概要

設立年予備校名
1969年野田クルゼ
1979年東京医進学院
1980年?メビオ
1981年YMS
1992年レクサス教育センター
1995年富士学院
1999年ウインダム
2000年メルリックス学院
2006年メディカルラボ
プロメディカス
2010年代複数の医専が設立

代官山MEDICAL東京メディカル学院メディックTOMASなどは設立年をわかりやすく記載しておらず、不詳である。

解説

 医学部専門予備校は運営者が儲かる。ゆえに近年になっても新たな医専が乱立されている。設立間もなくて大したノウハウもないのに潰れない。理由は暴利だから。授業というサービスにあれだけの授業料を設定すれば赤字にはなるはずもない。受験産業などもう飽和状態であるのに、これだけの新規参入があることは他学部では考えられないことである。それでいてあまり潰れない。潰れたのはアムスぐらいか。
 話はそれたが、上記表は受験生が予備校を選ぶ時の一つの材料になればと思い作成した。決して医専を推し進めるわけではないが、人それぞれ合う勉強環境があるだろう。一つのかたちが医専でもいい。ただ、新規参入で飾りつけばかりが達者な医専もあるため、どれだけの年月をかけてノウハウを蓄積してきたがも重要な選択要素である。その一つの情報として上記を参考にしていただきたい。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 新興予備校に入る人っているの?メリットある? -- 2019-03-16 (土) 08:36:31
    • むしろそこに入ってる人にメリット教えてほしい。 -- 2019-03-16 (土) 12:16:23
    • どういう人が入るのか知りたい。そもそも医専には入らないが、入っても昔からあるとこだろ。 -- 2019-03-16 (土) 16:01:49
お名前: