和歌山県立医科大学

大学データ

  • 配点
    前期セ:二次600:700
    センター試験国100・数(2)100・理(2)150・外150・社(1)100
    二次試験数250・理(2)250・外200・面接
    後期セ:二次-
    センター試験-
    二次試験-
  • 推薦入試
    定員県内枠6、県民医療枠5、地域医療枠10
    評定平均4.3
    出身地県内枠、地域医療枠は制限あり
    浪人県民医療枠・地域医療枠は1浪可
    科目センター試験・面接

大学解説

 和歌山県和歌山市に位置する単科医科大学である。
 公立なので地元志向の強い大学と言える。前期地域枠や地域推薦で30以上の定員が割り振られている。再受験や多浪生には面接が2回ある場合がある。とはいえ再受験生の合格実績はある。再受験生は比較的多く、各学年に10人以上は在籍している模様。2010年入学者の中には30代後半と思われる人もいた。大学中退20代後半でも合格実績あり。
 単科大学らしく難易度の高い問題であり、センター試験では国語の配点は低い。理数系の得意な受験生に向いており、文系再受験生にとってはハードルは高いかもしれない。

再受験合格者の体験記

こちら
上記の実際に再受験で合格された方によると、再受験と4浪以上の人には再面接が課されているものの、合格後に教授に聞いた話によると実は面接ではよほどのことがないかぎりは大丈夫とのこと。

入試の変更点

2018年

  • 小論文(50)廃止。個別試験の配点が750点→700点。

一般入試

 問題は難しい。特に近年数学が難化している。数学は3割程度取れれば受かる。単科医大という事で、あまり見ないような問題が出るが、取れる問題だけをしっかり答えられれば、十分受かる。
 近年、小論文の点数が100点から50点に減らされて、より学科試験を重視する傾向となった。

  • 採点の厳しさですが、比較するものがないので、一概には言えませんが印象と採点者を参考に答えると、英作は甘め、数学は全体的に厳しめ、物理と化学は普通って感じです。
    出典:コメント欄2017年2月1日

入試対策アドバイス

 とにかく、和医大の問題はクセがどの教科もあるので過去問対策がかなり重要だと思います。もちろん基礎力も大切ですが特に数学では明らかに通用しない問題が複数出てくるので注意が必要です。
 数学は半分なんて取れなくて当たり前。センター8割しかなかった自分でも数学は3〜4割で大丈夫でした。英語もクセがありますが、過去問を何回も解くことで和医大英語を解くための勘というものを身に付けられると思います。とにかく、英語は過去問に慣れることです。記号がほとんどなので、1つ1つ丁寧になるべく解きやすい問いから解くことが重要だと思います。化学と物理ですが、まんべんなく基礎力をつけてから、あとは過去問で傾向をつかみながら、標準的な問題は必ず取れるようにすれば合格点は間違いなく取れるようになります。大問によっては変わった難しめの問題が出題されることもありますが、落ち着いて解けそうなものだけ手をつければいいでしょう。
 難しい問題に時間を費やさないのが大切になると思います。化学に関しては年によっては記述が多数出題されることがあるので、記述対策も忘れずに。あと、実験の考察問題が頻出なので、学校でもらう資料集をよく見ておくことも対策になると思います。どの教科もある一定の分かりやすい傾向があるので、それをつかめば大きく合格に前進すると思うので過去問対策を直前に解きまくることをおすすめします。
 付け加えると、ここの問題は全体的に安定して点を取ることが難しいので、センターの得点で逃げ切って確実に合格したい人には、あまりおすすめできないです。逆に自分みたいにセンター失敗してしまって8割くらいしかない人には一発逆転可能な大学だと思います。ただし、倍率が徐々に上がってきているので足切りには注意が必要です。
出典:コメント欄2015年4月5日

面接

1-3の個人面接10〜15分。二次面接は1-7で10分程。

小論文

※2017年を最後に廃止となった。
 小論文ですが、私が受けたときの配点が100点でした。それが50点という配点に変わったのは、小論文の出来不出来で合否が分かれてしまうことを防ぐための処置でしょう。この前より学科の点数で差がつきやすいようになっているので、小論文は後回しにしてもよいでしょう。ただし、おろそかにするのは禁物です。
出典:コメント欄2017年2月1日

推薦入試

地域医療枠に関しては、9年間、和歌山県が指定する県内の公的医療機関等に勤務する事。このうち、2分の1以上の期間はへき地医療拠点病院等において、へき地を含む地域医療に従事する事となっている。

入試結果

一般入試

年度志願者受験者合格者入学者
20173502307877
20162922358988
20153092438988

合格者得点

年度配点最高点最低点平均点
201713501019854893
2016857

大学生活

進級

単科医大にしては珍しく進級は楽。であったが、近年は厳しくなってきている。2015年8月には留年者増加について評価委員会が聞き取り調査を行っている。具体的には、県公立大学法人評価委員会は、医学部の1年次と2年次の留年者数が「依然として多い」としたほか、6年次についても「増加している」と指摘したとのこと。大学の主張としては、医学部定員増により質の低い学生も増えてきているため、進級を厳しくしているとのこと。これは、入学式式辞でも述べられている。また、2015年度より仮進級制度はなくなった。
参考→

留年者数

学年2008年2009年
1→234
2→312
3→400
4→503
5→600
6→卒00

上記年度の頃は留年者数が少なかったが、近年は増加する留年者が問題となっているようだ。
和歌山県立医大、留年者続出で調査へ

コメント

過去のコメント

コメント/和歌山県立医科大学2014年12月以前
コメント/和歌山県立医科大学2015年1月〜3月
コメント/和歌山県立医科大学2015年4月〜12月
コメント/和歌山県立医科大学2016年1月
コメント/和歌山県立医科大学2016年2月A
コメント/和歌山県立医科大学2016年2月B
コメント/和歌山県立医科大学2016年3月
コメント/和歌山県立医科大学2016年4月〜12月
コメント/和歌山県立医科大学2017年1月
コメント/和歌山県立医科大学2017年2月A
コメント/和歌山県立医科大学2017年2月B
コメント/和歌山県立医科大学2017年3月A
コメント/和歌山県立医科大学2017年3月B
コメント/和歌山県立医科大学2017年4月〜12月
コメント/和歌山県立医科大学2018年1月〜3月

現在のコメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 入学式おめでとうございます。まともな合格者の皆さんは、もう見ておられないかも知れませんが、クラブ紹介如何でしたか?いずれのクラブも、卒一の先輩達まで協力していただき本番に臨みました。大変かも知れませんが、何処かのクラブに入ってみられる事をお勧めします。きっと将来にも繋がる良い経験になると思います。 -- [3c7faee7] 2018-04-06 (金) 02:06:53
  • 今年落ちたのですが、開示は本当にABC〜の判定だけなのでしょうか?点数とかの開示がないのなら現地に赴くのが面倒なので -- [7efe00ce] 2018-05-17 (木) 18:47:24
お名前:
添付ファイル: filewakayama.jpg 1430件 [詳細]