概要

出版社河合出版
編集石川正明
発行日300:2004/12
500:2005/5
700:2005/5
1000:2007/8
長文数300:30
500:20
700:15
1000:10
価格300:987
500:957
700:957
1000:987
表紙

解説

 河合出版が発行する比較的国立向けの長文問題集。数字は長文の単語数である。問題形式は総合問題形式。内容一致、空所補充、和訳問題、説明問題など 。ビジュアル英文解釈超・英文解釈マニュアル?パラグラフリーディングのストラテジー等をやった後に技術を定着させるための問題集。
 難易度的には300がセンターレベル、700が難関大レベルとなっている。早慶志望者は700を完答できる様にしたい。1000は超長文を出すSFCや外語大など英語の難関大学用だが、早慶志望者でも演習用にやっておいた方がいい。1000のいちばん長い長文は、一橋大学のもので1600語ある。300のみ解釈上の注意点をまとめたポイントが掲載されている。
 解説は少ない。あくまで演習用である。最低でも仲本の英文法倶楽部?程度を読んだ後でないと苦しい。700となるとかなり難しいため、英語に自信のある人でも500から順に始めるのがいいだろう。300と500の間は結構レベル差があるように感じる。しかし、この解説が少ないという意見に関してだが、私としては英語の長文問題集など全訳だけ載っていれば十分と思っているので、特に問題ではないと感じる。取り組むためには一定以上のレベルにいなければいけない問題集である。

good

  • 問解説は論理を重視したもので,必要十分な量の情報を提示している。その他,パラグラフの中でも1文ずつに割り振られた和訳,辞書が不要なほど丁寧な単語の語注など至れり尽くせりに見える。
  • 頻出テーマが網羅されるように長文が選別されているので,一通りやると,日本語訳も並び替えも頻出パターンが確認できるようになっています。
  • 解説と問題は別冊になっており,解説の内容も簡潔ですし,レイアウトも良く,語彙リストがついており,ほぼ辞書なしで事足ります。
  • 長文のレベルのブレが少ないので、たまたま難しいのに当たって落胆しにくい。
  • 目指す大学の過去問に現代の社会問題、政治経済問題の長文が多ければこの書は大いに役立ちます。

bad

  • 難解な構文が1〜2行の簡潔な説明のみですまされているのが難点で、復習時に不全感が残るように感じられる。
  • ある一定レベルの文法力が無いと解説が理解できない。
  • 一つ星の最大の理由は、記述問題が多いにも拘わらず解説が雑なこと解説と言うよりも単語の意味と訳出だけ並べられ、肝心の構文や文法判断、正答への手ほどきがほぼ皆無。

データ

タイプ対象偏差値
300長文読解センター
500地方国立
700難関大
1000英語系大学

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 和訳見て文章解釈できない人にはきつい解説。 -- サラン? 2014-04-29 (火) 01:14:13
お名前: