センター試験倫理
センター試験倫理

解説

解説、問題量ともに中程度といった印象の倫理問題集。ガツガツ暗記させるというよりも、倫理の本質をじっくりと理解させるという趣旨の本。センター向きの読解力を要請できるという面もある。一問一答倫理用語問題集に比べると問題数は少ないが、センターに必要な知識はまとまっている。

知識量の不足を補うという目的で、倫理用語集センター試験のツボ倫理を併用するのがいいだろう。

評価

Good

・06年度センター試験で出題された「ジョン=ロールズ」と「アマーティア=セン」について、教科書や他参考書では全く触れていないが、本書にはきちんと書かれていた。消去法では正解を選ぶのが難しい設問だっただけに、本書で学んだ者は、差をつけたことだろう。

Bad

・この本だけでセンター満点を目指すのは難しい。

データ

分類偏差値ページ数著者出版社発行日価格Amazon
解説50〜60241相澤理ナガセ2005/081,000円

コメント