概要

・近年、国試の合格率は55%程度と高難度。これは歯科医過剰を抑制するため
・'60年代、日本人の虫歯有病率は30%程度。それに対し歯科医は10万人あたり35人。これを不足とみなし、'69年、政府は10万人あたり50人にする方針を決定。この方針を根拠に歯学部新設が計画され、10年間で入学定員を1100人から3500人にまで拡大
・その後も歯科医は増え続け、'10年代には10万人あたり80人超。肝心の虫歯は、歯磨き習慣の確立や歯磨き剤の開発により減少し、歯科需要も減少
・'00年前後から合格率は徐々に下がる。'08年頃から60%前後に、'14年から55%前後が普通。

  • '06年の厚労省と文科省の取り交わしにより、定員数削減や国試合格基準見直しが実施された結果、合格率は徐々に下がった
  • 一昔前の「資格試験」「確認試験」と言われていた合格率の高かった時代は終わった
  • 109回、90回以降で合格者数が初めて2000人を割り込む

内容

  • 一般問題が1問1点、臨床実地問題が1問3点という構成。合格基準は以下の通り。
    (1)領域A(総論)    58以上/98点
    (2)領域B(各論1~2) 116以上/171点
    (3)領域C(各論3~5) 126以上/205点
    (4)必修問題      64以上/79点

総合結果

  • 113回は'20年実施
  • 100回は'07年実施
  • 93回は'00年実施

★合格率=合格÷"出願"×100(%)
▲新卒合格率=新卒合格÷"新卒出願"×100

出願受験合格★合▲新
11337983211210755.562.3
1123,7233,2322,05955.364.7
1113,7213,1592,03954.861.0
1103,6913,0491,98353.757.9
1093,7063,1031,97353.256.6
1083,6953,1382,00354.257.7
1073,6443,2002,02555.661.8
1063,7643,3212,36662.968.4
1053,8253,3262,36461.867.6
1043,87533782,40061.968.1
1033,90534652,40861.769.3
1023,87835312,38361.467.3
1013,92532952,26957.8
10032002375
9933082673
9833432493
9729602197
963,2082,932
9529562462
9434463125
9330142102
9230562554
9130172655
9030832710
8931762857
8831532765
8733822998
8635703231

試験委員の所属大学ランキング

・第114回歯科医師国家試験

参考:DES歯学教育スクール

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 113回 合格者÷出願者×100=2107÷3798= -- 2020-06-15 (月) 15:05:47
  • 113回 合格者÷出願者×100=2107 -- 2020-06-15 (月) 15:06:21
  • 113 -- 2020-06-15 (月) 15:07:07
  • 113回 合格者÷出願者×100=2107÷3798×100=合格率約55.5%、、、残りの44.5%の方々は今どうしてるの。。。? -- 2020-06-15 (月) 15:10:37
    • 浪人でしょ。歯学部では珍しくないから安心して浪人できる。 -- 2020-07-04 (土) 07:39:45
  • 卒留か浪人? -- 2020-07-04 (土) 10:37:43
  • 113回 私立のみ 合格者÷出願者×100=1500÷3004x100=49.9% 私立は半分以上!まじか! -- 2020-07-04 (土) 18:50:35 New
    • 私立はそもそも出願させない大学もあるみたいだから、大変そう。。。6年生になるまでに留年退学でたどり着けない人もいる訳だから、私立の合格率は体感40%くらい?? -- 2020-07-04 (土) 21:22:50 New
お名前: