概要

 海外の平均年収推移を見てみると日本の停滞ぶりが見て取れる。日本はバブルの頃から全く成長していない。本来成長することが当たり前であるので、成長しない分だけ遅れを取り、国民の生活はより苦しくなっている。少しは成長していたのであれば医学部の難易度ももう少し適正に落ち着いたのであろうが、医師以外の職があまりにも稼げないために過剰人気になってしまった。ただ、これからは医師も過剰となってくるし、医学部にも未来はないであろう。いかんせん医学部の定員を増やしすぎた。

1991年1996年2001年2006年2011年2016年2019年
日本416425427426433423431
スイス792826881911955988987
アメリカ505521596627655683694
カナダ400408450483527558560
イギリス371396480524527523528
フランス375393416447473490497
ノルウェー446474544626711757762
オーストラリア504530575619670680672

http://www.saijuken.com/gazo/kaihei.png

参考文献

コメント

コメントはありません。 コメント/世界の平均年収推移と日本?

お名前: