kejo.jpg

概要

分類私立
設立1950年
所在地東京都港区三田2-17-23
形態中高一貫女子校
偏差値78
定員一般80、推薦20、帰国若干
学費入学金:340,000円
授業料:680,000円
HPhttp://www.gshs.keio.ac.jp/

解説

 東京都港区に位置する女子校である。女子を受け入れている私立高校では最難関である。慶應義塾中等部女子から100名、外部から100名が入学する。高校1年次から内部進学者と外部進学者を混合してクラスを編成する。大学への破帽者は全員進学できるが、法学部へは27名、経済学部へは60名、医学部へは5名と枠が設けられている。医学部の内部進学に関しては、このレベルの生徒の中で上位5位をキープするのは非常に困難であると考えたほうがいい。学力だけでなく、体育でも音楽でも好成績を取る必要がある。努力で何とかなるものではなく、この枠を期待して進学するのはやめたほうがいいだろう。では、外部受験となると、他の医学部進学に定評のある高校と比較すると頼りないと言わざるを得ない。通塾は必須となるであろう。
 卒業生の進学先はほとんどが慶應義塾大学であり、法学部の60名弱が最も多い。主に慶應非医学部へ内部進学するための高校と思っておいたほうがいいであろう。

入試結果

募集志願受験合格補欠補欠許可入学
2020約8047145413729073
2019約8049047812835068
2018約8046746313839075
2017約8042741313036069
2016約80488470148381067

進学実績

他大学受験もいると思われるが、その人数は不明。95%以上の生徒が内部進学する。

高校生活

  • 3学期制。週5日制。
  • 8時10分に開始し、14:40に終了、日々のHR(ホームルーム)はなく、金曜日の6限目にHRを行う。
  • 夏休み期間には宿題がない。
  • 部活動への参加は自由。

コメント

コメントはありません。 コメント/慶應義塾女子高等学校?

お名前: