編入試験データ

募集人数5
入学時期2年次前期
試験科目数学、物理、科学、生物、自然科学(英語)、面接
推薦書必要
英語外部試験TOEFL、点数制限あり
ホームページこちら

概要

 研究医養成を主眼にした学士編入であり、大阪大学医学部と同様に学力重視の編入試験を実施している。推薦書に加えて、研究課題を1000字以内で記載する必要がある。
 年齢制限は厳し目との噂もあり、さらに合格者は例年ほぼ5/5が東大出身らしいので、それも考慮したい。

試験解説

時間割

科目時間会場
1次試験数学・物理9:30〜11:00東京医科歯科大学
化学・生物11:30〜13:00
自然科学総合問題(英語)14:00〜15:00
2次試験面接9:30〜

書類

研究業績1000字、志望動機400字、推薦書、TOEFLが課される。また、ボランティアの経験を記す箇所もある。書類選考なし。
※平成31年度より、2年以内に受験した TOEFL のスコアが,PBT 550 点又は iBT 80 点以上に条件変更予定。

筆記試験

 数学・物理化学生物で2時間、自然科学総合問題で1時間の構成となっている。自然科学総合問題は英語による出題となる。数学は大学レベルの微積と線形代数、統計学で大問4つの構成である。物理も大学レベルであり、大問2つで力学と電磁気が出題される。化学は理論化学と有機化学、せいブルは細胞生物学、分子生物学であり、ともに大学レベルの内容である。いずれも大学レベルの内容なので、大学の演習書で対策する必要がある。全体的に時間が足りない。
 筆記は1年教養科目の定期試験にちょい手を加えた程度だからシラバス落として参考図書で勉強するとかなりの対策になる。

数学

微分積分と統計学。

物理

力学、電磁気、波動

化学

物理化学

生物

分子生物学。選択問題が10問、語句説明が5問、記述問題または計算問題が1問

自然科学総合問題では、中程度の英文を2題読ませて解答させる。

面接

面接官5人の個人面接。15分の面接を2回行う。厳しい質問が飛ぶことで有名で、なぜその進路を選んだのかということに関して追求される。
中には厳しいというより単純に失礼な質問をする教授もいることも受験生のブログを見ると書かれているため注意。

志願状況

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最終合格には筆記70%程度は必要。 -- 2014-03-26 (水) 18:21:52
  • 医科歯科の知り合い情報だけどここ3年ほどは東大生しか入ってないそうだから受ける人は相当覚悟する必要あるよ。あと医科歯科の筆記は1年教養科目の定期試験にちょい手を加えた程度だからシラバス落として参考図書で勉強するとかなりの対策になる。 -- 2017-09-11 (月) 20:14:06
  • いや東大生オンリーはない、一橋とかお茶の水女子とかいる。嘘書くな -- 2018-01-06 (土) 16:51:40
  • 結局今年の試験形式はどうなるんだろう -- 2018-03-12 (月) 20:06:50
お名前: