概要

 医師の給料というのは医師以外ではわからない点が多く、その給与体系や給与額を受験生が想像することは難しい。見当がつかないばかりか、世の中には誤った情報もあふれており、受験生を混乱させている。特に、再受験生にとっては今後の金銭管理に影響を及ぼすことであるため、以下に詳細を示していく。その前に、参考までに誤った情報をいくつか挙げる。

誤った情報例

  • 大学病院医師の給料は安く、休みを削ってバイトをしないと生活できない。看護師よりも安い。
  • 医師の平均年収は1000万程度。
  • 20代後半は600万、30代になると800万となり、40代で1000万を超えるというように段階的に昇給していく。

医師の給料の実際

 ここでいう「医師」は2年間の初期研修を終えた医師を示す。初期研修医の給料は後述するが、各病院のホームページに詳細に記載されている。

大学病院医師

 多くの若手医師が大学病院からスタートとなる。大学病院医師の給料は、大学からの給料と外勤先からの給料となる。
 まずは大学からの給料であるが、これは基本給25万円/月+当直代4万円(4回分/月)で、おおよそ30万円/月という計算となる。これはどこの大学もほぼ変わらず、残業代は出ないところが多い。
 次に外勤先からの給料である。外勤というのは、大学から指定された曜日に関連病院で働くことを言い、平日の1日〜2日が指定される。いわゆる「バイト」というものであるが、決して休みを削ってしているわけではない。外勤に行く時間に関しては、若手の頃は2コマというパターンがほとんどである。1コマは半日であるため、2コマは丸一日ということになる。ただし、基本給の低い大学の場合は最初から3コマ以上の外勤日が割り当てられることがある。ここで、2コマ/週の外勤をするとして、医師の時間給はおおよそ1万円/時間であるため、2コマ8時間で8万円の収入となる。再び注釈であるが、産婦人科や整形外科、麻酔科、眼科などの時間給はもう少し高い。反対に、精神科の時間給はもう少し安いが、最もよくある医師の時間給が1万円である。
 外勤に関してさらなる付け加えであるが、外勤日前日に外勤先へ移動し、そのまま当直してから翌日に臨むというパターンがある。割りと用いられているパターンであり、そうなると、外勤8万円に加えて、前日の当直代が加算される。当直代に関しては、寝当直の場合は3.5万円、それなりに救急車が来る場合は6万円、かなり忙しい場合は10万円などと、価格設定にかなりの幅を示す。ここでは、一般的な2次救急の当直を想定し、1晩6万円で計算することとする。
 上記の収入を年間に直してまとめると以下のようになる。
 

大学360万円(30万x12月)+外勤日勤400万円(8万x50週)+外勤当直300万円(6万x50週)
=1060万円(外勤当直を一切しなかった場合は760万円。)

 以上が、大学病院に勤務し、外勤2コマ/週、当直を大学4回+外勤4回/月をこなした際の給与額である。年間52〜53週あるが、祝日や用事などで外勤に行けなかったことを考慮して、50週で計算した。実際、外勤日数は年間47〜48程度となる。これは、1年目でも同額であるが、2年目、3年目だからといって変わらない。そのため、医師の給与が年功序列で上がっていくとの情報は誤りである。また、診療科によりバイト代に幅があるため、一つの例として頭に留めておいてほしい。
 上記の給与は、定期外勤以外に一切バイトをしなかった場合であるが、実際はそのようなことはない。医局で持ち回りの土日当直のバイトなどが必ずあり、医局員はそれらを順にこなしていくことがほとんどである。例えば、普通の2次救急の土日当直のバイト代は20万円程度である。これは、土曜日の夕方から入り、月曜日の朝まで仕事をするというなかなか拘束時間の長い仕事である。これらを年間5回こなせばプラス100万円である。上記給与に100万円が加われば、勤務1年目、2年目の医師としては悪くない数字であろう。
 大学病院医師の給与が低いといわれているが、入局1年目、2年目であっても、1000万円かそれを超えるぐらいは稼ぐことができる。これを安いと判断するかは人それぞれにお任せする。
 そして、ここからは医局次第であるが、年次を積むことによって外勤日が増えてくる。だいたい丸2日(4コマ)が最大のところが多い。となると、上記給与に外勤分400万円が上乗せされ、さらに専門医を取るころにはわずかであるが時給の上乗せもある。そうなると、大学病院勤務医であっても1500万円近くになる。ただ、時給の高い診療科以外では、大学で1500万円を超えることは難しいかもしれない。当直のバイトを積極的にこなせば到達できる数字ではあるが。

看護師より安い?

 以前、「たけしのテレビタックル」にでていたおじさん医師が「大学病院医師の給料なんて3年目の看護師さんの給料より安いですよ。」と言っていたが、これは非常に頭の悪い発言である。意図として、大学病院医師の給料の低さを伝えたかったのであろうが、トータルの給料は看護師より安いなんてことはもちろんない。「大学からの基本給安い。」という事実だけを拡大解釈して、上記発言をしてしまい、視聴者の気を引こうとしただけだったのだ、これを聞いた視聴者は「医者の給料ってそんなに安いんだ。」と誤解をしてしまう。このおじさん医師のいうことは聞かないほうが賢明であろう。

研修医の給料

 研修医の給料に関しては、360万円〜600万円がほとんどである。大学病院であれば360万円程度であり、市中病院であれば500万円〜600万円がボリュームゾーンである。ただ、過疎地域の場合は研修医であっても800万円1000万円の額を提示する病院もあり、それはたいして珍しくない。

 

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:

多職種との比較