概要

出版社駿台文庫
著者数学A:桐山宣雄、小寺智也、手島史夫
数学B:桐山宣雄、小寺智也、小松崎和子
数学掘Ф融垣詬
発行日数学A:2013/3/1
数学B:2015/7/1
数学掘2017/4/1
ページ数数学A:144
数学B:216
数学掘208
価格数学A:748円
数学B:880円
数学掘825円

解説

 駿台文庫が刊行する、数学の基礎カを確認し、教科書から入試への一歩を補助する基本問題集。例題の解説には公式やポイン卜を明示し、さらに「シェーマ」として、「こういうときはこうする」式の解法の指針をまとめてあるので、短期間で受験の基礎学力を養成することができる。例題を解く→解答を確認→例題が解けず、解答を読んだものについては、復習問題を解く、の流れで基礎の定着を図る。 問題数は以下のとおりである。

  • Aの問題数・・・100題
  • Bの問題数・・・125題
  • 靴量簑蠖堯ΑΑ115題
    ※上記の問題数と同数の『復習問題』がある。

 センター試験(後の共通テスト)や、大抵の地方国公立大学の医学部医学科以外が、このレベルに相当するものと思われる。
 チャート式やフォーカスゴールドなどに比べれば問題数が抑えられていて、効率を重視しているが、入試に必要なことには妥協していない。公式やポイントも分かりやすくまとまっている。
 本書が終わったら、1対1対応の演習または同程度の難易度の問題集に進もう。

コメント

コメントはありません。 コメント/数学BASIC?

お名前: