背景

  • '90年以降、医科や調剤医療費は増大するが歯科は2兆5000万で変化なし。歯科医は7.5万→10万人へ増加し、一人あたりの取り分が減る。
  • 私立の国試合格率は低下&留年率UP。適切な教育がされてないと見られ、志願者大幅減。
  • 学費は私立医学部と同程度だが、待遇面で医師に劣ることも要因。

定員推移

sikatein.png

sigansuii.png

  • 定員推移
    19601981199620142019
    定員7403380271424602470
  • '60年、入学790/定員690。
  • '75年、入学3083/定員2220。当時、歯科医養成が急務で、毎年定員を超えた入学者を許可。
  • '81~85年、定員3380とピーク。
  • '98年、定員2714。666人(19.7%)削減。
  • '98年、厚労省が「10%程度の削減」を提言。しかし'98~'08年の10年でわずか57人('98年の定員2714に対する割合、2.1%)しか削減できず。
  • '08~'10年、私立で46人('08年の私立歯募集1,937に対する割合2.4%)削減。

近年の充足率

  • '10年頃は10校程度定員割れ。
  • 歯学部全体の充足率は、'08年96.9%→'09年92.4%→'10年84.7%→'11年87.8%
  • 定員割れ問題は、'10年頃をピークに改善。背景に、学費値下げがある。定員はほぼ変化なし。
    sikasigansya.png
  • 以下、定員割れしやすい歯学部。6~7年前と比べ定員割れはしにくくなった。定員は編入学を含まない。
    定員入学充足率



    202450234295.6%
    192447235096.0%
    182458231094.0%
    172459232594.6%
    定員入学充足率



    20964546.9%
    194445.8%
    185153.1%
    174951.0%
    定員入学充足率



    201156960.0%
    198473.0%
    186758.3%
    176758.3%
    定員入学充足率



    20807897.5%
    1983103.8%
    185771.3%
    175771.3%
    定員入学充足率



    205759103.5%
    195087.7%
    184680.7%
    174273.7%
    定員入学充足率



    207075107.1%
    196592.9%
    18805872.5%
    177290.0%
    定員入学充足率



    209697101.0%
    198588.5%
    188992.7%
    1796100.0%
    定員入学充足率



    20968891.7%
    19938591.4%
    1897103.2%
    178791.6%
    定員入学充足率



    2011010898.2%
    19118107.3%
    18116105.5%
    17117106.4%
  • 出典
  1. 文科省
  2. 文科省令和2年

定員割れ最盛期

定員割れの原因と問題点

  • 志願者は'04年11574人→'11年4927人と58%減少。

原因

  • ワープア説流布(真偽不明)
  • 新規参入歯科医抑制を目的とした国試合格率低下。
  • 平成不況、経済状況悪化で学費負担増。
  • '08年以降、医学部定員1300人増。これは本格的な歯学部定員割れが起こった後の出来事。

問題点

  • '00年頃~現在で、競争なく歯学部入学が一定数存在。彼らがが日本の歯科医療を担うことは適切か。
  • 厚労省は国試合格率を60%台に落とし選抜。このやり方も落とされる方に多大な負担。

参考文献

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 残念 -- 2020-01-14 (火) 17:27:19
  • 鶴見大って立地はそんなに悪そうじゃないのに、どうしてここまで定員充足率が低いんだろう?国試合格率が私立平均並にあれば、十分受験生集まりそうだけど。何か鶴見を敬遠する大きな理由ってあるの?? -- 2020-09-05 (土) 14:52:51
    • 知恵袋へどうぞ -- 2020-09-05 (土) 21:36:23
お名前: