日本大学千駄木医科大学

大学データ

大学解説

 東京都文京区に位置する旧制医科大学である。大正15年に慶應義塾大学医学部東京慈恵会医科大学に次いで高等医学専門学校から旧制医科大学に昇格した。旧制医大は予科3年 学部4年の7年制であり、5年で卒業できた旧医専とは一線を画した。この事実が私立御三家と称される所以である。後に昇格した日本大学医学部と合わせて私立旧四と称され、私立医学部では4校のみが新制大学移行直後から学位審査権を有したという歴史がある。
 試験形態は、2016年までは110人程度を一括募集であり、補欠順位は毎年公開されている。1次試験を通過すればほぼ合格できるという傾向から、純粋な学力勝負の印象が強い大学である。その後、後期試験が加わり、1次試験合格=最終合格の図式はやや崩れたが、それでも学力でほぼ決まる大学と言ってよい。他大学が、募集枠を小分けにして偏差値を見かけ上高くしていることを考えると、わかりやすい募集形態は非常に評価できる。難易度に関しても、2018年に学費を下げて以降は御三家の地位に返り咲いた。
 再受験生に対しては、比較的寛容な姿勢を取っている。再受験生・多浪生は1学年に4〜10名程度は在籍し、2007-2009では30歳以下が最高齢であったが、2010年には30代の学生も複数人入学している。他の上位の医学部は概ね現役主義であり、再受験生の目標とする最も高い目標校の一つと言える
 大学生活に関しては、比較的穏やかに過ごすことができる。2015年に新カリキュラム移行と同時に外部の医学部長が就任し学生への締め付けが厳しくなったが、医学部長交代、仮進級の復活、学力レベル再上昇により、元の居心地の良い環境に近づくのではないだろうか。

入試の変更点

2019年

  • 一般後期入学者選抜試験「センター試験(国語)併用」が追加された。定員は10名であり、それに伴い、前期試験の定員が90名に減ることとなった。英語、数学、理科、センター国語が1次試験である。面接、小論文が2次試験である。一般後期入試との併願は可能である。
  • 前期1次試験会場として、本学武蔵境校舎および千駄木校舎に加え浜松町コンベンションホールを追加した。

2018年

  • 学費減額。2770万円→2200万円。

2017年

  • 後期試験が課されることとなった。定員は18名。

入試傾向

全体

 数学は難しいが良問であり、国公立の対策をしていれば解くことはできる。英語は詳細な読解が求められ、差がつくところ。物理化学は偏差値の割りには易しい。

英語

90分、長文3題、英作文1題の構成。7割が目標。
文法・語彙の知識を試す穴埋め問題や選択問題が多い。ただ、和訳や英作文も課される。大問3の問題文は英語である。英文量はそれほど多くはないが、和訳問題で正確な内容把握をする必要がある。英作文は1行程度であり、基本的な文法事項をマスターしていれば失点はしない。2015年には内容一致問題の解答根拠を記述するという独特の形式が出題された。内容一致問題に関しては、かなり詳細な文章内容の把握を求められる。

数学

90分。数学の難易度が高いと有名であるが、出題者の変更などで傾向の変化もあり。近年特に簡単だった年は、2008年、2013年であるが、2014年以降も難しい問題が出題されている。記述形式の問題であるが、誘導あり。
大問1は小問集合である。大問2-3は難易度の高い微分積分の問題である。国立医学部にあるような、高い思考力が必要な問題がある。

化学

5題程度。計算量、分量が多い。慣れていないと時間が足りなくなる。

面接

形式時間面接官学生
個人面接10分31
集団討論30分36

(↑2013,14年度の場合)

 集団討論は部屋、日時によって形式やテーマが異なる。形式らしい形式はなく各人自由に発言するといったものであり、例年名札を手に持たされ、試験官からの誘導がある。2012年度までは討論に40分をあてていたが、2013年度から30分に短縮された。かなりの時間を面接に割いているものの、討論でほとんど喋らなかった人が正規で合格することもあるので、討論や面接はそれほど重視していないのではないかと思われる。小論文については不明。

 よく言われるように、日医は1次の点数で決まると思っていても間違いないようだ。ただし例年、二次試験を受けた全員に補欠番号がつく訳ではない。(単に一次の成績順の可能性もある)ちなみに、討論と個人の面接官は同じ3人が担当し、集団討論の後にひとりずつ個人面接をする。

討論テーマ

  • 原発継続の是非について(2013年2日目)
  • 若者の理系離れについて(2013年2日目)
  • 地域医療について(2013年1日目)
  • インターネットの功罪
  • ワーキングプア問題
  • 外国人介護士の受け入れ
  • オンリーワンとナンバーワン
  • ニートの増加について
  • 命の大切さの啓発の仕方
  • 高齢化社会における対応の仕方
  • スポーツは健康に役立つか
  • 経済成長と環境問題

個人面接質問

  • 集団討論の振り返り
  • 医師志望の理由
  • 部活動
  • 調査書の内容について
  • どんな医師になりたいか
  • 家族について
  • ボランティアの経験
  • 大学でやりたいこと
  • 女性として医師になること
  • 臨床医か研究医か

小論文

年度文字数内容
12500字〜600字災害時の避難警告に対して、眠いから先に行ってくれというBさんを置いて避難したAさんの行動についての文章を読み、あなたの考えを述べる。
11500字〜600字人間と動物の本能・生活習慣の違いなどを解く文章を読み、あなたの考えを述べる。
10「医学を変えた発見の物語」の抜粋を読み、医療において、研究・臨床・教育がどのように連携しているのか考察する。
09600字以内医療における偏見について思うところを述べよ。
08市野川溶孝の「隔離される体」を読み疾病対策についての2つの意見について述べる。

合格ライン

1次試験

6割弱が通過ラインか。

2018年

  • 630で通過!
  • 通ったよー6割ちょいかなー
  • 数学3割 英語8割 生物8割 化学7割で通過
  • 数学3割化学6割5分生物9割英語8割で通ったわ

2017年

  • 数学3割で通ってわろた。
  • 英語7.5数学5.5化学4.5物理8割で通ってました。
  • 英語7割数学6割化学8割生物9割で通りました。
  • 自己採590/1000で通ったよ。
    出典:コメント欄2017年1月30日

2次試験

60%を取れば補欠にはもぐりこめそう。

2018年

  • 6割で受かった。
  • 正規。自己採点では数学4割、化学6割、生物9割、英語8割ほどです。
    出典:当サイトコメント欄2018年2月7日

入試の所感

2019年

全体

  • 浜松町だけど今年受験生多くないか?今年は来年より慈恵蹴りも増えるのは間違いなさそうなので、今年か来年には慶応の次点という日医お決まりのポジションに戻りそう。
  • 浜松町2310人ってまじ?ソースはメルリックス学院のtwitter
  • 武蔵境1800と浜松町2300で計4100人くらい受けてんの??

英語

  • 英語は普通か。

数学

  • 数2割のワイ2年間何してたんだろう…
  • 半分 取れたか ぐらいなんだが 大丈夫かこれ。
  • 去年より完答できる問題が減った気はする。総じて難しい印象を受けてる気がするけど。実際あんま変わんないかも?
  • ここ三完は理轡譽戰襦

理科

  • 理科は割と簡単やったから、理科7割はいるんちゃう?数学5割で英語6割5分なら一次通過できると予想、まあ俺の左前の現役生数学全然埋めてなかったから数弱の女子とかを合法的に消そうとしたんだろ日医賢いな。

2018年

英語

  • これ8割なきゃ受からんな
  • 前半マークは1ミスまで英作は採点知らんから何とも言えないけど、英作以外はほぼできてないと受からないかもね。記述の減点以外はパーフェクト
  • 英語は発音アクセントが難しかったな

数学

  • 英語数学難易度どう?
    • 英語変わらず数やや難くらいやない?
  • 数学難しかったけど、学費値下げで受験者レベルがかなり上がってるはずだから、一次合格も六割は下らないだろうね

2015年

2015年日本医科大学一般入試

2014年

日本医科大学2014年入試の感想

補欠の繰上り

私立医学部としてはかなり多く、毎年150〜200人程度繰り上がる。しかし、繰り上がりのペースは年によってまちまち。2011年度入学の際は3/20時点で150番くらいまで繰り上がっていたが、繰り上がり数そのものを減らした2012年度は3/27時点で130番くらいまでしか繰り上がらなかった。例年、60番ぐらいまでは正規合格発表の翌々日(もしくは土日明け)に繰り上げの連絡がある。

年度別・補欠繰り上がり状況

201020122013
日時補欠番号日時補欠番号日時補欠番号
2/1860番台2/2060番台2/2080番台
2/27112番3/580番台
3/12120番台3/11100番台
3/15140番台3/1595番
3/24160番台3/27136番
3/29190番台3/30140番台

※2010年度の合格発表は2/16(火)
※2012年度の合格発表は2/17(金)
※2013年度の合格発表は2/18(月)

年度別・合計繰り上がり数

入学年繰り上がり数
2003120
2004110
200595
2006190
2007190
2008170
2009180
2010200
2011222
2012154
2013160
2014170
2015180
2016210

入試結果

志願者数等

年度定員志願者数受験者数1次合格者2次合格者補欠
201710022002096334100211
18118910301501860
201611622412132413116270
201511422952035415115243
201422321943414114242
201319371799395114241

引用:日本医科大学ホームページ

入学者現浪比

入学者現浪比は2005年以降毎年5区分で公開されていたが、近年では2011年が4区分、2012年に至っては完全非公開、2013年も4区分と試行錯誤している。
2005年以降、4浪以上の年齢の入学者数は毎年約10名程度であり、2014年もやはり10名であった。
ここ数年、再受験寛容度は「かなり寛容」であり、優秀な再受験生の受験選択肢に入り得る。

日本医科大学入学者現浪比

学費大幅値下げ

 私立医学部の学費を参照すると、日本医科大学の学費は2800万円程度であり、私立医学部の中では10番目程度の位置付けであった。2008年度頃から始まった学費値下げ競争には参入せず、何校もの大学に学費の点で追い越されていた。入試難易度は学費に比例するが、日本医科大学の場合は歴史と伝統があるために、この学費の高さに比して高い入試難易度を維持していた。しかし、ここにきて2018年度入学者から学費の値下げをすることとなったのだ。それも大幅な値下げであり、2800万円から2200万円となり、特待生は1950万円とかなり安くなる。

  • 学費(2018年度より)
    区分一般特待生
    初年度2年次以降6年間合計初年度6年間合計
    入学金100-100100100
    授業料2502501500免除1250
    設備費100100600100600
    合計45035022002001950
    ※単位:万円
    参考:2017年7月1日発表
    日本医科大学

学生生活

日本医科大学の学生生活

コメント欄

過去のコメント

コメント/日本医科大学2013年3月以前
コメント/日本医科大学2013年4月〜2014年1月
コメント/日本医科大学2014年2月
コメント/日本医科大学2014年3月
コメント/日本医科大学2014年4月〜12月
コメント/日本医科大学2015年1月
コメント/日本医科大学2015年2月A
コメント/日本医科大学2015年2月B
コメント/日本医科大学2015年3月A
コメント/日本医科大学2015年3月B
コメント/日本医科大学2015年4月
コメント/日本医科大学2015年5月〜7月
コメント/日本医科大学2015年8月〜10月
コメント/日本医科大学2015年11月〜12月
コメント/日本医科大学2016年1月
コメント/日本医科大学2016年2月A
コメント/日本医科大学2016年2月B
コメント/日本医科大学2016年2月C
コメント/日本医科大学2016年3月A
コメント/日本医科大学2016年3月B
コメント/日本医科大学2016年3月C
コメント/日本医科大学2016年4月
コメント/日本医科大学2016年6月〜9月
コメント/日本医科大学2017年1月A
コメント/日本医科大学2017年1月B
コメント/日本医科大学2017年1月C
コメント/日本医科大学2017年2月A
コメント/日本医科大学2017年2月B
コメント/日本医科大学2017年2月C
コメント/日本医科大学2017年2月D
コメント/日本医科大学2017年2月E
コメント/日本医科大学2017年2月F
コメント/日本医科大学2017年2月G
コメント/日本医科大学2017年2月H
コメント/日本医科大学2017年3月A
コメント/日本医科大学2017年3月B
コメント/日本医科大学2017年3月C
コメント/日本医科大学2017年3月D
コメント/日本医科大学2017年4月〜5月
コメント/日本医科大学2017年6月
コメント/日本医科大学2017年7月
コメント/日本医科大学2017年8月
コメント/日本医科大学2017年9月〜10月
コメント/日本医科大学2017年11月〜12月
コメント/日本医科大学2018年1月A
コメント/日本医科大学2018年1月B
コメント/日本医科大学2018年2月A
コメント/日本医科大学2018年2月B
コメント/日本医科大学2018年3月
コメント/日本医科大学2018年4月〜7月
コメント/日本医科大学2018年8月〜11月
コメント/日本医科大学2018年12月
コメント/日本医科大学2019年1月
コメント/日本医科大学2019年2月A
コメント/日本医科大学2019年2月B
コメント/日本医科大学2019年2月C
コメント/日本医科大学2019年3月A
コメント/日本医科大学2019年3月B
コメント/日本医科大学2019年4月〜7月
コメント/日本医科大学2019年8月

