概要

  • 医学部の人間関係は非常に難しい。
  • 理由としては、少人数の村社会でありること、定期テストや実験などでは複数人での協力プレーを要求されることが挙げられる。
  • 現役生ですら困難な人間関係であるが、再受験生は年齢という壁を乗り越えなければいけない。
  • 他学部であれば(特に文系学部)孤立無援でも単位を取って卒業できる。しかし、医学部は協力しなければほぼ不可能である。
    • 試験は過去問をベースに出題される。過去問をベースにした勉強が望ましいが、過去問のほとんどは友人経由で入手をする。
    • 自身で全範囲を勉強することは不可能である。inputは時間をかければ試験期間中に教科書1冊ぐらいはできるかもしれないが、outputまで仕上げることはできない。
    • 実験、実習が曲者である。生物学実験、生理学実習、薬理学実習など、入学早々グループワークが始まる。最初の方はみんな気を使って取り組むからまだマシであるが、どんどん人間関係が煮詰まっていき、不満の続出するグループもある。グループ内で口を利かない組が出てくるなんてこともある。
    • 基礎医学実習はそれでもマシな方である。病院実習ともなると、1年間同じグループで行動する可能性もある。仲の悪い人物と一緒になったら最悪である。
  • 退学する者の原因は人間関係に端を発し、それで単位が取れなくなることがほとんどである。

コメント

コメントはありません。 コメント/医学部の人間関係?

お名前: