• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#ref(simane.jpg,nowrap,島根大学医学部)
#ref(http://www.saijuken.com/gazo/shimane.jpg,nowrap,島根大学医学部,320x210)

#contents

*大学データ [#o9c57725]
・概要
|代ゼミセンター| 前期85%、後期-%|
|再受験|  寛容|
|定員| 定員85(詳しい割り振りは分からず)|
|編入試験| [[あり:http://www.shimane-u.ac.jp/nyushi/admission_data/application/apply_h24/]]|
|調査書点数化|なし|
|大学ホームページ|http://www.shimane-u.ac.jp/|
|Amazon|#amazon(4325184430,left,島根大学)|
-概要
|創立|1920年|
|設置|1949年|
|医学部設置|2003年&br;1975年:島根医科大学|
|所在地|島根県松江市西川津町1060|
|学部|法文学部&br;教育学部&br;人間科学部&br;医学部&br;総合理工学部&br;生物資源科学部|
|校舎|松江&br;出雲|
|[[進級>国公立医学部の進級と留年]]|かなり厳しい|
|[[ス卒>ストレート卒業率]]|76.8%|
|HP|http://www.shimane-u.ac.jp/|

・配点
-入試概要
|[[偏差値>国立医学部の偏差値]]|河合塾センター|85%|
|~|河合塾二次|65|
|~|駿台全国|61|
|>|再受験|  寛容|
|>|定員|102:前期62、推薦40|
|>|編入試験| [[あり:http://www.shimane-u.ac.jp/nyushi/admission_data/application/apply_h24/]]|
|>|調査書点数化|なし|
|>|過去問|#amazon(4325231110,left,島根大学)|

-配点
|前期|セ:二次|700:460|
|~|センター試験|国200・数(2)100・理(2)200・外100・社(1)100|
|~|二次試験|数200・外200・面接60|
|BGCOLOR(#add6ff):後期|セ:二次|-|
|~|センター試験|-|
|~|二次試験|-|
|BGCOLOR(#add6ff):後期|>|-|

-推薦入試
|定員|一般25以内、地域10以内、緊急医師確保枠5以内|
|評定平均|一般4.3、地域・緊急医師確保枠4.1以上、|
|出身地|一部制限あり|
|浪人|地域枠・緊急医師確保枠は1浪可|
|科目|センター試験、小論文、面接|

*大学解説 [#ha9020a1]
 島根県に位置する国立大学である。2003年に旧島根医科大学と旧島根大学が統合し、島根大学医学部となった。島根医科大学は1975年に設立された[[新設医学部]]である。大学の本部は県庁所在地の松江市にあるが、医学部のキャンパスは松江から西に20辧普通電車で45分かかる出雲市の南の外れに位置する。
センター試験の配点が高く、文系科目の配点圧縮がないため、国語の得意な受験生に有利となっている。国語の配点は200点/700点であり、[[滋賀医科大学]]の200/600ほどではないが、文系科目の配点は高いと言える。[[滋賀医科大学]]も[[新設医学部]]であり、関西圏であることもあって、両者の二択で悩む受験生も多い。[[鳥取大学医学部]]は立地的に似た場所にあるが、こちらは[[新制八医科大学]]であり、センター試験の圧縮もないため、受験生は必ずしも被らない。
 
-競合大学との倍率比較
|年|BGCOLOR(#cccccc):島根|鳥取|滋賀|
|2019|BGCOLOR(#cccccc):6.0|7.0|5.8|
|2018|BGCOLOR(#cccccc):5.8|8.7|5.9|
|2017|BGCOLOR(#cccccc):5.9|5.9|6.7|
|2016|BGCOLOR(#cccccc):8.7|7.0|6.9|

再受験生占有率は10%程度。しかし極端に少ない年もあるらしい。[[鳥取大学医学部]]と同様、土地柄的にに穴場となる年もあるが、その反動で、翌年に受験生が殺到する場合もある。以前は調査書が点数化されていたらしいが、最近はされていない。
*一般入試情報 [#v6e6871c]
-センター試験は80%(560/700)くらいで足切り。
-総合点のボーダーは年にもよるが、900/1160以上くらいとなる。
--よって、センター試験85%+二次試験70%ぐらいが必要である。
-国語が易化すると国語の苦手な受験生もここに出せるので、必然的に受験生のレベルは上がる。

・多浪は結構不利。
**英語 [#j5f749ee]
 大問5つで120分。5つのうち2つが医学科専用問題である。大抵は下線部和訳問題と英訳問題が一つずつ専用問題となる。全体的に下線部和訳問題額主体である。1〜3は長文問題となる。そこそこ難しく問題数が多いので速読力がないと時間不足となる。採点基準が厳しく、TOEIC高得点者が全部解いても7割台の得点率。合格者でも大抵の受験者はもっと点が低くなる。

・再受験といえども面接は60点取れることもあるようなので、再受験受け入れ度を「寛容」としてみた。
**数学 [#h8fb0cf5]
 大問4つ。大問1つのみ医学科専用問題であり、他の3つは他学部共通であるため難易度は落ちる。大問が小問に小分けされており、小問の誘導に沿って解いていけばよい。島根大学の二次数学は簡単な年とそうでない年がある。近年は易化傾向が続き、数学がある程度できていないと差が激しくついてしまう。

・2012年度の入学者最高齢は60歳。(真偽は?mixi情報)
*入試情報 [#v6e6871c]
**面接 [#q24a9487]
-面接官3の個人面接15分。
-初日に面接カードを15分程度の時間が与えられて書く。カードの内容は志望動機、自己PR、医師を目指す理由など。
-合格者の得点は、10点〜60点の幅がある。どのような基準でつけてるのかは合格者にとっても謎。
-2019年から合格者でも10点の報告なども出るようになり、面接点を厳しくし始めた模様。

・面接に関してはよほど問題がなければ60点。
***質問内容 [#xe1a0079]
-志望動機
-高校の校風
-高校の部活について
-部活での経験を医師になった時にどのように生かせるか
-へき地の勤務医に必要なこと
-面接シート、調査書からの質問
-あなたを入学させるメリットは?
-高校で一番心に残ったこと
-ボランティアはやったことがあるか
-将来島根に残って働く気はあるか
-私たちがあなたを入れたいと思えるような自己アピールをしてください


*推薦入試 [#ida96671]
 一般推薦枠25名は、センター試験(国100数・理は300換算で計1,000)と小論200面接200の合算1400点で合否を決定する。出願は1浪までで高校からの推薦人数に制限がない
 地域枠15名と緊急枠5名は大学入試センター試験は基準点をクリアすれば程度は問われない。小論文と面接試験により合否を決定する。地域枠は僻地出身であることが条件であり、出願前にへき地医療機関で医療福祉体験活動を行い、市町村長の面接を受ける。また、へき地医療に関する論文2000字を書く必要がある。緊急医師確保枠はへき地出身でなくとも可能だが、島根県の医療貢献する強い意志がある者としている。地域枠と同じように、地域体験と県担当者の面接を受ける。合格した場合は島根県の奨学金を受ける。
 
*学士編入 [#k37e71c5]
 今では貴重な3年次編入試験を実施している。全国の国立の医学部で3年次編入試験を行っているのは、島根大学、名古屋大学、千葉大学である。2018年は、定員10名に対して160名の志願者が応募した。
→2020年度から、3年次5名、2年次5名の募集となった。
 なお、2020年度入試より制度の変更を行い、2年次編入で5人をとり3年次編入で5人をとる制度へと変わる。この制度変更により3年次編入の受験者は、歯科医師、獣医師、薬剤師のいずれかの資格を有することが必要となる。

*入試結果 [#ka72bafc]
[[島根大学医学部の入試データ]]
**前期試験倍率 [#sef3b585]
|年度|定員|志願者数|受験者数|倍率|
|2019|62|372|327|5.3|
|2018|62|376|334|5.4|
|2017|62|381|330|5.3|
|2016|62|612|445|7.2|
|2015|62|559|458|8.1|


*大学生活 [#e91fe1c2]
**立地 [#t9c60927]
-1年次は毎週金曜日に松江キャンパスに行く。
--距離が離れているので医学科と看護学科が専用のバスに乗って移動することになる。
-出雲は車は必須。出雲キャンパスの目の前には自動車学校があるので、入学後早い時期に免許をとられることを勧める。
-県外の方は出雲に来る前に取っておけば、思いのほか快適な生活を送れる。
-県内や県外への交通機関は整っていないので、車は持っていないと厳しい。

**進級 [#l6302ac3]
-留年率は高い。6年間の留年率は2割5分から3割と言われている。1単位でも落としたら留年となる。
-入学式の際に「ストレートで卒業できる学生は6割です」と言われたと。
-6年生のカリキュラムは忙しく、他県の病院見学に行く時間がない。
-近年、解剖学、生理学での教員の入れ替わりがあり、最近はその厳しさが和らいでいる。


**授業 [#h9a72a17]
-2018年度入学の学生から新しいカリキュラム編成となった。
-それまでは1年次に1科目であれば落としても2年に進級することができ、落とした科目を取り直すことが可能であった。
-しかし、2018年度入学の学生から1年次に1科目でも落としたら進級ができない制度となった。
-この新しいカリキュラムの狙いは臨床実習の期間の拡大にある。
-今までのカリキュラムでは5年生から臨床実習に入った。新しいカリキュラムでは半年前倒しをして4年の後期から臨床実習に入る予定である。
--そのため今までは4年の12月に行われたCBTも新カリキュラムでは4年の前期に行われる予定である。
--この半年の前倒しが基礎医学、および臨床医学の授業日程をきつくした。
-従来1,2,3年の授業時間は一括して1コマ90分であったが、2019年4月から、1年生は1コマ100分、2年生は1コマ60分、3年生は1コマ90分となる。
--この変更によって進級がどうなるか、留年がどうなるか、誰もよくわからないので、授業に真面目に出るのが重要なのではないのだろうか

*コメント [#h67e4840]
- 得点開示しても科目別には載っていないので面接点は分かりません。 -- [[*]] &new{2011-09-18 (日) 14:58:22};
- 2012年度の入学者最高齢は60歳。うそでしょ? -- [[おんなずき。]] &new{2012-06-10 (日) 02:56:40};
- 今年の入学者最高齢は62歳らしいですよ。冗談ではなく本当に。 by内部生 --  &new{2012-06-23 (土) 00:30:51};
- 62!!!!!!衝撃!!!!!!!!!!!! --  &new{2012-06-23 (土) 01:19:26};
- 62って。医者になる気はなくてただ医学が勉強したいのかな? --  &new{2012-06-23 (土) 07:54:12};
- 税金の無駄。ほんとうかよ? --  &new{2012-06-23 (土) 20:12:14};
- 再受験生の神として崇めよう --  &new{2012-06-23 (土) 22:25:37};
- 群大受けたおばさん。裁判とかしてないで、速やかにここ受ければよかったのにね。 --  &new{2012-07-05 (木) 20:19:52};
- 受けよかなっ。 --  &new{2012-08-25 (土) 15:42:45};
- ちなみにここほとんど20代前半までですよ。どこから62歳の人が受かったとか言っているのか知りませんがこれが事実ですよ。2回生より愛をこめて --  &new{2012-08-25 (土) 19:09:07};
- 本当の意味で差別しない所は理3か岐阜ぐらいですよ。30代以降の人は覚悟したほうが良いですよ。別に脅そうとかじゃないですよ。真実を知らせるのが本当の親切だと思いますので。 --  &new{2012-08-25 (土) 19:14:16};
- 九州入れるの忘れてました。よろしくです。 --  &new{2012-08-25 (土) 19:40:52};
- 30.40.50歳台の人はいますか。島根大生の方回答をどうぞ。 --  &new{2012-08-26 (日) 07:09:16};
- 30代の人が2回生ではおそらく二人ぐらいだと思いますよ。実際年齢聞いたわけではないですが。40代以降はおそらくいません。2回生より愛をこめて --  &new{2012-08-26 (日) 11:38:02};
- なんで60台なんてとったんだ?  --  &new{2012-08-26 (日) 16:48:16};
- どうしたってんだぁ?  受験生より愛いをこめて。 --  &new{2012-08-27 (月) 01:02:07};
- 今年で72になる者ですがそれでも試験で点数がとれれば合格できるのでしょうか。回答おねがいします。 --  &new{2012-08-28 (火) 17:11:41};
- 72で受かるわけねえだろうが。ジジイはおとなしく年金もらって棺桶入るまで楽しんでろよ。 --  &new{2012-08-28 (火) 17:18:29};
- 62はどうやらまじらしい。2chでも内部生がちょくちょく書き込みしてる。 --  &new{2012-08-28 (火) 17:19:47};
- やはり72だとだめですよね。どうも回答ありがとうございました。 --  &new{2012-08-28 (火) 17:31:08};
- ここの面接はどんなかんじですかねぇ。 --  &new{2012-08-28 (火) 17:52:58};
- 普通ですよ。おじさんたち3人からソフトな事を聞かれるのみです。まずは点数ですよ。 --  &new{2012-08-28 (火) 18:01:39};
- ここってとんでもなく田舎で大学生活どんな感じなんでしょうかね。 --  &new{2012-08-28 (火) 18:10:45};
- やっぱここにしようかなぁ。 --  &new{2012-08-28 (火) 18:52:23};
- 島根は現役生多いどぉ。若いもんとの触れ合いはたまらんぉ。 --  &new{2012-08-31 (金) 22:49:37};
- やっぱ、ここにします。 --  &new{2012-09-04 (火) 22:55:08};
- 高齢者は黙って島根受ける --  &new{2012-09-04 (火) 23:29:26};
- 30までの人はそれで正解だと思います --  &new{2012-09-05 (水) 01:39:26};
- 62歳かぁー。でも卒後どうすんだろ。 --  &new{2012-09-05 (水) 18:37:26};
- 高齢の方、62歳の方を基準に考えてはせっかくの受験勉強の努力を無駄にしますよ。自分の人生です。よく考えて受験校決めて下さい --  &new{2012-09-05 (水) 19:11:23};
- じゃぁどこがいいと思う? --  &new{2012-09-05 (水) 19:29:34};
- やっぱ、徳島、大分、信州、岐阜?  どおれっ? --  &new{2012-09-05 (水) 20:22:52};
- 私なら年齢が30以降なら間違いなく岐阜にします。なぜなら自分の努力だけではコントロールしきれない不合格リスクがそれ以外の大学には存在するからです。それ以外にも受験勉強を継続していく上で不必要な勉強以外でのストレスを抱えていく事が考えられるからです。 --  &new{2012-09-05 (水) 22:23:25};
- まあ、選択については、いろいろあるよ。 --  &new{2012-10-04 (木) 18:36:57};
- なんだかんだ言っても最終的には老人たちが行きつくところ、そうです、ザ、島根です --  &new{2012-10-17 (水) 14:41:56};
- ていうか、岐阜は面接導入が平成26年度から確定。年寄りが受験するなら今年しか無い。まったく。再受験生のオッサンが犯罪犯すから┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・。 --  &new{2012-10-27 (土) 08:02:20};
- ここになりそうです。 --  &new{2012-11-04 (日) 20:16:52};
- オッサン受験生です。兎に角、ここの面接で1点でも取れれば、後は学科で逆転してやる(笑)。 --  &new{2012-11-08 (木) 21:58:44};
- 何歳の方ですか? --  &new{2012-11-08 (木) 23:05:20};
- 上のオッサン受験生です。アラフォーです(笑)。 --  &new{2012-11-12 (月) 23:20:05};
**過去のコメント [#v1629acd]
[[コメント/島根大学医学部2014年12月以前]]
[[コメント/島根大学医学部2015年1月〜2月]]
[[コメント/島根大学医学部2015年3月]]
[[コメント/島根大学医学部2015年4月〜12月]]
[[コメント/島根大学医学部2016年1月A]]
[[コメント/島根大学医学部2016年1月B]]
[[コメント/島根大学医学部2016年1月C]]
[[コメント/島根大学医学部2016年2月A]]
[[コメント/島根大学医学部2016年2月B]]
[[コメント/島根大学医学部2016年2月C]]
[[コメント/島根大学医学部2016年2月D]]
[[コメント/島根大学医学部2016年2月E]]
[[コメント/島根大学医学部2016年3月A]]
[[コメント/島根大学医学部2016年3月B]]
[[コメント/島根大学医学部2016年3月C]]
[[コメント/島根大学医学部2016年4月]]
[[コメント/島根大学医学部2016年5月]]
[[コメント/島根大学医学部2016年6月〜11月]]
[[コメント/島根大学医学部2016年12月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年1月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年2月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年3月〜5月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年6月〜8月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年9月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年10月〜11月]]
[[コメント/島根大学医学部2017年12月〜2018年1月]]
[[コメント/島根大学医学部2018年2月]]
[[コメント/島根大学医学部2018年3月]]
[[コメント/島根大学医学部2018年4月〜12月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年1月〜2月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年3月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年4月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年5月〜7月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年8月〜9月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年10月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年11月]]
[[コメント/島根大学医学部2019年12月]]
**現在のコメント [#l51cebb6]
#pcomment(,50,reply)

#comment_nospam