2015年〜2019年の財務状況の平均値のようだ。

No大学経収事業純構学金経補経寄付人件教研医療
1岩手-2.32.475.516.37.01.943.652.654.9
2東北医薬-7.3-2.878.222.330.850.647.567.5
3獨協2.32.358.96.03.91.437.956.160.3
4埼玉8.28.185.66.85.21.142.345.359.8
5国福3.36.969.619.53.71.940.929.457.6
6杏林0.61.070.821.14.70.944.048.840.5
7慶應3.76.275.934.18.84.044.049.450.5
8順天堂4.54.783.84.94.71.135.856.654.9
9昭和3.43.677.98.16.60.743.948.9?
10帝京7.35.695.133.55.41.039.246.3?
11東医-0.4-0.564.45.03.01.040.456.847.6
12慈恵4.34.269.82.95.50.839.152.255.5
13女子医1.33.151.95.16.00.941.751.863.6
14日医2.52.251.96.66.00.742.848.762.0
15日大4.94.678.856.07.92.348.633.966.9
16東邦0.61.963.314.55.21.847.946.363.2
17北里0.81.084.019.26.01.046.149.660.5
18聖マリ2.93.151.66.46.50.642.351.539.6
19東海3.82.379.435.010.41.146.642.574.1
20金医-3.1-3.265.417.35.82.847.552.638.4
21愛知-1.8-1.546.211.64.81.142.257.135.9
22藤田8.39.072.69.55.20.938.649.255.6
23大医3.910.873.418.55.31.447.044.166.9
24関医8.88.674.45.23.50.639.748.761.1
25近畿5.85.087.441.47.10.643.245.938.3
26兵庫4.7-3.265.413.64.82.341.652.642.8
27川崎19.120.085.218.04.11.339.139.756.6
28産業医1.81.986.810.510.90.941.750.745.5
29久留米-0.50.572.019.06.31.849.644.854.3
30福岡0.51.183.735.47.91.352.742.257.3
  • 経収:経常収支差額比率
    =売上高経常利益率であり、収益性の指標であり高い方が望ましい。意外と川崎が良好な数値であり、教育活動外収入も多いため、決して学費に頼っているわけではないようだ。
  • 事業:事業活動収支差額比率
  • 純構:純資産構成比率
    =自己資本比率であり、負債の多い日本医科大学がダントツの最下位である。
  • 学金:学生生徒等納付金比率
  • 経補:経常補助金比率
    経常収入に占める補助金の割合であるが、東京医科が例の問題で怒られたため最下位である。
  • 経寄付:経常寄付金比率
    やはり三田会の力は大きく、経常収入に占める寄付金の割合は慶應がダントツである。
  • 人件:人件費率
    ソルジャー医師に給料を払わない順天堂がトップ(最小値)である。
  • 教研:教育研究経費比率
  • 医療:医療収支比率

参考文献:週刊ダイヤモンド2021年10月9日

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 草 -- [7e3393a8] 2021-10-05 (火) 22:31:45
  • 神! -- [7e9e5d4d] 2021-10-06 (水) 11:19:20
お名前: