rasa.jpg

データ

分類私立
設立1950年
所在地鹿児島県鹿児島市小松原二丁目10-1
形態中高一貫男子校
偏差値78
1学年220名
学費初年度:89万円
3年間:240万円
HPhttp://www.lasalle.ed.jp/

概要

 鹿児島県鹿児島市に位置する中高一貫の男子校である。フランシスコザビエルの来日400周年を記念して、1950年にキリスト教学校修士会(ラ・サール修道会)が設立した。この修道会は世界で1300もの学校を経営している大手である。
 古くからの名門校であり、1980年代は東大進学者が100名前後いた。学年の半分近くが東大へ行ったのだ。1984年には東大合格者数で灘高等学校開成高等学校に次ぐ全国3位、1985年と1987年も全国3位と、医学部人気全盛の現在と異なり、東大の比重の高かった時代でも確固たる地位を築いていた。しかし、1990年代には80名程度、2000年代には60名程度と東大進学者は減少傾向となった。2015年に至っては、25名と最少記録であった。しかし、その分だけ国立医学部進学者が増え、毎年80名程度が合格する。東大、京大、国立医学部というくくりで言うと、現役生の実に6割近くがその枠組みに入っており、これは、灘高等学校筑波大学駒場附属高等学校?に次いで3番目に高い数値である。ただ、進学実績は全体的に落ち込みを見せ、九州ナンバー1の座は久留米大学附設高等学校に譲っている状態である。その理由としては立地があげられ、大変不便な場所にあり、全国に進学校のある現在ではあえてこの学校にという人が少なくなっているのであろう。鹿児島から1/3、鹿児島以外の九州から1/3、九州以外から1/3が入学する。
 高校の定員は、40人クラスで文系2、理系4の計約240人。

進学実績

国公立医学部

現役
2019
201869
2017
2016
2015
2014
2013
20127925
20116925
20108932
20098931
20087127
20078526

東京大学

人数理Ⅲ
2017403
2012304
2011293
2010366
2009532
2008392
2007486
2006503
2005503
2004422
2003527
2002788
20018711

高校生活

  • 昔で言うところの戸山厩舎のイメージであり、「鍛えて強くする」という方針である。とにかく宿題の量が多く、小テストが毎日のように繰り返される。
  • 中学までは義務自習という3時間の強制的な自習がある。
  • 校則は進学校の割りには厳しい。違反が見つかると違反部屋にて反省文を書かされる。
  • 週に3回は朝のテストがある。他のテストに関しても毎回順位が発表される。
  • 塾に通っている生徒はほとんどいない。
  • 2年生までに高校の全教科を終え、3年になると1週間に1回の試験をこなす。
  • 毎年9月の体育祭は、特徴がある。鹿児島や宮崎など南九州出身者を「紅軍」、福岡など北部九州と九州以外の出身者を「白軍」の組に分ける。
  • 7割近くが寮生であるこの学校は、他学年も混ぜた8人部屋という毎日合宿状態が特徴である。
  • 中学90%以上、高校80%の生徒が部活動に参加している。

コメント

コメントはありません。 コメント/ラ・サール高等学校?

お名前: