nada.jpg

概要

分類私立
設立1927年
所在地兵庫県神戸市東灘区魚崎北町8-5-1
形態中高一貫男子校
偏差値79
1学年220名
学費初年度:113万円
3年間:250万円
HPhttp://www.nada.ac.jp/

解説

 兵庫県神戸市に位置する中高一貫の男子校である。歴史的に全国トップの入試難易度を誇り、医学部進学者に関しても常に上位に位置する。また、東京大学への進学者も多く、半数は東大へ進学する。1学年の人数が220人と少なめであることから、医学部総合格者数では1位を譲るが、東京大学理科Ⅲ類、京都大学医学部、大阪大学医学部への進学者数は灘高校が1位である。東大理Ⅲ、京大医学部ともに20名程度が灘高校から合格する。2013年は27名もの合格者を出した。灘高校が最高の進学校と呼ばれるゆえんはこの理Ⅲ合格者数である。ちなみに、開成高等学校の場合、東大合格者は150名程度と毎年トップであるが、理Ⅲ合格者は10名以下である。学年の上位7割が、東大か京大、もしくは医学部に入るというのが灘高校の例年の進学である。
 開成高等学校筑波大学附属駒場高等学校とともに、日本の高校のトップ3を形成する。
 中学受験の段階で算数の配点が高く(200/500点)、社会がない。さらに、算数の問題は難しく、算数の試験は2日間にわたって実施され、1日目は難しい計算問題13問ほどを50分で解き、2日目には文章題5問ほどを60分で解く。これにより理数系に強い生徒が集まるようになっている。

進学実績

国公立医理Ⅲ京医阪医東大海外
202080142411793
201987212610744
201879152215925
20179595

参考文献:http://www.nada.ac.jp/index.html

高校生活

  • JR神戸線の住吉駅から徒歩10分。六甲山系から流れる住吉川沿いの閑静な住宅街にある。
  • 「東大よりも医学部」の思考が強く、3人に1人が医学部志望者である。
  • 灘には6つの学校があるといわれる。
    • 学年ごとに教師7~8人で構成される「担任団」というチームをつくり、6年間の持ち上がり制で生徒の面倒を見る。
    • 教師は中学1年の担任団に入ると、大学受験まで6年間、責任を持つ。担任教師は他の教師に引き継ぐことなく、6年間を見越したカリキュラムを組み立てる。
  • 教師の4分の1が灘高校出身である。定年は65歳であり、優秀な教師は長く勤める。
  • 中学校の範囲は中学1年次で終了する。中学2年次からは高校の内容に入る。中学生までで高校2年生の内容を終える。中学校3年次になると大学入試の問題が定期テストで出題される。
  • 高校2年次で大学入試の模試を受け、上位の者は東大でA判定を獲得する。
  • 校風は自由であり、私服登校可能であり、かばんの指定もない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 灘から奈良県立医は最高だな -- 2020-04-18 (土) 00:58:53
  • 開成高校?は、 永遠のライバル -- 2020-06-16 (火) 09:40:18
お名前: