概要

設立1995年
校舎東京御茶ノ水、東京十条、名古屋、大阪、岡山、小倉、福岡、鹿児島
学生寮直営寮あり
寮費校舎や寮によって異なる
生徒数400名以上

概要

  • 1995年に設立された福岡校に端を発し、現在では主要都市に8校もの校舎を持つ医専である。2019年1月に東京十条校と大阪校が新たに設立された。
  • 医専としては規模が大きく、全国8校舎の高卒本科生を合わせると300~350名ほどの生徒が在籍している。現役生や個別指導生を合わせると400名を超える規模である。
  • 入学者の選抜試験は行っておらず、スタート時の学力レベルは問わない方針をとっている。
  • 合格実績は安定して高く、2018年・2019年・2020年と3年連続で在籍生徒の半数以上を医学部医学科に合格させている。特に西日本の医学部を得意としている。
  • 近年は国公立大学医学部への合格実績も伸ばしてきている。(2020年度は55名が受験し、44名が合格)
  • 数年前まで学費が600万円を超える高額であった。そのため優秀な生徒もあまり集まらず合格実績もぱっとしなかったが、1クラスあたりの人数を増やし学費を大幅に減額。これを機に生徒数が増加し、合格実績も飛躍的に上昇した。
  • 生徒への締め付けは比較的緩い。予備校側が勉強する雰囲気を作り出し、生徒が自主的に勉強することを促す教育方針をとっている。
  • 予備校自体の雰囲気はアットホームであり、生徒への面倒見の良さを売りにしている。
  • 生徒の人数に対して教務職員の人数が多いのが特徴で、入学すると生徒一人一人に担当の教務職員がつき生徒のサポートを行っている。
  • 毎週土曜日にその週の復習テストをおこなう。10月後半からは復習テストが終了し、各大学のプレテストなどがおこなわれる。
  • 医学部に進学した卒業生や医師で構成される富士学院OB会が存在する。(2019年現在の会員は700名ほど)

評価

メリット

  • 毎年、予備校内の半分くらいは受かるという雰囲気なので、成績上位にいなくても諦めずに頑張っている人が多く、受験直前期でも予備校内の雰囲気は比較的良い。
  • 成績下位のクラスでも講師のレベルは高く保たれている。
  • スタッフの人数が多く、とにかく面倒見が良い。ここは富士学院の売り。

デメリット

  • 生徒の自主性とやる気を引き出す指導方針をとっており、ガチガチに生活管理をする予備校ではない。したがって拘束・強制されて勉強したいという人には向かないかもしれない。
     

コース

富士ゼミ(高卒生本科コース)

  • 8~10名の少人数授業を行うコースである。高卒生を対象としている。1コマ100分の授業を1日3~5限おこなう。
  • 入学の際に選抜試験などはなく入学希望者は基本的に全員入学できる。
  • 面接指導に力を入れており、春の開校時から入試直前まで年間を通じて面接指導が定期的に行われる。
  • 基礎学力に不安のある生徒に対しては、基礎力養成のための補習授業を科目ごとに平日の夜間自習の1時間を利用し毎日実施している。
  • リフレッシュタイムと称した近くの公園などで運動を各自で自由におこなう時間が週1回ほど時間割に組み込まれている。(基本的に夏期講習の前まで実施されるが校舎によって違いがある)
  • 模試や学内テストの結果と順位は貼りだされ、上位者は名前が公開される。全校舎の富士学院生内での自分の順位を確認できる。

私立医学部コース

  • 1-クラス8名程度。
  • 選抜試験なし。

国公立・私立併願コース

  • 数学・理科・英語は、私立医学部コース、国語・社会は国公立医学部コースと一緒に授業を行う。
  • 選抜試験なし。

国公立医学部コース

  • 選抜試験に合格した生徒のみを対象とする。
  • 定員は10名前後としている。
  • 学費が他のコースよりも低く設定されている。

個人指導コース

  • 富士ゼミ(本科コース)以外の高卒生や現役生が希望する教科のマンツーマン指導を受けるコース。
  • 授業がない日でも自習室は利用可能。
  • 講師が自分に合わない場合は希望により講師の変更にも応じてくれる。

自習会員

  • 高卒生や高校生を対象とした月額10,800円で自習室をいつでも利用できる会員制度。
  • 講師への質問も可能。

クラス

富士ゼミ(高卒生コース)のクラス編成

  • 1クラス8名以下。基本的には集団授業だが、生徒の希望によって教科毎に個別指導に切り替える事も可能。もちろん個別にすると授業料は上がる。
  • 入学が決まるとクラス分けのテストを2回受け、クラスが決定される。(基本レベルのテストとやや発展的なテスト)
  • 教科別・学力別のクラス編成ではあるが、クラスには名称が付けられておらず生徒側にはクラス間の上下関係がはっきりとは分からないようになっている。これはスタート時に学力下位の生徒のモチベーションを下げない工夫である思われる。ただし、クラスの構成メンバーを見れば何となくは分かってくる。
  • 年間を通してクラス替えは原則なく、入試直前講習の前まで最初のテストで決定したクラスに在籍し授業を受けることになる。
  • 他の医専にありがちな上位クラスを優秀な講師が担当し、下位クラスをそうでない講師が担当するということはなく、クラスの上下は関係なしに一人の講師が複数のクラスを担当している。他の医専に比べて専任の講師が多い。
     

高卒医学部コース時間割

  • 月~金曜日・・・平常授業(100分×3コマ~5コマ/日)+夜間添削or基礎補習+自習時間
  • 土曜日・・・(午前)自習時間、(午後)週の復習テスト
  • 日曜日・・・自習時間
    ※模試や大学別プレテストは土曜日に行われる。模試のある週は週の復習テストがない。
     

授業料

入学金200,000円
教材費200,000円
授業料国公立医学部コース1,250,000円
私立医学部コース2,995,000円
併願コース3,415,000円
個別指導コース12,600円/70分
18,000円/100分

・夏期講習では別途料金が発生する。(10万円くらい)
・入試直前講習(12月~1月)は年間の授業料に学費が含まれており追加料金は発生しない。
・前年の入試結果(一次合格、補欠合格など)に応じて入学金などの減額制度がある。
・特待生選抜テストを受験し基準点をクリアすれば授業料が減額あるいは免除される制度もある。

校舎

 富士学院の校舎はすべて直営。受験期に富士学院の生徒が各校舎を訪れた際は自習室を自由に利用でき、講師への質問も可能である。

福岡校

 1995年に開校。JR博多駅の南に位置する。2014年に新校舎が完成。富士学院の本部校である。専用食堂完備。

岡山校

 2007年に開校。JR岡山駅から徒歩7分。4~6Fには女子寮がある。専用食堂完備。

名古屋校

 2010年に開校。JR名古屋駅桜通口から徒歩約7分。専用食堂完備。

鹿児島校

 2012年に開校。鹿児島中央駅から徒歩約1分。専用食堂完備。

小倉校

 2016年に開校。JR小倉駅新幹線口から徒歩約10分。富士学院の校舎では唯一、教室と寮が一体化した内寮システムを採用している。以前は「大倉学園」という医専の校舎だったが、富士学院が買収し富士学院小倉校となった。

東京御茶ノ水校

 2016年に開校。富士学院が関東エリアに初進出。以前は「富士学院 東京校」という名称だったが、十条校の設立に伴い「御茶ノ水校」に変更された。JR御茶ノ水駅から徒歩約4分。専用食堂完備。

東京十条校

 2019年に開校。JR東十条駅から徒歩約4分。専用食堂完備。

大阪校

 2019年に開校。富士学院が関西エリアに初進出。梅田に校舎がありアクセスが良い。専用食堂完備。

合格実績

  • 2018年度:在籍した生徒の半数以上が医学科に合格した。入学者の選抜試験を実施しない医専としてはかなりの好実績であると言える。
  • 2019年度:合格者のべ人数が前年を上回り、医学科の実数合格率に関しても2年連続で50%を上回った。
  • 2020年度:新設の大阪校、十条校の一期生の実績が加わる。合格者のべ人数が初めて300名を超え、医学科の実数合格率に関しても3年連続で50%を上回った。

2018年度 医学部医学科

  • 合格者実数:164名/医学科専願者:307名
     (実数合格率:53%)
  • 医学科合格のべ人数:244名

2019年度 医学部医学科

  • 合格者実数:173名/医学科専願者:333名
     (実数合格率:52%)
  • 医学科合格のべ人数:284名

2020年度 医学部医学科

  • 合格者実数:202名/医学科専願者:403名
     (実数合格率:50.1%)
  • 医学科合格のべ人数:337名

校舎別の合格実績

2020年度 医学部医学科

  • 東京御茶ノ水校
    ・合格者実数:35名/医学科専願者:53名
     (実数合格率:66.0%)
  • 東京十条校(開校1年目)
    ・合格者実数:29名/医学科専願者:41名
     (実数合格率:70.7%)
  • 大阪校(開校1年目)
    ・合格者実数:18名/医学科専願者:33名
     (実数合格率:54.5%)
  • 名古屋、岡山、小倉、福岡、鹿児島は不明

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鹿児島校もあるよ。全部で8校舎 -- 2019-03-15 (金) 16:36:14
  • 鹿児島あるのかよ! -- 2019-03-15 (金) 17:04:11
  • 進学実績すげー! -- 2019-03-31 (日) 15:19:25
  • 結構いろいろなところに教室あるんですねー -- 2019-03-31 (日) 22:22:51
  • めちゃわかりやすい! -- 2019-04-02 (火) 21:23:29
  • 実際に半分の人が合格できるんですか? -- 2019-04-02 (火) 22:19:44
    • 在籍してたことがあるけど、私立コースだと推薦一本の奴が多くてあまり受かってない。国立コースと国私併願コースは殆ど何処かしらの医学部には引っかかってるよ。 -- 2019-04-03 (水) 00:46:55
      • 後、私立コースは医学部諦めて、私立薬学部や歯学部に行くのも一定数いる。国立コースでも専願でセンター失敗した奴は国立他学部に行く奴もいるよ。(国立他学部って言っても、旧帝大クラスの大学だが) -- 2019-04-03 (水) 00:50:39
    • ありがとう! -- 2019-04-06 (土) 08:27:37
  • 自分の行ってた校舎は推薦一本の奴なんていなかったけどな。 -- 2019-04-03 (水) 07:00:26
    • 一本は言い過ぎたかも。自分が所属していた校舎だと、私立の推薦落ちた瞬間予備校に来なくなった奴が結構いたんだよね。多浪が主にだが。(これだけで校舎特定できるかも...) -- 2019-04-03 (水) 20:03:44
  • 自分は一昨年に卒業したけど確かに半分くらいは受かってたかな。推薦合格ももちろんいたけど一般も結構受かってた。ここはとにかく面倒見が良いし、富士ゼミに関しては先生の当たり外れが少ない。マンツーマンは先生の実力にむらがあるらしいけどね。 -- 2019-04-03 (水) 22:11:44
    • あくまで私が行っていた校舎の感想なので、他の校舎はどうなのか謎です。 -- 2019-04-03 (水) 22:13:32
    • 上のネガティブなコメント言った奴だけど、先生の質に関しては同意する。自分の校舎は理科と英語のレベルは高かった。大手も経験してたけど、遜色ないどころか、英語は富士の方が良かったって断言できる。 -- 2019-04-04 (木) 17:47:31
  • 大阪は出来たばかりだから未知数だね。先生も良い人が採用できてるか分からない。その点、十条は御茶ノ水の職員や先生が結構行ってるみたいだし安定感はあるかも -- 2019-04-04 (木) 21:22:12
  • 意外と話題に上がらない予備校だよな。メルとか代官山とかYMとかはコメント欄に名前が挙がってくるけど。時には不自然にエースアカデミーもあるけどw -- 2019-04-05 (金) 20:34:28
    • 元々西日本でも福岡、岡山、愛知といった地方系の私立医大を目標とした学校だからだと思う。御茶ノ水と十条にもできたとはいえ、東京における医専では新規参入組だから。 -- 2019-04-05 (金) 23:00:24
      • なるほど。これだけ校舎があるのにこのサイトの過去ログではほとんど触れられてないよな。生徒数としては多い部類なんだな。 -- 2019-04-05 (金) 23:10:50
  • これだけ校舎があって、講師の質は大丈夫なの? -- 2019-04-05 (金) 23:11:35
  • ここは結構良心的な医専だと思う。職員や講師も熱心だしきちんと授業料に見合っただけの事はしてくれる。学力が低いスタートの人でも諦めないで合格させようと一生懸命にやってくれる。欠点を挙げるとしたら西日本では実績がかなりあるけど、関東エリアでは新参なのでまだ実績がそんなにないことかな -- 2019-04-06 (土) 05:39:48
  • 富士学院は数年前に学費を下げてから合格実績が良くなった。昔は学費が高かった。 -- 2019-04-06 (土) 06:23:50
    • どれぐらい下がったの? -- 2019-04-06 (土) 09:17:29
      • 正確には覚えてないけど600万円超えてた気がする。1クラスの人数を5人から8人に増やして学費を下げたって聞いた。 -- 2019-04-06 (土) 10:07:26
      • なるほど。それはうまいやり方だな。その人数なら大して効率変わらないし。 -- 2019-04-06 (土) 11:13:58
    • 国立コース出身だけど、去年から学費が170万から100万に変わった。この値段だと、大手ともあまり変わらないから良いと思う。実質個別みたいなものだし。 -- 2019-04-06 (土) 23:13:21
  • 意外と実績あるんだな。 -- 2019-04-12 (金) 16:08:05
  • ブログ見ると大阪校の生徒は30人くらいかな。開校初年度にしては生徒が集まった方か -- 2019-04-20 (土) 06:09:55
    • 上出来だと思う。 -- 2019-04-26 (金) 15:57:02
  • 上の方の人に大体同意。英語と化学の先生は本当に大手より良かった。物理は微妙だったけど。数学は悪くなかったかな。 -- 2019-04-27 (土) 14:10:43
    • 同じ校舎? -- 2019-04-29 (月) 22:35:36
  • ここどうなんだろうね。派手な宣伝はないけど、結構校舎は拡大されている。 -- 2019-08-20 (火) 08:41:33
  • 生徒数多いよな。この人数で半分以上が受かるなら大したもんだけど -- 2019-08-23 (金) 23:05:46
  • 半分以上受かってるって本当ですか? -- 2020-02-23 (日) 13:43:58
    • そんなことあるのか? -- 2020-02-23 (日) 21:42:17
    • 生徒の半分以上受かってるのは事実だと思う。ただし推薦合格もかなり多い。(一般もそこそこ受かってるが) -- 2020-02-25 (火) 23:27:29
  • 私のこどもは現役時地方国立理系学部合格レベルから2年で受かりましたよ。本当ありがたかったです。2年間モチベーション維持できたのはここのおかげ! -- 2020-02-24 (月) 11:06:47
  • 校舎ごとの合格者数がはっきりしないので、大阪校は実際どうなんでしょう。予備校探しをしてますが校舎によって差がある気がして。。 -- 2020-03-05 (木) 15:34:38
  • 大阪校は今年が1期生なので -- 2020-03-06 (金) 08:27:33
  • 大阪校は今年が1期生なのでまだ実績はないんじゃないの? -- 2020-03-06 (金) 08:28:01
  • 大阪校では去年33名中18名受かったって言ってましたよ -- 2020-03-22 (日) 20:00:47
    • 新聞の見出し広告に大阪校から国公立6人合格ってありましたが、18人のうち6人も国公立受かってるんですか??本当に?? -- 2020-03-22 (日) 22:29:56
      • どこの新聞? -- 2020-03-22 (日) 23:13:53
      • 昨日の朝日新聞のテレビ欄の隅っこにありました。 -- 2020-03-23 (月) 08:33:00
      • ゼミ生では3人(後期は知らん) 富士学院に行くんだったら何より教師の質が良いから大阪校が良いと思う -- 2020-04-17 (金) 23:15:06
  • 場所によるとは思いますが、ここに通っておられた方、寮費は年間どのくらいでしたか? -- 2020-04-29 (水) 01:32:18
    • 福岡校でしたけど寮は予備校が借り上げてるマンションやアパートですね。いくつかグレードがあって選べました。ちょっと高級なアパートは月に10万円くらいだったかも。わたしのところは5万円くらいだったかな。まあ福岡校は人数も多いんでいくつか選べましたけど人数少なめの校舎は選択肢がないかもです。あとこれは福岡価格ので東京や大阪はもっと高いと思います。小倉や岡山は予備校に寮が併設されていますので、また変わってくるかもです。 -- 2020-05-01 (金) 14:32:09
お名前: