医学部再受験をネット内職で乗り切る
TOP教科別問題集解説数学の問題集>青チャート
青チャート
青チャート
青チャートのデータ

タイプ 対象偏差値 問題レベル 掲載問題数 学習ペース 1周の目安
網羅型 55〜75 私立医・地方国立 800〜1000 1問10分〜25分 2週間


解説

定番の青チャートです。非常に多くの問題が載っているので数学を勉強し始める方はこの本を一通りやると良いでしょう。再受験生の場合は、得意科目の場合でも知識の部分的な抜け落ちがありますので、多少めんどくさいですが、こういった網羅型の問題集をやるのは必要だと思います。

青チャートをやる際、文系から来た人はVCで苦戦すると思われますが、例題は易しい問題が揃っているので強引に暗記していけば理解は後から付いてくると思います。

しかし、全ての問題をやっていると時間がなくなります。掲載問題数が1冊で1000もある上、章末問題などはレベルが高いので勉強の進みが悪くなります。例題だけさらっと数回やって1対1などに移行するのが良いと思います。例題だけなら強引に推し進めればT〜Cまでを1ヵ月半で終わらすことが出来ます。私の場合は1対1と併用しながら普段の勉強の柱にしました。春から夏ごろにかけては、1対1の例題と青チャートの重要例題を1日10題ずつぐらい解き、秋以降は1対1の演習題と「やさしい理系数学」を中心に進めていきました。

個人的には、特に数学VCの分野で分かりづらい解説が連発していたような気がします。おそらく、数学が得意な人にはそれがわかるのだろうと思いますけど、私はかなり悩みました。解説だけなら1対1のほうが分かりやすいという印象です。しかし、これだけキッチリと全分野網羅してくれる問題集はあまり無いので、それだけで貴重な存在と言えると思います。


1対1との比較

チャート式 基礎からの 比較項目 1対1対応の演習
網羅型 タイプ 演習型
T+A:781(例題248)
U+B:1022(例題322)
V:596(例題166)
C:393(例題107)
問題数 T:例題57 演習題57 
A :例題46 演習題46 
U:例題102 演習題102
B:例題59 演習題59
V:例題81 演習題73
C:例題54 演習題44
基礎〜入試導入 問題レベル 入試導入〜入試標準
〜地方国立 対象大学 私立医〜地方国立
10〜25分 1問にかかる時間 15分〜30分
3か月 1周の時間(T〜C) 2か月
[医学部再受験をネット内職で乗り切る!]