2020-12-14
21:39:43

 厳しい物言いになってしまうが、この事実は揺るぎないものである。優秀な医師を目指す方は大学病院に行かずに外へ出ることをお勧めする。研修病院の分類は再受験生と初期研修を参照していただきたい。

種別特徴
1人気市中病院激務、優秀
2大学病院学生実習の延長
3不人気市中病院現場に行くだけ

 三分類させていただいたが、1と2にはとてつもなく大きい壁がある。以下その違いを記載していく。

  • 救急対応のファーストタッチ
     市中病院では研修医が救急患者の初期対応をする。主に全科対象の2次救急であり、初診患者であるため、幅広い可能性を考えてアセスメントをしなければいけない。この初期対応には幅があり、上級医が現場に居合わせながら困ったときは聞きながら診療を進めるパターンから、上級医は現場に来ず、研修医が全てこなして最後のチェックだけ上級医がするというパターンまでその程度は様々である。後者のパターンの方が力はつくが、かなりの勉強を要すため、研修医独自で救急現場で用いるエコーや読影の勉強をする必要が出てくる。大体一晩で10件程度の救急車が来るため、そのアセスメントを自身で考えるだけでも相当勉強になる。
     一方で、大学病院の救急はローテートしている診療科のかかりつけ患者の対応がほとんどであり、上級医と併診で対応する。研修医は見るだけか上級医のラジコンでカルテを操作するだけである。経験値としてはゼロである。
  • 同期のレベル
     人気市中病院は人材が選抜されている。大学病院は外に行けなかった人が残る。とすると、外に行く人の方が断然優秀である。さらに、大学には研修医が多すぎて、上級医からの認知度も低くなり、周囲との競争意識が希薄になる。市中であれば10人程度の研修医の中で、誰がどれぐらいできるのかを常に比べられ、嫌でも競争させられる環境となる。

 私の研修病院(市中)がブラックだったためかもしれないが、大学病院との格差に愕然とするときがある。研修医2年目、循環器内科志望の医師が、マーゲンチューブ(胃管:鼻から胃の中に管を通すやつ)を顔面に平行に挿入したのだ。マーゲンチューブは普通は顔面に垂直に挿入する。「並行に入れる」というのは、確かに鼻の穴が下に向いているので、素人には馴染みやすいが、総鼻道は顔面に垂直に走っているので垂直に入れるのだ。これは救急対応をしている研修病院であれば数日以内に学ぶごく当たり前の知識である。こんなことも大学病院の研修医はできないのだ。しかも、循環器内科という非常に厳しい診療科を目指す研修医である。
 ただ、上記に関連して、大学病院のメリットもある。研修が楽すぎて、厳しい診療科を目指しがちになるということである。ほぼ「見」の研修なので、自身は全く苦労していない。そうすると、一見してかっこいい診療科に行きがちである。「循環器内科」とか「産婦人科」とか。「自分でもできるんじゃないか」と。同期を見ていても、大学で研修した医師は意外と厳しい診療科に行っている。そして辞める。それもそのはずで、2次救急対応の厳しさを知らないでその診療科に行くわけだから辞めるのも仕方がない。
 大学病院の初期研修を終えた人材というのは、人気市中病院の半年間の研修を終えた人材と同レベル程度である。高みを目指すなら外に出ることをお勧めする。