての出題
    第二問:細胞浸透圧を化学ポテンシャルに絡めて論じている
    第三問:有機化学の構造
    第四問:有機化学の反応(一部生命科学のアミノ酸の結合と絡めた出題、アミノ酸名を答えさせる問題も)
  • 生命科学
    第一問:DNAの基本知識とDNA鎖の修復について。ヌクレオチド修復、塩基除去修復とかそのあたり
    第二問:細胞についての基本知識とタンパク質、細胞マトリックス
    第三問:英文問題でmiRNAについて
    第四問:細胞の代謝とエネルギー調達について

全体的に穴埋め問題+論述三題で高校生物をしっかりこなすことで全てではないが
相当程度の対応が可能。

志願状況

入学年度志願者合格者入学者
H31
H30127109
H2912964
H288754
H278566
入学年度志願者合格者
H26
H2515910
H242239
H2320110
H2219710
H2116710
H2015110

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 失礼ですが、2年次前期入学の5名入試に切り替わるとの情報は本当ですか? -- 2014-04-03 (木) 14:25:36
  • 少し前に医学部ホームページに出ていました。しかし今は定員変更の話が書いてないので再考中なのかも。 -- 2014-04-05 (土) 09:15:09
  • ご返事ありがとうございます。試験日については何か書いてありましたか? -- 2014-04-05 (土) 13:09:02
  • 特に書かれていませんでした。募集要項は四月中旬以降に発表らしいので、試験日含めてあと少しで正式発表されると思います。リンク -- 2014-04-06 (日) 11:35:49
  • ありがとうございます。 -- 2014-04-07 (月) 07:06:23
  • FrontPageの阪大の募集人数が5人になっています。今年は正しくは10人で、2年後期編入です。 -- 2014-07-05 (土) 19:54:09
  • 次回実施分から二年次前期編入です。 -- 2014-09-12 (金) 08:43:27
  • 頒布会のページはどこですか -- 2017-06-18 (日) 14:35:55
  • そんなのも自力で探せないようじゃ、どこも合格は厳しい。 -- 2018-02-20 (火) 20:35:07
  • 最新はここ。https://hampukai2018.wordpress.com/ -- 2018-04-15 (日) 07:26:33
  • こんなわかりやすく物理もしくは生命科学系出身者で合格者固めてきますか -- 2018-04-19 (木) 02:00:37
  • ↑ここはただ点数順に採っているだけ、固めるも何もない。そうなりがちな出題とは言えるが、差別はないよ。 -- 2018-05-01 (火) 20:51:26
  • 点数さえ取れれば文系学部卒でも合格できるんだろうけどなあ。 -- 2018-05-11 (金) 15:53:27
  • 文系はいらない -- 2018-10-31 (水) 12:50:08
  • ここは不正ありますか 適切入試ですか -- 2018-10-31 (水) 13:43:30
  • この大学はろくな人がいない。 -- 2018-11-02 (金) 19:42:15
    • なんでですか? -- 2018-11-05 (月) 14:01:28
お名前: