概要

  • 低評価が続く歯科医師であるが、実際はどうなのだろうか。見直していく。

利点

  • 歯科医師の現状と将来性でも記載したが、歯科医師の高齢化と歯科医師国家試験の減員により、歯科医師は減少傾向となる。
  • 業務独占資格である。医師でも歯科医師業務はできない。純粋な業務独占資格は実は少ない。
    • 税理士や弁理士も業務独占を掲げているが、公認会計士や弁護士もその業務をこなせてしまう。
    • 薬剤師の調剤業務はほぼ独占業務ではあるが、医師や歯科医師の指示の下でしか行えない。
    • 医師でも歯科医師業務はできないというのはポイントで、時代が変わって歯科医師の人数が減ってくれば昔のように日の当たる職業となる可能性は大いにある。
  • 開業しやすい。医師の開業が10年~15年以上もの経験を要するのに対して、歯科医師は5年程度の経験で開業することも多い。ただし、その分過当競争となる。しかし、開業歯科医の平均年齢は50歳を超えており、この過当競争も緩和される見込みである。
    • 個人で営業できるというのは大きなメリットであり、組織での上下関係や横の関係(医師の場合は他科コンサルトや他院への診察依頼など非常にストレスフルである)
  • 自費診療が豊富である。医師の場合は自費診療の乏しい診療科も多い(精神科、内科など)
    • インプラント、セラミック、メタルボンドなど。
  • 歯科医師の給料でも記載したが、ワーキングプアと言いつつ日給3-4万円は無理せず可能であり、日給8万円の医師の半分程度は稼ぐことができる。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 金パラが30グラム72,000円って知ってますか?まだ歯医者が良かった時代15,000円だよ。国は何も対策してくれない。国会議員は何もしない。歯科は保険では食っていけないですよ。 -- 2020-01-21 (火) 02:29:17 New!
お名前: