okayamaken.png

一覧

偏差値公私高校学科
73岡山白陵高等学校普通科
71就実高等学校普通科特進
69明誠高等学校?普通科Ⅲ類
岡山朝日高等学校普通科
68岡山高等学校普通科東大国立医学部
岡山城東高等学校普通科国際教養分野
65岡山芳泉高等学校普通科
岡山城東高等学校普通科
倉敷青陵高等学校普通科
岡山学芸館高等学校?普通科医進サイエンス
64岡山操山高等学校普通科
62岡山高等学校普通科難関大
岡山一宮高等学校?普通科
61倉敷南高等学校?普通科
津山高等学校?普通科
-岡山大安寺中等教育学校

岡山県

  • 概要
    人口1,875,525人
    人口密度264人/km2
    面積7,114.32km2
    県庁所在地岡山市
    高校88校:国立1校、公立63校、私立24校
    学区6つ:備北・美作・西備・倉敷・岡山・東備
  • 人口
    市町村人口面積人口密度
    1岡山市719,134人789.95km2910人/km2
    2倉敷市474,199人355.63km21,333人/km2
    3津山市99,009人506.33km2196人/km2
    4玉野市56,235人103.58km2543人/km2
    5笠岡市45,937人136.24km2337人/km2

公立高校制度

  • 岡山県には、備北・美作・西備・倉敷・岡山・東備の6つの学区がある。
  • 公立高校の普通科に進学したい場合は、自分の所属する学区内の高校を受験することになる。
    • ただし、それぞれの高校に、募集定員の5%にあたる人数だけ学区外からの入学が認められている。
  • 以前は総合選抜制度が実施されていた。以下参照
  • 1950年、岡山県で総合選抜制度が導入され、岡山学区内で岡山朝日高校と岡山操山高校との合同選抜が始まった。学力上位層の生徒はこの2校に分散し、毎年、東京大・京都大に各10名以上が合格。好調な進学実績は3校総合選抜となってからも続いた。
  • そんな岡山朝日高校の進学実績に変化が見え始めたのは、1974年、4校での総合選抜となってから、それまでよりも学力面で多様な生徒が入学してきたことなどもあり、徐々に進学実績が低迷していった。
  • 1980年に5校選抜になってからこの傾向は強まった。東京大、京都大の合格者数が1桁台の年や、90年代初めには東京大の現役合格者ゼロという年があり、卒業生や保護者から苦言を呈されたことも一再ではなく、進学面では不満の残る状況だった。県内外の国立・私立の高校が進学実績を伸ばしていった背景には、総合選抜制度により、公立高校がある一面で活力を失ったことにも原因があったようだ。
  • 1998年、総合選抜制度が廃止された。

高校の序列と事情

  • 岡山五校を中心とした名門校と岡山白陵高等学校のトップ争いである。基本的に私立高校は公立校の滑り止めである。偏差値は高くても実績はぱっとしない。岡山県は教育委員会が熱心なのか、中高一貫校が豊富にあり、受験に力を入れたい家庭はそうした学校を見据える。
  • 元々の歴史を振り返ると、岡山では戦前の流れをくむ岡山操山と旧制第六高等学校の流れをくむ岡山朝日高校が戦後常にトップ高校であった。
    • 岡山大学附属小学校→岡山大学附属中学校→岡山朝日高校→東大というエリートコースがあった。
  • その後の高度成長に伴い大安寺→芳泉→一宮と県立高校が沢山作られたが、これらの県立高校の間に格差を作らないという方針で総合選抜制度(基本的には5つの高校のどこにいくかはわからない)を取っていた。
  • 岡山県立の名門校を指し、岡山五校と称している。
    • 元々は、かつて行われていた総合選抜制度に由来する。総合選抜はまず試験を行った上で市内の受験生の学力と居住地から、進学する高校を振り分けていく受験の方式である。その振り分け先となった学校が、岡山市内の県立高校五校であった。岡山市では1950年に総合選抜が始まり、1980年までに新設された学校を加えてそれぞれ五校になった。制度は1998年まで継続した。
    • 岡山朝日高等学校岡山操山高等学校岡山芳泉高等学校岡山一宮高等学校?岡山大安寺高等学校?(高校募集なし)、+(岡山城東高等学校
    • 以前は、五校が均等な学力になるように生徒を振り分けていたが、廃止後は均等ではなくなった。
    • 偏差値は朝日が抜けていて、次に城東、操山、芳泉と続き、最後に一宮という序列である。
    • 進学実績も朝日が抜けていて、毎年20名程度の国公立医学部合格者を出している。次は中高一貫の操山に分がある。入学偏差値の割に東大や医学部合格者が多い。
  • 岡山五校のうち、岡山一宮が開校する1980年以前は岡山四校、岡山芳泉が開校する1974年以前は岡山三校とされていた
    • 非常に保守的な土地柄で、いまだに三校戦のOB会が催されている。
  • 上記同様に、倉敷市内の県立高校4校を、倉敷四校と呼ぶ。
    • 倉敷青陵高校、倉敷南高校、倉敷天城高校、倉敷古城池高校を指す。
    • 倉敷青陵高校は偏差値65であり毎年東大や医学部に合格者を出すが、残りの3つは医学部受験レベルでみると物足りない。
    • 倉敷古城池は偏差値56であり、上位10番以内に入ってようやく国公立非医学部が視野に入る程度となり、倉敷四校から取り残されつつある。ゆえに、「倉敷三校」と揶揄される場合もある。
  • 私立トップは岡山白陵高等学校73であり、岡山五校トップの朝日69を大きく離している。が、進学実績は公立校に押され気味であり、徐々に寂しくなっている。

小中学校

  • ちなみに、小学校中学校受験なら、先ずは岡山大学附属が選択肢に上がる。岡山大学附属は地元学区の子もいることはいるが、京山学区からの就学生が有意に多い。近年では、県立の操山中学校、大安寺中等教育学校を選ぶケースも増加している。
  • また、岡山市で最も学力が高い学区は、京山学区である。津島と伊島があるが、津島は医者、大学職員、県職員が多い。伊島は転勤族の方が多く、中央官庁系や金融機関系の方も多い。つまり、岡山県の平均年収より高い給与の方が多い。塾もたくさんある。伊島と津島を隔てる大通り沿いには、少なくとも8件の塾がある。それだけ、子供にお金を使う余裕がある人が集まる学区である。その学区の先生が良いわけではなく、家庭環境がそうさせる。岡北は悪くないが、やはり、京山学区には劣る。これは、岡北学区の北東にある地区の子供たちが関係している。京山じゃなくても、となりだから同じぐらいかなという、妥協してしまう収入の差が、その後の教育資金にも関係している。
  • 芳泉学区に関しては、芳泉高校は悪くないが、芳泉学区は悪い。特に、小学校が悪い。補導される児童の数が多い。
  • 東山に関しては比較的良いとされている。東山がよいとされる理由は、岡山大学付属小学校があるから。また、東山付近では、朝日高校や中高一貫の操山中学校もある。

コメント

コメントはありません。 コメント/岡山県の高校?

お名前: