概要

文法や単語、解釈など、古文は英語と似ている側面があるが、問題集を選ぶ上で英語と異なる点は、 単語帳、 設問の解き方、の2点が英語よりも重要であるということだ。英語では単語帳の存在は必須ではない。長文の中で単語を覚えて、単語帳は最後の確認程度という受験生も多い。しかし、古文では単語の意味をそのまま聞かれる場合が多くあり、単語帳で正確に現代語訳を覚えなければいけない。また、△寮潴笋硫鬚方であるが、古文の文章レベルは、大学のレベルに左右されない。センター試験でも難関大でも文章自体の難易度はさほど変わらない。変わるの設問の作り方だ。そうした設問に対応するために、解答の導き方を学ばなければいけない。英語は長文をバリバリ読んで速読力を鍛えるというやり方で成績を上げることができるが、古文はどちらかというと単語、文法の暗記が重要になってくる。そうしたことを考えて問題集を選んでいきたい

センター試験のみ

単語帳は、コブタンか、少し頑張って古文単語ゴロ565レベルのものを選ぶ。古文単語ゴロ565は単語数の割りに習得は早いが、ゴロを思い出してることで時間がなくなるという欠点がある。また、どちらも単語の意味が1〜2しか記憶できないので注意が必要だ。
文法演習はステップアップノートを完璧にできればいい。
基本的にセンター受験者は、ここまでやったらセンター専用の問題集で演習を重ねる。センター試験の点数が面白いほどとれる本センター古文満点のコツ?で解法を学んでいく。「面白いほど」は分量が多いという批判があるが、それだけ厚いということは、これ一冊をやれば十分ということである。

古文の問題集一覧

コメント