hakodatera.jpg

概要

分類公立
設立1960年
地域北海道の高校
所在地北海道函館市日吉町1-12-1
形態男子校、中高一貫併設
偏差値68
進学力F
1学年160名
HPhttp://www.h-lasalle.ed.jp/
https://i.imgur.com/8UoZt9S.png

解説

  • 1950年のラ・サール高等学校に次いで、1960年に本校が設立された。ラサール修道会によって設立された兄弟校である。
    • ラ・サール会は世界各国に約1000校の学校を持つカトリックの修道会で、日本には鹿児島市の「ラ・サール学園」と、北海道函館市の「函館ラ・サール学園」の2校が存在する。
  • 1999年に中学校が併設され、中高一貫化した。
  • 本校もラサール本家と同様に寮生活が特徴であり、中学は約67%、高校は約56%が寮生である。
    • 特に中学校の50人の大部屋は全国でも類を見ない珍しい形式である。
  • ラ・サール高等学校と比較すると進学成績はイマイチであり、札幌南高等学校札幌北高等学校の滑り止めの地位に甘んじている。札幌市ではなく函館市にあるという点がマイナスであり、北海道自体の気候が寒くて厳しいため、本州の生徒を引き付けるだけの力が弱いという点が実績の劣る理由であろう。

進学実績

国公医東大北大東北大
2021
20200100
2019183
20181100
20170143
20164141

参考文献:https://www.h-lasalle.ed.jp/shs/about/univ/

高校生活

  • 全国唯一の50人大部屋の中学3年間。2段ベッドが25個並んだ50人の大部屋生活。高校からは4人部屋。高校からの入学者は1年間大部屋となる。
  • 寮から徒歩3分のコンビニも出入り自由、高校生はゲームセンターもOK。日曜はTSUTAYAの大型店(「函館蔦屋書店」)が函ラサの寮生で賑わう。とはいえ、お小遣いは月7000円と定められているので、交通費を節約してTSUTAYAまで片道1時間歩く。
  • 中学生の寮での平日は、朝7時起床で、点呼、朝食の後、8時15分までに登校。授業後は午後6時に夕食で、7時20分の点呼から10時10分まで義務自習。夜11時に就寝なので、特に練習の厳しい部活に所属している場合は、かなりハードです。休日は「自由起床」で、朝食も9時半まで。午後7時の門限まではフリータイム。土曜日は「原則として義務自習なし」となる。

コメント

コメントはありません。 コメント/函館ラ・サール高等学校?

お名前: