山形大学医学部

大学データ

  • 概要
    代ゼミセンター前期83%、後期86%
    河合塾偏差値前期65、後期70
    駿台全国偏差値前期62、後期63
    再受験寛容
    定員前期75、後期15、推薦30
    編入試験なし
    調査書点数化なし
    大学ホームページhttp://www.yamagata-u.ac.jp/index-j.html
    過去問
  • 一般入試配点
    前期セ:二次900:700
    センター試験国200・数(2)200・理(2)200・外200・社(1)100
    二次試験国100・数200・理(2)200・外100・面接100
    後期セ:二次900:100
    センター試験国200・数(2)200・理(2)200・外200・社(1)100
    二次試験面接100
  • 推薦入試
    定員30
    評定平均A段階
    出身地
    浪人不可
    科目センター試験900、面接50

大学解説

 山形県山形市に位置する総合大学である。医学部は1973年に設置されたいわゆる新設医大のひとつである。大学は6学部7研究科を有する。1973年に医学部、1993年に看護学部が設置された。
 大学のある山形は夏はフェーン現象により非常に暑く(かつて気温40.8°の日本記録を持っていた)、冬は季節風により雪が非常に多い。
 2003年に就任した元学部長は地域枠制度に否定的で学力重視という考え方であったため、前期定員は95人という大枠でフェアな合否判定を行うなど、旧帝大の様なリベラルな入試を行っていた。しかしその後学部長が変わり、地域枠や推薦枠が増え前期一般枠は大幅に減らされ現在の入試となった。地方医大なのでやむを得ないものの、山形大はどこにでもある平凡な地方大学の入試になりつつ感がある。医学部としては珍しく、国語が入試科目として必要となる。

入試の変更点

2019年

  • 面接が点数化される。調査書の内容を含み100点。

入試情報

 2010年入試よりセンター試験国語の配点が増えた。2011年入試より二次試験に英語と国語が追加された。合格者の理科の出来は8割程度。数学は5割未満でも合格例あり。英語と理科は簡単なので実はあまり差がつかない。数学はそこそこ難しいので差がつく。2次を含めた総得点で75%程度を取りたい。
 かつては二次試験が数学と理科だけであった。2011年入試より二次試験に英語と国語が追加された。合格者の理科の出来は8割程度。数学は5割未満でも合格例あり。英語と理科は簡単なので実はあまり差がつかない。数学はそこそこ難しいので差がつく。2次を含めた総得点で75%程度を取りたい。

英語

二問編成。他学部と共通問題。説明問題から発音、英問英答まで一貫性のない雑多な問題が出される。単語などに神経質にならず、周囲の文脈から意味を推測するようにすると勉強の負担が減る。無理して医学系の単語を覚える必要はない。文法などの知識ではなく、長文を読む練習を積むといい。

数学

医学科用に作られた問題は難易度が高い。他学部と共通の問題は標準的。数学が苦手な場合でも、皆が解いてくる共通問題を確実に解き、医学科用のものはできる限り手を付けよう。部分点をそれなりにくれるという説がある。
網羅系問題集では限界があるため、やさしい理系数学などの難易度の高い問題をこなせる力をつけておく必要がある。

物理

物理は平易で満点近く狙えたが近年はやや難化の傾向。微積を使って解いていくような問題が力学の範囲で見かけられる。出題にはっきりと傾向がある。赤本を解いてみて、傾向を知った上で重要問題集をやるといい。

化学

制限時間のわりに問題が多い。重要問題集レベル。計算問題が頻出である。

生物

かつて生物は地方大学としては問題が難しく、一方で物理は簡単であったため明らかに生物受験者だけが不利であった。近年は問題のレベルはやや緩和されたものの、考察問題もあり、しかも記述問題が合計で数百字あるため高得点を取るのは難しい。

国語

時間的な余裕もあり国立大学二次の国語としては簡単な部類にあるが、100字前後の論述問題があり、記述練習をする必要がある。

面接

面接官2人による個人面接。5〜10分

  • 日本がまず一番最初に医療について取り組まなければならない問題
  • 医者に必要な条件
  • 勉強以外で自慢できること
  • 浪人生活のこと
  • その間何を頑張ったか?
  • 得意科目は何か?
  • 具体的にどの辺が好きか
  • 部活のこと

入試結果

合格者最低点

年度最低点
20171188.6
20161167.8
20151165.2

※1500点満点

大学生活

カリキュラムが無茶苦茶で、試験も長期休暇後などの変なタイミングでやるので、2年以降は夏休みが2週間、冬休みが1週間しかない学年もある。

進級

かつては進級判定が非常に厳しく、2年→3年で25人留年者を出した年もあった。2011年度の5年生が90人台なのに対して、2年生が140人以上いる。毎年2年→3年で学年の20〜25%は留年していた(卒業生談)。近年はやや甘くなっており、2016年度は11人、2017年度は6人に収まった。
1→2年、3→4年、5→6年では余程嘗めない限り進級可能。4→5年ではCBTや学内試験で5名程度が留年。卒留は毎年6,7名程出ており、国公立大学としてはかなり多い水準。

病院実習

4年生の10月から始まる。
7月までに22科目ある学内試験に全て通り、且つ8月のCBT並びに9月のOSCEに通らなければ実習には出られない。

コメント

過去のコメント

コメント/山形大学医学部2014年12月以前
コメント/山形大学医学部2015年1月〜3月
コメント/山形大学医学部2015年4月〜12月
コメント/山形大学医学部2016年1月
コメント/山形大学医学部2016年2月A
コメント/山形大学医学部2016年2月B
コメント/山形大学医学部2016年3月
コメント/山形大学医学部2016年4月〜10月
コメント/山形大学医学部2016年11月〜2017年2月
コメント/山形大学医学部2017年3月
コメント/山形大学医学部2017年4月〜10月
コメント/山形大学医学部2017年11月〜2018年3月
コメント/山形大学医学部2018年4月〜2019年3月

現在のコメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • みんなと6年一緒にいられるかな…?? -- [6fef24b2] 2019-04-01 (月) 13:09:59
  • もっとギリギリに入れば良かった -- [7ed0bb2a] 2019-04-03 (水) 09:57:36
  • 都会民大丈夫か、鬱になってないか? -- [7ef50ace] 2019-04-03 (水) 10:20:58
    • そこまでひどくないよ、ここ -- [3a8a01e1] 2019-04-04 (木) 21:16:43
      • 確かに -- [7ec74827] 2019-04-24 (水) 17:27:54
  • 花笠長過ぎワロタ -- [7ee952b0] 2019-04-03 (水) 12:30:02
  • 部活はtwitterの医なんとか(二文字)の人を参考にするとよいよ -- [d2c47b90] 2019-04-04 (木) 11:24:19
    • もうちょっとヒントください -- [7e227144] 2019-04-04 (木) 13:35:05
      • 坊醫 -- [6fefbf1f] 2019-04-04 (木) 14:20:01
      • ありがとー -- [b416ca5d] 2019-04-04 (木) 20:35:15
      • ごめん思い出せなくて。下の人ありがとう -- [014f5448] 2019-04-04 (木) 20:35:15
  • 今はこういう時代になったんだね。新入生から見ればありがたいのだろうが。 -- [3a8a3515] 2019-04-04 (木) 20:02:56
  • 合格最低点出てたねぇ面接点100点除けば例年通りか -- [6fefa6f4] 2019-05-08 (水) 20:14:15
  • 今年のクリクラは20人再抽選か。終わってんなこの大学。リソースが圧倒的に足りないのに調子こいて実習期間伸ばすからだよ。 -- [6fef60f0] 2019-05-15 (水) 05:19:04
  • 来年、ここを受けることを考えているがいい大学ですか?他県在住だが自分の出身高校から今年現役でここに受かった人がいるんで。自分は年齢が結構行っているから、入れてくれるんならそれだけでもありがたい。 -- [7e221cf3] 2019-05-15 (水) 12:43:37
    • 徐々にマシにはなってきていますが、入ってからは結構大変な大学だと思います。 -- [6fef5e63] 2019-05-16 (木) 00:27:13
    • 入試については30代なら全く問題ない。ごろごろいるよ。差別はないです。 -- [7dca0dc1] 2019-05-19 (日) 01:12:31
お名前:
添付ファイル: fileyamagata.jpg 1912件 [詳細]