概要

1960年頃、医学部定員は2800人であった。現在の3分の1程度である。その後、医師不足を解消するために徐々に定員増加となり、1969年には4000人を越えた。さらに、1970年代に新設医大が設立され、定員は実に8000人を越えることとなった。この時、医師過剰論が台頭し、定員は漸減傾向となった。2008年から再び定員増加の傾向となり、2013年には9000人を越えることとなった。

医学部定員推移

年度入学定員18歳人口医師になる割合
1960年2840人200万人1/704
1966年3560人249万人1/699
1969年4040人213万人1/527
1970年〜1980年新設医大設立
1981年8280人188万人1/227
1982年〜2006年定員削減
2007年7625人130万人1/171
2008年〜2009年定員増加
2010年8846人122万人1/138
2013年9041人120万人1/132

医学部定員9420人

  • 文部科学省は11日、2019年度の国公私立大81校の医学部入学定員を、18年度より1人増の9420人とする計画を公表した。
  • 埼玉医科大学で1人増員
  • 医学部の総定員は21年度までは現状を維持し、22年度以降は人口減などに伴い減らす方向で検討する。

出典:日本経済新聞

医学部志願者数

志願者数
2007年69,421人
2008年72,056人
2009年73,229人
2010年76,850人
2011年79,657人
2012年82,344人
2013年93,739人

長期の経済停滞、特にリーマンショック以降、医学部の人気は高まっている。東洋経済新報社の調査によれば、2007年度と比較して2014年度入試では、私立医学部志願者が55%も増加したとのことである。

医師総数推移

年度医師総数人口人口10万人当たり
1950年76,4468300万91.9
1960年103,5499300万人110.8
1970年119,6641億300万115.4
1980年156,2351億1000万133.5
1990年211,7971億2000万171.3
2010年295,0491億2800万230.4
2012年303,2681億2700万237.8

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 東京オリンピック頃医師34万人、、、そろそろ過剰かな、、、 -- 2016-09-20 (火) 23:18:49
  • 団塊の世代(現在70歳前後)が10〜15年後に鬼籍に入られた後は、極端な医師過剰時代が到来する。現在でも都市部での競合が激しくなって自分の収入は年々落ちている。AIが医師に取って代わる時代もあっという間。医学部学生の息子の将来が心配。 -- 2017-12-28 (木) 00:44:39
  • 山間部や離れ小島などの僻地は医師不足が続くので御子息はそちらに行かれたし。心配不要。 -- 2017-12-28 (木) 01:47:49
  • その頃、僻地には人がいないよ -- 2017-12-28 (木) 08:50:18
  • うむ -- [b4061f95] 2018-02-09 (金) 14:51:32
  • 医師は安泰 -- [729d1d6c] 2018-02-10 (土) 11:10:14
  • それな -- [b414fd08] 2019-02-06 (水) 09:50:05
  • 医師不足続く→https://www.msn.com/ja-jp/news/national/2036年の医師不足24万人-厚労省試算-「偏在解消」達成できず/ar-BBTExAU?ocid=spartandhp#page=2 -- [db6ee6dc] 2019-02-16 (土) 11:59:39
  • 厚生労働省が将来の地域の医師数を新たに試算した結果、医師の偏在を解消する目標年としている2036年でも全国335地域のうち約220地域で約2万4000人の医師不足が見込まれることが、関係者への取材で判明。厚労省は試算に基づき青森、千葉、静岡、山口など15県を「医師少数区域」と定め、地元で一定期間働くことを義務付ける大学医学部の「地域枠」を重点的に配分するなど対策を加速させる予定。 -- [db6ee6dc] 2019-02-16 (土) 12:08:59
  •  4月に施行される改正医療法は、ほぼ都道府県単位の「3次医療圏」と、県内をブロックに分けた「2次医療圏」ごとに、医師不足の地域を定めるとしている。その指標として、人口10万人当たりの医師数を基に、年齢・性別による受診率、昼夜の人口差、医師の労働時間などを考慮して、実際に働く医師数と必要な医師数を算出。 -- [db6ee6dc] 2019-02-16 (土) 12:09:33
  • 36年の試算では、2次医療圏で見ると奈良県を除く46都道府県で医師不足の地域があり、不足分を積み上げると約2万4000人に上る。3次医療圏全体で見ても、新潟、埼玉、福島など12道県で計約5320人が不足。 -- [db6ee6dc] 2019-02-16 (土) 12:09:59
  • 厚労省の有識者検討会が昨年4月にまとめた医師需給推計では、医師の残業時間の上限を過労死認定の目安の月80時間(休日労働を含む)とすると、28年ごろにその時点で必要な医師数34万9000人を満たすとしていた。今回の試算は、全体数を増やすだけではなく偏在の解消が急務であることを示している。 -- [db6ee6dc] 2019-02-16 (土) 12:10:50
お名前: