概要

  • 歯科医師過剰問題。確かに全体像を見れば歯科医師の数は多い状態にあるが、そこには地域ごとのばらつきが考慮されていない。
  • 歯科医師が都心に集中することによって、地域に偏在が起こり、歯科医師不足が出ている地域が存在する。
  • 近年の研究により、歯の健康は口腔だけではなく全身の健康状態に多大な影響を及ぼしていることが明らかにされつつある。
  • また予防歯科は、膨らみ続ける医療費・介護費の抑制にもつながる。

「無歯科医人口の数」から見る地域偏在

shortage-area_hyou01.png
shortage-area_hyou02.png
shortage-area02.png

  • 無歯科医地区は減少傾向にあるものの、全国で約20万人が歯科医療を受けられない状況にある。
  • 北海道・岡山・大分は無歯科医人口数が多い。
  • しかし、無歯科医人口が多いところは歯科診療が受けにくいかというと、必ずしもそうとは限らない。その理由は「人口10万対歯科医師数」からわかる。
  • 「医師不足」の場合も、医師の数を増やせば解決される、という単純な話ではないことは歯科医師のケースから明白である。

「人口10万対歯科医師数」から見る地域偏在

3edcdc4e4b6d8a1eea0a7db618767448.jpg
shortage-area03.png

  • 東京・大阪などの大都市と、歯学部がある都道府県(上図:濃い青)に多くの歯科医師が集中。
  • 北陸地方では歯科医師不足の傾向が顕著。
  • 無歯科医地域が多い北海道と大分での人口10万対歯科医師数をみると、全国平均よりも歯科医師数が多い。つまり各都道府県での偏りだけでなくその地域からさらに地域格差が出ていることが読み取れる。

「医師」と比較する

4e1b8e922895553a2ed2489355ef7b38.jpg

  • 医師の数は、西日本で平均よりも多く、東日本で少ないという特徴がある。
  • 医師は都市部と地方間の格差が歯科医師ほど顕在化していない。
  • 歯科医師の地方格差は、医師と比べて危機的な状況にあることを示している。

地域偏在の原因

  • 地方と比べると都心部の所得は相対的に高くなり、所得に余力があるほど治療や予防にお金を掛けてくれるという、ある種患者さんの所得状況の影響を受けやすい歯科医業の特性がある。
  • 自分の卒業した歯学部の周囲や、勤務した事のある場所の近くなどに開業しがち。

地域偏在による弊害

2-1200x675.jpg

  • 歯科医師の地域格差はそのまま歯科治療の地域格差につながっている可能性がある。
  • このような状況が改善されないまま若手歯科医師の間口だけを絞る政策(歯科国試の合格者数抑制)が実行されれば、地方における歯科医療の状況は急速に悪化しかねない。

参考

論文

新聞記事

https://pbs.twimg.com/media/CdLIS41UAAA5fQV?format=jpg&name=large

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 問題提起有難う御座います。私が言いたかった事を判り易い形で反映して頂き助かります。 -- 2020-12-16 (水) 08:53:22
    • ^_________^ -- 編集者? 2020-12-17 (木) 18:21:17
      • んな訳無いでしょ?自作自演ならもっと上手くやるでしょう?以前別スレでこの問題点について書いた者です。実際問題、人口減少が坂道を転げ落ちるスピードなら、歯科医師の減少スピードは崖から落っこちるレベルなのはグラフ見れば一目瞭然で、尚且つ北陸地方(除く新潟県)や東北地方(除く宮城県)では今後20年間スパンでドエライ目に遭う事が判っているのに、今尚国試合格者を絞る事しか文科省側で考えていない事が極めて拙い状況だ、という事は歯科医師のマジョリティの賛同を得られる危機感だと思います。 -- 2020-12-18 (金) 08:39:58
  • 御手数ですが、このスレッドと職業比較のスレッドを「データ」の所に紐付けして頂けると助かります。 -- 2020-12-17 (木) 18:05:58
  • しかっし、東北と北陸の少なさ加減は客観的に観て今後15年で需給バランスが崩壊するだろうね。解決方法があるとすれば、東北大と新潟大、そこに岩手医科、奥羽、松本、朝日の入学枠の半分を地方枠にしてしまうとか、それ位の調整は必要になってくると思う。そして時間は私達の味方では無い。 -- 2020-12-21 (月) 18:25:24
  • あるいは東北エリアなら弘前、秋田、山形、北陸エリアなら富山、金沢、福井は国立大医学部があるので、私立の大学を分解してそれらに吸収合併させるか。松本辺りは喜んで手を挙げそうw -- 2020-12-21 (月) 18:29:57
    • 私立は国立に吸収できないよ。それはつまり国が大学施設などを買い上げるという事になるけど、そんなお金は今の国にはないと思う。北大・東北・新潟・医科歯科は、以前の最大入学定員時(80名)には、留年生のためか、実習機材は100人分以上あった。つまり、私立はそのまま潰れてもらい、国立の定員を以前以上にすれば問題無いと思う。施設などは既にあるんだから国立の増員は問題ない筈。無理に地域枠にしなくても既設の病院に歯科を増やしてもらえば問題ないと思う(しかし、医科に比べ歯科は赤字になってしまうので、病院は歯科をつくりたがらないけど。国か地方自治体の追加予算で何とかするようにすれば実現可能かも)。 -- 2020-12-21 (月) 23:27:27
      • 実習機材100人分以上!勿体無いwそら使わないって手はないでしょうね。そうなると国公立の地方枠って形で増員するのが一番お手軽な手段なのかしら?となると一般枠(と言うか実質主要都市枠)の人数はそのままで、歯科過疎地域の県の枠を純粋に増加する、って感じですかね?医療過疎地域病院の歯科増設&拡張に関しては仰る様に、国の地方交付金&所属都道府県から出して貰う形が一番落ち着くでしょうね。個人的には高齢になって後継者がいない、でも一定の患者数がいる歯科医院の引継ぎもオプションで検討して欲しいかな、と思います。過疎地域のガソリンスタンドを社会インフラとして市区町村が予算組んで補助金出すケースがありますので、医療インフラの維持って観点からすれば、一から立ち上げるよりもコスパは良さげだと思うんですよね。 -- 2020-12-22 (火) 09:21:33
  • https://www.jda.or.jp/dentist/vision/pdf/vision-02.pdf -- 2021-05-11 (火) 09:39:06
    • データで見る 2040 年の社会と 今後の歯科医療 -- 2021-05-11 (火) 09:39:51
      • 地域医療減少リスクの事も書かれていた為に、ここに載せたけど、歯学の将来の項目でも同じ事が言えるので、そっちに転記しても良いかも。 -- 2021-05-11 (火) 09:41:21
お名前: