katayama.jpg

概要

分類私立
設立2005年4月9日:中学
2008年:高校
地域富山県の高校
所在地富山県富山市東黒牧10
形態共学、完全中高一貫
偏差値-
進学力F
定員100?:中学から80
HPhttp://www.niigata-h.nein.ed.jp/

解説

  • 北陸地方で学習塾を展開する学校法人片山学園が2005年に設立した完全中高一貫校である。
    • ただ、HPでは高校からの募集もしているようで、若干名の採用はあるかも。
    • 2021年に国際科学探究コースが設置された。英語と探求の学習に力を入れたコースである。ここは高校から入学することができる。
  • なぜ突如として高校受験を始めたかと憶測は飛ぶが、中学だけでは生徒を集めきれなくなったんだろう。近年は進学実績が下がっている。
  • 富山県唯一の私立中学校である。また、唯一の小中高一貫校でもある。
  • マニフェストとして、東大5名、国公立医学部20名を掲げている。
  • 学習塾が母体なだけに、受験マシーンと化す高校である。
  • 立地は富山市と言いつつかなり田舎にある。
    • 富山駅からローカル線、富山地方鉄道に乗り換え、約30分。いくつもの無人駅を通り過ぎ、上滝駅で降りる。駅前には古い和菓子屋があるだけで、コンビニもない。タクシーを呼んで10分ほど走り、満開の桜が美しい熊野川を越えると、まだ新しい瀟洒な学び舎が現れた。立山連峰を一望できる風光明媚な場所にある。
  • 2018年に理Ⅲ合格者を2名も出して話題となった。
  • 2021年、ついに東大合格者0

進学実績

国公立医富山医東大理Ⅲ国公立計
20213130
202063149
20191072142
2018853238
201786139
201674456

参考文献:進路情報

高校入試

  • 2021年から国際探究科のみ高校募集あり。

高校生活

  • 設立当初、部活のない日は、19時まで夜間特別授業を行って、全国でも屈指の授業時間を確保しており、日本一の授業時間を掲げていた。
  • しかし、片山学園の「スパルタ方針」は時代の雰囲気とそぐわなくなっていった上に、生徒と教師の負担が問題視されるなど、その限界を露呈し始めたのだ。そこで片山理事長は、2013年頃に大胆な方針転換を図った。全生徒が参加していた夜間特別授業を廃止し、学習塾のノウハウをリセットした。
  • 2016年からは全ての授業でグループ討論を取り入れている。
  • 教室は完全冷暖房完備である。
  • 多くの学習塾でおこなわれる長時間授業によるいわゆる詰め込み式を片山学園では数年前から排除している。
  • スポーツなど部活動にも力を入れている。陸上部や弓道部、吹奏楽部は全国大会にも出場している。
  • 2017年からは1学年100人全員が、そのイートン校のサマースクールコースに行くことになった。
  • 学費は年間約60万円、寮は食費や光熱費込みで年間約100万円。そのほかに別途、教材費や模試の費用、海外研修の積立金が必要である。

  • 校舎のすぐ横には、男女とも寮が併設されている。特色はすべての寮生が約10畳もある個室で暮らすこと。親元を離れて生活を自ら律することで、自立心を養う狙いがあるという。
  • 大浴場に加えて、24時間使用可能なシャワールームも完備され、栄養価が計算された食事が「レストラン」で提供される。
  • 生徒の2割は寮で暮らす。

コメント

コメントはありません。 コメント/片山学園高等学校?

お名前: