概要

 元々予備校の起源としては明治時代までさかのぼるが、大手予備校は1970年代から1990年代の受験バブル期において急成長し、頭角を現した。この時代は、一年浪人することが当たり前とさえする文化ができ、実に40%近くが浪人する年もあった。ちなみに現在の浪人率は15%程度である。この時代にまず駿台予備学校が台頭し、次いで河合塾、その次に代々木ゼミナールが出てきた。
 長らく三大予備校と呼ばれていたが、2014年に代々木ゼミナールが大幅事業縮小を打ち出し、世間の現役中心主義もあってか東進ハイスクールにも水を空けられる結果となった。現時点では、駿台予備学校河合塾の二大予備校であり、それぞれ難関校、中堅校とターゲットが住み分けされている。

予備校名コピー得意分野生徒数
駿台予備学校第一志望は、ゆずれない。医学部
河合塾すべては一人ひとりの生徒のために中堅国公立私立
代々木ゼミナール志望校が母校になる。私立文系
東進ハイスクールおそらく天才でない君へ 努力の天才であれ現役

メリット/デメリット

 テキストや授業が洗練されている。そうしないと生き残れないため必然的にそうなる。反面、大規模で画一的な授業となるため、自身で問題点を消化できない人には向いていない。いい授業を与えられても消化できなければ合格できない。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 医学部受験であれば河合塾か駿台の二択だな。 -- 2019-03-30 (土) 08:45:52
お名前: