北海道大学獣医学部

大学データ

  • 概要
    設置1952
    所在地北海道札幌市北区北8条西5丁目
    河合塾センター89%
    河合塾2次65.0
    駿台全国
    再受験
    定員前期20、後期15、総合入試5
    編入試験なし
    調査書点数化なし
    HPhttp://www.hokudai.ac.jp/
    過去問
  • 配点
    前期セ:二次300:450
    センター試験国80・数60・理(2)60・外60・社40
    二次試験数150・理(2)150・外150
    後期セ:二次450:500
    センター試験国100・数100・理(2)100・外100・社50
    二次試験理(2)300・面接200

大学解説

 北海道に位置する旧帝国大学である。13学部、30研究科を有し、学部生は11600名、大学院生は6400名となる。獣医学部は6学年240名であり、大学院は100名が在籍している。獣医学部は動物を飼育して勉強の対象となるため、北海道のような広大な土地でなければ学べないことも多い。日本の大学で唯一アメリカの機関の認証を取った動物実験施設、つまり実験動物の福祉に最大限配慮した動物実験施設やBSL3の背設を保有している。
 難易度は東京大学理科Ⅱ類に次、獣医学部と言えば北海道大学という印象を持つ人も多い。非常に人気が高く、受験者が全国からくるため、入学者の地元占有率は35程度である。立地を生かした産業動物の教育研究が盛んである。
 平成24年度から帯広畜産大学と共同獣医学過程を行っており、5年時に大動物に興味があれば大学をまたいで学ぶこともkな王である。

入試傾向

センター試験の傾斜配点により国語のウエイトが高くなっている。

面接

 後期面接では面接票が配られる。名前や出身校、好きなスポーツ3つ、自分の利点や欠点、部活動等。記入後にグループ面接。受験生20人と面接官3人ぐらいの雑談といった感じで、点数化はされない。その後に本格的な個人面接がある。15分程度。
必須質問事項として、「動物実験についてどう思うか」というものがある。待ち時間はかなりあり、5時間待ちの受験生もいた。

獣医師国家試験

新卒者

受験者数合格者数合格率
70373697.3%
69383797.4%
68383386.8%
67413482.9%
66383489.5%

大学生活

立地

 広大なキャンパスであるが、都会にも近い場所にあり、獣医学部から北18条駅へは徒歩10分弱で、北18条駅から札幌駅までは地下鉄でわずか2駅である。札幌駅まで自転車でも行くことができる。

授業

 1年次は一般教養課程であるが、夏休みには帯広畜産大学へ実習に行くなどして獣医学に触れることができる。2年次に動物の正常構造を学び、3年次、4年次で疾患を学ぶ。5-6年次で研究配属や病院実習をおこなう。

コメント欄

コメントはありません。 コメント/北海道大学獣医学部?

お名前:

添付ファイル: filehoku.jpg 16件 [詳細]