otya.jpg

概要

分類国立
設立1882年
所在地東京都文京区大塚二丁目1番1号
形態女子校
偏差値78
1学年120名
配点国語、社会、数学、理科、英語の5教科。各100点満点(各50分)
HPhttp://www.fz.ocha.ac.jp/fk/

解説

 東京都文京区に位置する国立の女子校である。女子校では日本最高峰の難易度を誇っている。他の国立と同じように師範学校を起源とし、1882年の東京女子師範学校に由来する。幼稚園から付属校があり、いくつかの内部進学枠を持つ。2006年から大学への進学枠が10名設けられた。高校は少数精鋭であるため、受験難易度の割に医学部合格数などのランキングには入ってこない。中高一貫校ではあるが、100%の進学が保証されているわけではなく、中学女子の8割~9割ぐらいが内部進学する。
 高校受験では60名と少人数しかとらないことと、他の有名な私立女子校が完全中高一貫校であることから高校偏差値は高く出ているが、進学実績はそれに比べると物足りない。東大にはも国公立医学部にも5名ずつ程度である。何が何でも東大、医学部というような受験第一主義ではなく、現役で入学できるところを探すという雰囲気なのであろう。特に、幼稚園から上がってきた生徒の学力は低めである。
 偏差値の高さには募集人数の少なさと国立であること、立地がいいことが関与していると思われる。

進学実績

国公立医東大お茶の水
2019314
20185311
201795

参考文献:進路状況

高校生活

  • 大学への推薦枠は少なく、推薦を取るためには高校二年次から大学の講義を受けなければいけない。
  • 中学→高校はほとんどの人が進学できるが、数名不合格になることもある。女子85名のうち65名が高校へ進学する。
  • ブレザー、スカートは指定。シャツは式典の時のみ白。それ以外のカーディガン等は自由。バッグは自由だが一応お茶高バッグというものも希望者のみ購入可能。
  • クラスは、蘭・菊・梅の3クラスあり、クラス替えは、1年→2年の間に一回だけである。
  • 「校則は国の法律のみ」と言われるほど校則は少ない。
  • 高大連携システムであり、高校時に大学の授業を取ることができる。高校の卒業単位にはならないが、大学の単位にすることができる。
  • 文理選択は2年の終わりまでない。

コメント

コメントはありません。 コメント/お茶の水女子大学附属高等学校?

お名前: