tukukoma.jpg

概要

分類国立
設立1947年
地域東京都の高校
所在地東京都世田谷区池尻四丁目7番1号
形態中高一貫男子校
偏差値78
進学力S級高校
定員160:一般40、附属120
配点600:国語、社会、数学、理科、英語、調査書、各100点
検定料9,800円
授業料115,200円/年
HPhttps://www.komaba-s.tsukuba.ac.jp/
https://i.imgur.com/2E88MyI.png

解説

 東京都世田谷区に位置する国立の中高一貫校である。国立唯一の男子校である。1947年に旧制東京農業教育専門学校の附属新制中学校として設立された。
 戦後に設立された新設校であるにもかかわらず、進学実績は全国トップであり、「東大に最も近い高校」と言われている。そのゆえんは合格率の高さである。合格数が多いのは開成高等学校であるが、合格率では本校が圧倒している。2017年は160名のうち74名が現役合格している。浪人を合わせると毎年100名が東大に合格する。理科Ⅲ類にも10名程度が合格するというとんでもない進学実績を上げている。理Ⅲ合格者に関しては、例年灘高等学校に次ぐ2位であるが、1位の時もある。2021年は14人で1位であった。生徒間にも東大を受験することは当たり前の思考としてインプットされており、だからこそ半数が東大に現役合格する。東大の駒場キャンパスがすぐ近くにあるということも大きい。学年の真ん中でも東大に余裕で合格してしまうというとんでもない学校である。
 中学受験で筑駒は難易度がもっとも高いといわれている。実際、筑駒と開成、あるいは筑駒と麻布の両方に合格した場合、筑駒を選ぶ生徒のほうが多い。筑波大学への内部進学枠はない。
 これだけの進学実績であればがちがちのスパルタ式かと思いきや、校風は非常に自由であり、制服もない。携帯電話やパソコンに関して使用上の制限はあるが持ち込みの制限はない。全ては自律的に判断する。それが筑駒ルールである。

進学実績

国公立医東大理Ⅲ
2021348914
2020
201918113(88)10
2018119
2017102(74)

()は現役

高校生活

  • 中1と高1で実施される「水田稲作学習」である。筑駒は、東京農業教育専門学校(東京教育大学農学部の前身)の系譜を受け継ぐ学校であり、徒歩5分のところに、伝統的に学校が管理・運営する水田があるのだ。
  • 筑駒では高2の3学期から、有名な「特別考査」という学内試験が定期的に行われる。東大入試を意識した筑駒独自の試験で、その順位は一斉発表されることはなく、先生から本人にだけ伝えられる。
  • 約半数の生徒が鉄緑会に通っている。

コメント

コメントはありません。 コメント/筑波大学附属駒場高等学校?

お名前: