概要

 昨今を問わず安定した人気を得ている学部である。医学部に次ぐ難易度と思われがちであるが、上位の獣医学部は私立医学部よりも難易度の高い大学もある。医学部と異なり、「動物好きの女性」に人気であり、獣医師になりたくて受験する女性が多い。反対に医学部は「勉強ができるだけの男性」も多い。どの大学も定員が少なく、難易度にはそれほど大きな開きはない。

国公立大学

 獣医学部の入試は安定した高倍率で推移しており、前期試験で5.0倍付近、後期試験で14.0倍付近となっている。難易度としては、東京大学理科Ⅱ類北海道大学獣医学部が最難関であり、89%以上のセンター試験得点率が必要である。この2校の難易度は上位医学部に比肩する。次点では、帯広畜産大学東京農工大学農学部共同獣医学科岐阜大学応用生物科学部獣医学課程辺りが83%~85%程度の得点率が必要となる。それ以外の大学は80%~81%となる。

私立大学

 私立大学獣医学部の倍率は、平均すると8.0倍程度である。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 獣医の書き込みはあまりないのかな。 -- 2019-08-22 (木) 12:01:25
  • 志望者自体が少ないからね。 -- 2019-10-28 (月) 08:32:29
お名前: