#ref(http://www.saijuken.com/gazo/yamaguchi.jpg,nowrap,山口大学医学部,275x180)

#contents

*大学データ [#k12bd113]
-概要
|代ゼミセンター| 前期85%、後期87%|
|[[河合塾全統模試偏差値:http://www.saijuken.com/kokusai/index.php?%B9%F1%CE%A9%B0%E5%B3%D8%C9%F4%A4%CE%CA%D0%BA%B9%C3%CD#edfbe0a1]]|(前期)65.0〜67.5|
|[[駿台全国偏差値:http://www.saijuken.com/kokusai/index.php?%B9%F1%CE%A9%B0%E5%B3%D8%C9%F4%A4%CE%CA%D0%BA%B9%C3%CD#bfebcd10]]|(前期)62、(後期)65|
|再受験| 厳しい|
|定員| 前期55・後期10・推薦42|
|編入試験| [[あり:http://www.med.yamaguchi-u.ac.jp/]]|
|調査書点数化|なし|
|大学ホームページ|http://www.yamaguchi-u.ac.jp/|
|過去問|#amazon(4325225072,left,山口大学)|

-一般入試配点
|前期|セ:二次|900:600|
|~|センター試験|国200・数(2)200・理(2)200・外200・社(1)100|
|~|二次試験|数200・理(2)200・外200・面接|
|BGCOLOR(#add6ff):後期|セ:二次|900:500|
|~|センター試験|国200・数(2)200・理(2)200・外200・社(1)100|
|~|二次試験|面接200・小論文300|

-推薦入試
|定員|37(全国枠、地域枠、特別枠)|
|評定平均|全国枠のみ4.3|
|出身地|地域枠は山口県出身|
|浪人|1浪可|
|科目|センター試験、面接、小論文|
*大学解説 [#l52cc793]
 山口県山口市、本州の最西端に位置する総合大学である。この辺りの国立大学としては大学の規模はかなり大きく、9学部を有し、在籍学部生は9000名程度となっている。キャンパスの敷地面積は30ヘクタールであり、東京ドーム6個分である。3つのキャンパスを有し、医学部は宇部市にある小串キャンパスを使用する。
 学士編入試験が有名な大学であるが、近年の大学の公開資料を見ると、一般入試においても多くの多浪・再受験生を受け入れていることがわかる。
近年は情報系の教育にも力を入れており、医学部としては全国で初のAI教育を必修に取り入れた大学でもある。
近年は情報系の教育にも力を入れており、医学部としては全国で初のAI教育を必修に取り入れた大学でもある。→[[AIシステム医学医療研究教育センター山口大学医学部:http://aismec.gsm.yamaguchi-u.ac.jp/greetings/]]

*入試の変更点 [#ed11f51a]
**2018年 [#v575696a]
-前期試験において、理科1科目→2科目へ変更となった。配点は変わらず。
-前期試験において、定員の7倍で1段階選抜を実施することとなった。
-推薦入試兇砲いて、1浪まで→2浪まで出願可能となった。ただし、緊急医師確保対策枠、山口県枠に関しては、県内高校卒業者か県内に3年以上継続在住する保護者を持つ者という条件が追加された。


*一般入試傾向・対策 [#q758eaa1]
全体的に時間に余裕があり、8割程度の得点が必要となる。理科は出願時に1科目を選択する必要がある。なお平成30年度以降は二次試験で理科2科目が課されることになった。また、後期日程の足切りは15倍である。



**英語 [#bf364066]
大問4つの構成。120分で比較的時間がある。
 英文に対して、英語で質問、解答
 和訳問題
 部分英作文
 自由英作文

**数学 [#h689e878]
150分で4問。時間的に余裕がある。青チャートレベル。

**物理 [#i296758e]
重要問題集レベル。時間的な問題をクリアできれば高得点が望める。

**面接 [#p1ae7e71]
面接官3人の個人面接。5分を2回施行する。2回目の面接にて、1回目の面接で言い残したことを聞かれた受験生は多い。
点数化されておらず、重要度は低そうである。待ち時間は長く、8:30に集合して、終了が夕方になることもある。

-医学部志望理由
-山口県の印象
-多浪しているが、これまでどのような大学を受けてきたのか。
-1回目の面接で言い残したことは。

*推薦入試 [#vab1ba88]
医学部定員107名に対して推薦枠37名と多い。センター試験実施前に願書の提出を求められるあたり、山口大学への熱意を持った生徒をターゲットにしていると考えられる。センター試験は400点、小論文200点、面接200点であり、当然小論文と面接試験の比率は高い。センター試験の英語比率は低めではあるが、小論文は半分は英語の試験であるため、英語を軽視しているというわけではない。
面接は2回行われ、それぞれに3人の面接官がつく。一面接は100点のウエイトである。iPS細胞など、医療時事ニュースに関する質問も必ずされている様子。
推薦枠は、全国枠、地域枠、特別枠が設定されており、全国枠および地域枠に志願するためには学校長から評定4.3以上のAないし特Aという高い評価が要求され、さらに運動部・文化部等で積極的な活動が求められている。特別枠は高度な条件はないが、卒後9年間の山口県での労働を約束されるという縛りがある。特別枠では6年間で1440万円の奨学金がもらえるため、推薦枠の中では高倍率となっている。

*入試結果 [#c10641f7]
**入学者現浪比 [#e1bfe998]
|年度|現役|1浪|2浪|3浪|4浪以上|その他|
|2016年|152/573|60/186|16/45|2/17|10/59|1/5|
|2015年|155/605|56/234|17/69|8/34|9/58|2/6|
|2014年|142/519|65/235|16/65|4/22|13/54|1/3|
※看護学科を含む
*大学生活 [#fc16f897]
**設備 [#w113314d]
修学環境は最先端のシステムを使って管理されている。
学生にはICチップつきの学生証が配布され、出席管理だけでなく、プリペイドカードの役割も果たす。出欠はキャンパス内のインターネットにて確認できる。また、インターネットの修学システムを使用して履修登録や成績確認、シラバス確認をすることができる。


**進級 [#o0fd1644]
-山口は2年生と4年生で毎年10人ぐらいずつ落ちるがそれ以外の学年は楽。単元ごとのテストが毎週月曜にあって期末考査がないから、まじめに授業受けて過去問やっとけば普通に通るんだけどな。国試は一昨年国公立最低の合格率叩き出して、去年から他の大学同様出来の悪い6年生は卒業させないようになったから多少合格率上がったよ。 -- 2016-09-30 (金) 13:02:54
*コメント [#tc41fc88]
**過去のコメント [#s9c30308]
[[コメント/山口大学医学部2015年3月以前]]
[[コメント/山口大学医学部2015年4月〜2016年3月]]
[[コメント/山口大学医学部2016年4月〜12月]]
[[コメント/山口大学医学部2017年1月〜2月]]
[[コメント/山口大学医学部2017年3月〜7月]]
[[コメント/山口大学医学部2017年8月〜2018年1月]]
[[コメント/山口大学医学部2018年2月〜3月]]
**現在のコメント [#rd7c2908]
#pcomment(,50,reply)