shuto.jpg

概要

分類公立
設立2004年4月
地域群馬県の高校
所在地群馬県高崎市新保田中町184
形態共学
偏差値-
1学年120人(男子60人・女子60人)
HPhttps://chuo-ss.gsn.ed.jp/

解説

  • 2004年に設立された新しい高校である。
  • 群馬県中高一貫教育研究会議により設立が検討された。
  • 母体となった高校は、旧県立中央高等学校である。
  • 高崎市に位置するが、実質前橋市と高崎市の境目に位置するため、75%が前橋市高崎市出身者である。
  • 開咬直後の倍率は10倍を超え、瞬く間に前高、高高と肩を並べる存在となった。
  • 現役合格率は90%を超え、その半数以上が国公立大学に進学する。
  • 中高一貫であるが、一般的な中学校+高校という形態ではなく、「中等教育学校」という特殊な形態をとっている。
    • 途中編入のない6年制学校であり、中等教育学校設立に伴い法整備もなされた。
  • 設立の経緯としては、群馬県では子供の人口が減っていく中で学校の統廃合・再編を模索してきた。その過程で、群馬の中等教育の在り方や中等教育学校の設立が検討された。

進学実績

国公立医東京京都東北
202148
20204435
201933210
20184236
20171125

参考文献:https://chuo-ss.gsn.ed.jp/%E9%80%B2%E8%B7%AF%E6%8C%87%E5%B0%8E%E5%AE%A4

高校生活

  • 6年の期間、最初の3年間を前期課程、後半の3年間を後期課程と位置づけ、学習内容を深化させていくカリキュラムを編成している。
  • 高校入試がないからといって、いわゆる「先取り授業」は行わない。あくまで学習指導要領に沿って、カリキュラムは履修される。
  • 1クラス30名の4クラス編成である。
  • 授業はディスカッションなどの協働型の学習がふんだんに取り入れらている。グループで課題を進める際は、1クラスの30人はさらに細かく分けられて、少人数による指導体制を敷いている。
  • 4年生・5年生時には「海外語学研修」(希望者)も行われる。
  • 英語教育に力を入れており、オールイングリッシュの授業もある。

コメント

コメントはありません。 コメント/中央中等教育学校?

お名前: