概要

 予備校には医学部受験の専門予備校というものがある。医専と呼ばれ、駿台予備学校河合塾代々木ゼミナールといった大手予備校とは趣を異にし、私立医学部受験のみを目標とする。大手予備校が大教室で画一的、低額であるのに対し、医専は少人数で個人指導、高額であるという特徴がある。試験会場に見られるような広告費に大量の資金投入、頭のいい人は安くなり、それで合格者数を水増ししていることも多い。
 医専は管理体制の厳しいところが多く、自分で勉強を管理できない人がそれを求めて入塾してくる場合が多い。そのため、医学部受験者専門と言っても下のクラスは学力レベルがかなり低い。それでいて、なぜか高い合格率を公表しているが、「レベルの低い人がぐんぐん学力を伸ばして合格しているのではない」ということに注意したい。合格している大部分の人は元々学力の高かった人たちだ。レベルが低くても医専に行けば合格できるという考えを持っている人は、なかなか合格できないだろう。自身の学力を自覚し、厳しいカリキュラムをこなさなければ合格できないといった覚悟のある人が結果を残しているし、そういった人に向いている予備校である。自分で課題を探して勉強できる人は行く必要はない。講師が見張っていないと授業を受けれない、予習できない復習できない人は医専の対象である。
 医専の情報は非常に少なく、これこそ医専自身によって操作的な情報が我々に与えられている。真実を知るべく生の声をいただきたい。

選び方

 そもそもが、医専というのは暴利である。授業というサービスを売るため、値段は言ったもの勝ちである。医師の家庭は金銭的な余裕があるため、多少は高くても「出来の悪い我が子を管理してくれるなら」ということでお金を出すことができる。だから暴利でも人は集まる。同じ授業をしても他学部受験であればこの値段で人を集めることは難しいであろう。一方で貸しビルの一室を教室にしているだけだから開校費用もないに等しい。「校舎がいくつもあります!」って言っても単にビルの一室を借りただけ。自社校舎なら信頼できるけど。
 日常の管理までを任せるのだから、暴利ながらに誠実なところを選ぶことが大切である。

  • 医専の中では授業料が安め。
  • 授業料がホームページに記載されている。
  • その予備校の概要がホームページに記載されている。
    設立年すら書かれていないところも多い。
  • 名前が紛らわしくない。
    昔、豊田商事事件というものがあった。老人を狙った詐欺であり、最終的には豊田商事会長の永井は人々の恨みを買ってこの世を去った。「豊田商事」という会社名は「トヨタ」とは全く関係はないが、「豊田」とつけることで何か関係あるのかと顧客が勝手に勘違いし、勝手に安心するという効果があったのだ。医専の中にもこの手の命名をしているところがある。そうしたところは大抵他の不誠実要素も持ち合わせているのであえて選択肢には入れないとは思うが。

医専の存在意義

 個別で生徒を叱咤して勉強させる方法というのは昔からあった。それこそ「教育ママ」と呼ばれる人種が小学生のころから塾に行かせて他児童からアドバンテージを取り、優秀な成績を収めるのだ。これは本人の地頭は関係なく、小学生ぐらいの簡単な問題であれば先取り学習で誰でも好成績を収めることができるのだ。しかし、中学生高校生になってくると様相は変わってくる。小学生の時に塾へ行っていなかった頭のいい生徒達が上位を占めてくるのだ。この生徒達は塾に行かずに好成績を収める。さらに、こうした生徒は運動もできる。小学生時から塾へ行ってブーストしていた人達は地頭の差でどうしようもならなくなる。親もここで限界を感じる。昔は教育ママの英才教育はここで終了し、小さい頃に頑張っても結局は大学受験は落ち着くところに落ち着くというのが現実であった。
 しかし、医専の登場でその様相は変わった。昔ならば高校の勉強で淘汰されていた生徒達を、がんじがらめの個別指導で医学部合格まで引き上げるのだ。こうした生徒達は、「授業に集中できない。」「自分で予習復習できない。」といった明らかに勉強に向いていない性質を持っているが、そこを24時間管理で訂正していく。叩いて叩いて勉強させて、「他は何も出来ないけど勉強だけは」ぐらいの勢いで点を取るために努力させる。結果的に一部は医学部に引っかかる。昔ならばブーストは小学校、よくても中学校前半までであったが、それを大学受験終了まで持続させたのが医専なのである。

医専の評価

総論

  • そもそもの疑問なんだけど(おれも予備校選びで参考にしたいんだけど)、なんでみなさんわざわざお金も高くて実績も悪い医専に行くんですか?なんで河合塾や駿台じゃないんですか? 少なくともお金と周りの生徒の質は段違いで河合塾駿台の方がいいと思いますが。
    • 河合駿台は基本放置だから。医専は面倒みてくれるからじゃない?夜間の指導まできちっとみてくれる人いないと勉強出来ない人がいっぱいいるんだよ。
    • 俺はクラス30人以内が一番過ごしやすいし、勉強できる空間だと思う。多すぎるとストレス感じてたかも?
    • わかりました。面倒見ってことね。でも、それだと医学部入っても留年放校になりそう。
    • 医専はその人にとって最高の環境かそうでないか真っ二つに別れやすい。大手は特に文句なしって感じ。

Good

  • 規模にもよるけど大抵の医専で受かるのは、ほとんどトップ1、2のクラスのみじゃないかな。だから医専に入ったら上のクラスにいないと厳しい。
  • 医専のよさは少人数。 やはり金はかからが面倒見がいい。これに尽きるね。だからそこに群がる奴がいる。 でも実際は自分のやる気次第で向こうも接し方が違うから自分次第。 ただ、一つ言えるのはその医専学生バイトを使ってますか? そこに気をつけて! 学生バイトに質問対応とか講師やらせてるところは絶対にやめるべき。 ちゃんとプロが全てやってるのかどうか。そこに注目!

Bad

  • 医専は、だいたい少人数制だから人間関係がウザいし、クラスの人数が少ないだけに、自分だけ単独行動もさみしい感が大きいんだよね。自分に厳しい人じゃないと周りに流されるよ。
  • 金額は、大手私立コース+家庭教師の倍みたほうがいい。苦手科目は少人数クラスでも、消化不良気味に進んでいくし、個別授業を取ったりして、パンフの金額では収まらない。
  • 甘い人が多いから、医専の生徒は結局医学部は挫折する人が非常に多い。入学テストがあるとこは別にして。
  • 医専行く人は、合格者を盛ってる予備校もあるから、それで決めるのは止めるべき。実際に通った知り合いいたら意見貰うべきだよ。(2017年2月7日)
  • 医専通ってるけど、去年通ってた生徒が別の予備校行って受かった実績とか二次対策だけ来た人の実績とかまで含めてて引いた。よく調べた方がいいよ。(2017年2月7日)
  • 本当これ。俺再受験でこないだ受験終えたんだけど、前期のときtocで都内医専のパンフ2,3枚貰ったのね。んで、知識0→一年で国立や慈恵みたいな人が載ってて。何かこの人見たことあるなって思ってHP見たら、4.5年くらい昔の人だった。要は、パンフに載ってる人は去年受かった人じゃない可能性が凄く高くて、何年も使い回ししてるだけ。知り合いは凄く賢かったのに、体験談で「落ちこぼれのわたしでも受かった」って書いてあって、アテにならないなと。(2017年2月7日)
  • ここで実力あるなら大手の方がいいって意見多いけど、実力ない人も本当に良心的なとこ探さないと医専の養分で終わるよ。結局医専で結果出すのははじめから成績上位の人だから。(2017年2月10日)
  • 医学部予備校の実態は詐欺。ネットなどでは医学部予備校はいいことを書きたがる関係者がいるが生徒たちの苦しみを知らない。金だけとって下は見捨てる。
  • 講師のクオリティが低い学費だけクソ高い小規模なところに通うのだけはやめとけ。
  • てか、小さいところは情報量と講師とノウハウが不足してて、大きいところは、出来ない奴はどんどん捨てられて餌にされる。
  • 麹町市ヶ谷宅浪の人はYMSとかメル否定してたけど、俺はむしろその2つはまだマシな方だと思う。本当にやばいのは小規模で異常に良い実績を掲げてるとこ。前にもやめとけって名指しで書かれた医専にいたことあるけど、面談なんで年に1回か2回、毎週できないか聞いたら追加料金月5万かかるだと。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 医専の中でも学費高いところに行くメリットは? -- 2019-03-23 (土) 08:09:18
    • 学費高いところほど変な謳い文句あるよね。 -- 2019-03-23 (土) 09:54:34
お名前: