医学部受験と再受験
TOP医学部再受験概要>税金
再受験の手続き税金編
退職された方は、税金関係の手続きをしなければならなくなります。

所得税

在職時は、会社で年末調整をしてくれていましたが、無職になりますと自分でやらなければいけなくなります。
手続き自体は簡単なのですが、期間が問題で、2/16〜3/15の受験真只中なのです。この時期は最も勉強に集中している時期だと思います。1秒でも惜しいときですが、なんとか1時間ぐらい時間を作っていきましょう。
確定申告はよほどの高所得を得ている方以外、やらなくても問題ありませんが、

払う税金が高くなってしまいます!

具体的には、住民税や国民健康保険が高くなります。これは正直かなり痛いので、時給数万円のバイトをしにいく感覚で手続きに行きましょう!

必要書類:源泉徴収表、印鑑など。


住民税

前年の所得に課される税金です。ですので、その年の所得が無くても払わなければいけません(泣
前年の1月から12月の所得に対する住民税は、翌年の6月から1年間で払うことになっています。
延滞罰則は年利14.6%になります。
結構きついですね・・・。


年金

行わなければいけない手続きは、厚生年金から国民年金への切り替えです。
手続きは至って簡単で、年金手帳と印鑑、(離職票)を持って、役所の国民年金課へ行くだけです。保険料は退職翌月から課されますので、退職日確認のために離職票が必要な場合もあります。

国民年金には免除制度がありますので、金銭的に苦しい方は利用するのも手だと思います。免除された期間の3分の1は保険料を支払ったのと同じ扱いになります。さらに10年以内なら追納も出来ますので、医師として働き出してから払うという方法も一つの手段です。


配偶者のいる方

配偶者が社会保険適用の事業所で働いている場合には、国民年金第3号被保険者になれます。この場合は配偶者が払っているので、自分も払ったのと同じ扱いになります。

親に扶養されている方
学校法人の予備校に通っている方は、年金免除が受けられます。免除期間の3分の1は払ったのと同じ扱いにされ、10年の追納が出来ます。
[医学部再受験をネット内職で乗り切る!]