#author("2021-06-08T08:15:33+09:00","","")
#author("2021-06-08T08:15:55+09:00","","")
&ref(http://www.saijuken.com/gazo/isikawaken.gif,zoom);

#contents


*一覧 [#db470ec2]
|偏差値|公私|高校|学科|
|73|公|[[金沢泉丘高等学校]]|理数科|
|~|国|[[金沢大学附属高等学校]]|普通科|
|71|公|[[金沢泉丘高等学校]]|普通科|
|69|公|[[小松高等学校]]|理数科|
|68|公|[[小松高等学校]]|普通科|
|67|公|[[金沢二水高等学校]]|普通科|
|~|私|[[星稜高等学校]]|普通科A|
|66|公|[[七尾高等学校]]|理数科|
|65|公|[[金沢桜丘高等学校]]|普通科|
|64|私|[[金沢高等学校]]|普通科S|

*石川県 [#cb92c82b]
-概要
|人口|1,129,362人|
|人口密度|270人/km2|
|面積|4,186.09km2|
|県庁所在地|金沢市|
|高校|56校:国立1校、公立45校、私立10校|
|学区|なし:2006年から|


-人口
|順位|都市|地域|人口|
|1|金沢市|加賀|451,817人|
|2|白山市|加賀|113,459人|
|3|小松市|加賀|108,259人|
|4|加賀市|加賀|66,869人|
|5|七尾市|能登|52,578人|
|6|野々市市|加賀|52,469人|
|7|能美市|加賀|50,053人|
|8|かほく市|加賀|35,439人|
|9|輪島市|能登|26,718人|
|10|羽咋市|能登|21,561人|
※2019年

*高校の序列と事情 [#q155b797]
-2005年までは3つの学区に分かれていた(加賀、金沢、能登)。
-金沢市には石川県の人口の4割が集中しており、金沢市のトップ校がそのまま石川県のトップ校となる。
-金沢市は[[金沢泉丘高等学校]]と[[金沢大学附属高等学校]]の2強であり、両校とも偏差値73程度であり、全国的にもトップクラスの難易度を誇る高校である。
--付属と泉を比べると平均値は金大附の方が上。泉丘の下位はレベルが落ちる。金大附の平均は一橋社会、泉丘は金沢工学部。

でも上位100位(若くは120位)で比べるとはるかに泉が上だよな。
--付属と泉を比べると平均値は金大附の方が上。泉丘の下位はレベルが落ちる。金大附の平均は一橋社会、泉丘は金沢工学部。でも上位100位(若くは120位)で比べるとはるかに泉が上。
-今でこそ二巨頭といった力関係であるが、元々は国立の強みを生かして金大附が独走しており、そこに泉丘が食い下がったという経緯がある。
-1960年代まで振り返ると、金大附の圧倒的一強であり、120人しか生徒がいないのに東大現役30人とか連発していた。その頃は中部地区で金大附が一番だった。
-現在は2強というか、泉丘の理数科に人気が移っている。学力が同等程度であれば、部活を含めた学生生活を謳歌できる泉丘の人気が出てくるのも当然である。
-医学部進学に関しては[[金沢大学附属高等学校]]が上回っており、少数精鋭ながら毎年20名程度が国公立医学部へ入学する。
-進学実績としては、金大附属・泉丘>七尾・小松>二水>>>星稜Aといった感じ。
--星稜Aコースは泉丘・二水不合格組である。
-泉丘が「面倒見がいい」のに対し、付属は「面倒見が悪い」
-金大附属は小学校もあるため、北陸地方は珍しいお受験文化がある。
-石川県だけでなく北陸地方全般に言えることであるが、この地には旧帝国大学やそれに準ずる生徒を引き付ける大学がないため、トップ層は名大、阪大、東北大に均等に散らばる。
-旧帝一工神を狙うとすると、泉丘で100番、二水50番、桜や星稜は上位1割以内をキープしないと厳しい。
-金沢市以外だと、小松市の[[小松高等学校]]、七尾市の[[七尾高等学校]]は地域の進学校の役割を果たし、東大にも合格者が出ている。
--小松高も東大京大に10人程度合格者を出すなど健闘しているが、南加賀の人口は金沢圏の3分の一以下であり、金沢市トップと差があるのは仕方がないところだ。
-東大京大国医は一昔前まではニ水が下限でそれ以下は無理と言われていた頃もあったが、今は星稜、桜錦までが常連輩出高と言ってもよいだろう。錦の一貫校化や星稜のコース化は結果として県内の東大京大国医の裾野を広げた。
-石川県はあまり私大専願はいないらしく、センターの7科目受験率も全国トップクラス。
-基本的に進学志向が高い人は附属泉ニ水桜までを受験して駄目なら星稜か金沢特進かにルートが固まってきてる。
-私立に関しては昔は星稜高校一強であったが、[[金沢高等学校]]が復活してきて対抗できるようになった。上位層は変わらない。中間層が厚いのは星稜。


*実績比較 [#r3ceb900]
**2018å¹´ [#lc7abc20]
|年|大学|泉丘|金大附|小松|七尾|二水|桜丘|錦丘|羽咋|輪島|星稜|合計|
|2018|東大|20|9|4|2|1|0|0|0|0|0|36|
|~|京大|26|1|2|3|2|0|1|0|0|0|35|
|~|合計|46|10|6|5|3|0|1|0|0|0|71|
|2017|東大|15|12|6|1|0|1|1|0|0|1|37|
|~|京大|24|2|5|2|0|1|2|0|0|1|37|
|~|合計|39|14|11|3|0|2|3|0|0|2|74|
|2016|東大|5|7|4|1|1|0|1|0|0|0|19|
|~|京大|15|8|5|1|3|1|1|0|0|0|34|
|~|合計|20|15|9|2|4|1|2|0|0|0|53|
|2015|東大|11|11|5|0|2|1|0|0|0|0|30|
|~|京大|27|5|5|6|1|2|2|1|1|0|50|
|~|合計|38|16|10|6|3|3|2|1|1|0|80|
|2014|東大|9|11|8|1|0|0|0|0|0|0|29|
|~|京大|15|4|7|2|3|0|0|0|0|0|31|
|~|合計|24|15|15|3|3|0|0|0|0|0|60|
|計|東大|60|50|27|5|4|2|2|0|0|1|151|
|~|京大|107|20|24|14|9|4|6|1|1|1|187|
|~|合計|167|70|51|19|13|6|8|1|1|2|338|

**2017å¹´ [#f9fd99f1]
|高校|東大京大|他旧帝神|国公医|計|
|金大附|14|3|26|43|
|泉丘|39|77|13|129|
|小松|11|48|9|68|
|ニ水|0|36|2|38|
|七尾|3|不明|6|不明|
|桜丘|2|14|1|17|
|錦丘|3|11|1|15|
|星稜|2|11|1|14|
|羽咋|0|4|0|4|



*コメント [#v613ee3e]
#pcomment(,reply)