概要

入学後に面接担当の先生と話させていただいて、「再受験生はこうあってほしい」というようなお話が聞けたので記しておく。つまり、面接ではこの点に注目されて質問が飛んでくるであろうことである。ただこれは、自大学の一人の先生の意見であるため、汎用性には欠けるかと思う。

再受験生に求められるもの

  • 謙虚さ:年齢を経ているとどうしても謙虚さが失われていく。入学後には18歳の人たちと同等の扱いになるわけだから、より一層の謙虚さが必要となる。
  • 手本:生活、勉強、授業態度において現役生の手本となってほしい。医学部といえど、入学直後は授業中の私語が絶えなかったりして見苦しい部分もある。私の大学では、再受験生が学年のまさにお手本のような人となっており、その学年は非常にうまくまとまっている。
  • リーダーシップ:試験対策など、医学部では学年がまとまって行動していかなければいけないイベントがある。その時に音頭をとれる人が望ましい。
  • しっかりとした志望動機:単に今の仕事が嫌になって受験しに来た人はあまり好まれないようだ。

コメント

コメントはありません。 コメント/再受験生の面接?

お名前: