医学部受験と再受験
TOP>医学部再受験>再受験生の学生生活>医学部の実習
医学部の実習
医学部の2〜3年生の期間は実習が中心の生活となります。これは基礎医学の実習であり、全ての基礎医学科目で実習を行います。私のわかる範囲で内容を紹介していきます。


どのような実習があるのか

科目名 説明
解剖学 人体解剖。御遺体を使用させて戴いて、体の各器官の配置を学習します。
組織学 体の各部位(小腸、眼、舌等)の顕微鏡画像を色鉛筆を用いてスケッチします。解剖学がマクロ的な配置の学習であるのに対し、組織学は各器官の解剖レベルでの構成を学習します。おそらく1人でのスケッチになります。
生理学 人体の生理機能(消化吸収、反射、血圧等)の現象を実際に体験します。採血の練習もします。
生化学 消化吸収の仕組み等を化学的な視点で把握するために、化学実験のようなことをします。
分子遺伝学 DNAの合成・転写等の学習。試験管をたくさん使います。
病理学 組織学と似ています。病変部位の細胞レベルでのスケッチを行います。
薬理学 動物を使って薬理作用を学習します。
微生物学 化学実験系。ウイルスの増殖等。
法医学 血液型判定(採血あり)、各種薬物の検出実験。
公衆衛生学 室内環境の測定、水道水の測定

組織学と病理学以外は複数人の班で行いますので、日ごろからコミュニケーションをとっておく必要があります。特に文系学部ですとクラスメイトと話さなくても余裕で卒業できてしまいますが、医学部は実習が毎日入ってくるためそうはいきません。年の差があるのでなかなか難しいことですが、日ごろから仲良くしておくことが実習を楽にするコツだと思います。


各実習にはレポートが課される

各実習には毎回レポートが課されます。実習は週に1回といったことはあまりなく、複数の実習が週に何個も組み込まれる形となることが多いため、実習レポートの作成は非常に苦労するかと思います。人脈を作って過去レポートを手に入れるなど工夫しなければ疲れてへばってしまうかもしれません。こういったところでも人脈は重要になります。
[医学部再受験をネット内職で乗り切る!]