onomiti.jpg

概要

分類公立
設立1925年3月14日
地域広島県の高校
所在地広島県尾道市長江三丁目7-1
形態共学
偏差値64
進学力F
1学年200名
HPhttp://www.onomichikita-h.hiroshima-c.ed.jp/

解説

  • 尾道市に位置する公立高校である。
  • 地域的に如水館高等学校と比較されるが、ダブル合格では本校に進む生徒がほとんどである。本校合格者はSに合格している。
  • 非常に堅実な高校であり、毎年国公立大学合格率は全国でもトップクラスである。
    • 2008年は85%もあった。
  • 生徒のほとんどは尾道市、三原市出身であり、この地域は国立大学が崇拝されている。
  • その厳しさから北高は「北高プリズン」とも呼ばれ、北高から抜け出すことは「プリズン・ブレイク」と言われている。
  • 国公立大学全般には強いが、医学部や東大ということに関してみれば弱い。

進学実績

  • 大学別
    国公立医東大京大
    2021102
    2020010
    2019012
    2018023
  • 国公立大学合格率
    合格率
    201966.1%
    201870.7%
    201767.6%
    201673.6%
    201565.1%
    201471.9%

参考文献:公式サイトより

高校生活

  • 学力レベルに応じて5クラス程度に分けられる。
  • 課題量が多いというのが通説である。
  • 課題を出さない場合、通称『課題部屋』に招集され、課題をやって提出しなければならなくなる。ま家庭学習は 1,2年生でも180分が必要とされ、「モニターシート」に書いて提出、管理される。
  • 夏季、冬季補習は強制:北高では補習は効果を上げるため全員参加。ただ、欠席しても通知表上の「欠席」にならない。 また、少し前までは「夏期特別スケジュール」として、7月下旬や8月後半は午前中で授業が終わっていたが、今は平常に近い授業時間になっている。
  • 土曜教室が年間20日程度組まれている。土曜日が休みになる方が少ない。
  • 8時10分から「朝学習」が行われる。遅刻しても通知表上の「遅刻」にはならないが、その間教室に入れず、廊下に立っていなければならない。
  • 直前期補習:普通の学校ではセンター試験が終わると高3の授業はない。しかし、北高では受験する2次試験科目の補習があり、全員参加となる。卒業式が終わった後も前期合格か後期試験まで補習は続く。
  • テストアゲイン:追試験。点数が悪いと受けなければいけない。

コメント

コメントはありません。 コメント/尾道北高等学校?

お名前: