医学部受験と再受験
TOP>はじめに>これまでの経緯>受験本番2006年度
受験本番2006年度

この年に受けた大学は私立医学部4つ。模試の成績からしたらもしかしたら合格があるのではないかと思いました。私立医学部は基本的に都会にあるので、仕事が終わったら高速バスで移動して試験という形を取りました。

当時の学力としては、英語が比較的得意で生物は普通、そして化学が意外と得意になっていました。なので、英語と化学でリードを取って、生物でキープ、そして数学を何とか落とさないようにしようと考えました。4つも受ければなんとかこのパターンにはまってくれるだろうと思っていました。

しかし、現実はそう甘くはありません。自分の思っていた以上に出来ないのです。特に本番でできなかったのは数学と化学でした。出題された問題はとても簡単に思えました。しかし、時間内に解けないのです。計算間違いをしてしまうのです。それは特に化学で顕著でした。新演習の難しい問題をやって化学が得意な気になっていたのでしが、肝心の簡単な問題をすばやく解くということができていませんでした。

結局初年度の受験は全て1次落ち、自分の未熟さを知っただけでした。結構燃え尽きてしまい、1ヶ月ぐらい何も出来ませんでした。この頃はハンガリー医学部も真剣に考え、願書にも親の署名を貰いました。結局いきませんでしたが、このことがきっかけで海外医学部についても調べましたのでこのサイトに掲載してあります。

[これまでの経緯]
医学部受験決定後
私立医学部を考える
サイト運営に着手
成果型広告へのシフト
サイト運営に没頭
勉強を本格的に開始
受験本番2006年度
2007年度
受験本番2007年度
[医学部再受験をネット内職で乗り切る!]