政治経営情報

学内の政治経営情報はこちらへ
日本医科大学学内政治経営情報


現在のコメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 大阪医科大学に勝てない。 -- [afb12873] 2019-09-20 (金) 18:06:41
  • 順位気にしすぎて日医スレ張り付いてるのは不正堂工作員ですよ(^^)日医値下げ前の5年間は同じくらいだったけど、値下げ後は完全に日医>>順天ですね。 -- [3c71543c] 2019-09-21 (土) 01:53:40
  • https://www.kawai-juku.ac.jp/exam-info/kinki/inochinomori/information/ctg01/018/ -- [3c71543c] 2019-09-21 (土) 01:54:55
    • 合格者に占める偏差値67.5以上の割合→慶應97%、日医78%、慈恵72%、順天61%、大阪医科54%、昭和・関西医科51% -- [3c71543c] 2019-09-21 (土) 01:57:15
      • これ見ると順天堂は日医慈恵よりも昭和に近い -- [3c71543c] 2019-09-21 (土) 01:57:42
      • あと弘前の5%も逆にすごいな -- [7e5acaeb] 2019-09-21 (土) 08:20:00
  • どう考えても入学後は順天堂の方が良いよ。学費安いしストレートで医師になりやすいし。 -- [0148037f] 2019-09-21 (土) 17:55:02
  • 順天日医ダブル合格の場合、7割以上順天に進学しそう -- [0148037f] 2019-09-21 (土) 18:04:46
  • それは無い。去年の麹町だと日医順天のダブル合格では去年だと9割型日医進学してる。 -- [7e2385bd] 2019-09-21 (土) 18:53:07
  • 日本医科大? 日大医学部? -- [afb1287e] 2019-09-21 (土) 21:38:19
  • https://imgur.com/gallery/DMXnYTx -- [3c71543c] 2019-09-22 (日) 10:12:28
    • 2015年駿台全国模試合格者平均偏差値→慶應73.9慈恵67.4日医64.9順天64.2大医63.7昭和62.8関医62.2東邦60.3 -- [3c71543c] 2019-09-22 (日) 10:14:49
      • 日医2800万円時代でも日医>順天 -- [3c71543c] 2019-09-22 (日) 10:15:18
    • 2016年。。。 -- [afb1287e] 2019-09-22 (日) 11:24:47
  • 2016年の合格者平均は、順天堂の方が上なのですが。。。 -- [afb1287e] 2019-09-22 (日) 13:26:12
    • 2016年に一瞬0.3だけ上回ったけどその翌年に値下げされて離されたんでしょ。 -- [7e21062b] 2019-09-22 (日) 15:16:44
      • それだと 日医2800万円時代でも日医>順天 にはならないのでは?。。。 -- [afb1287e] 2019-09-22 (日) 17:19:55
  • 今は日医>順天!不正入試と無給医で順天を選ぶ人はいません。 -- [77adea70] 2019-09-22 (日) 18:33:15
お名前:
添付ファイル: filenitii.jpg 3920件 [詳細] fileniti.jpg 2537件 [詳細]