hirosimaken.gif

一覧

偏差値公私高校学科
75広島大学附属福山高等学校普通科
74広島大学附属高等学校普通科
70修道高等学校普通科
69如水館高等学校普通科特進S
基町高等学校普通科
67広島高等学校普通科
近畿大学附属広島高等学校?普通科ADⅡ
65舟入高等学校普通科
広島新庄高等学校?普通科スーパー特進
64尾道北高等学校普通科
呉三津田高等学校
福山誠之館高等学校?
-広島学院高等学校普通科
-ノートルダム清心高等学校普通科
-AICJ高等学校?普通科

広島県

  • 概要
    人口2,782,804人
    人口密度328人/km2
    県庁所在地広島市
    高校136校:国立4校、公立92校、私立40校
    学区なし:2006年から全県一学区
  • 人口
    都市人口
    1広島市1,194,330
    2福山市467,837
    3呉市220,342
    4東広島市188,465
    5尾道市135,536

序列と事情

  • 国立、県立、市立、私立それぞれがバランスよく上位に位置する地域である。
  • 中四国の他県は高知県を除いて公立高校優位であり、本県は相対的に公立高校が弱いと言える。
    • そのためかわからないが、近場の京大よりも東大への志向が強くなっている。公立高校が弱いために地元志向も弱くなっているのか。
  • 元々は、国立と私立がトップで、公立は蚊帳の外という感じであったが、1998年に全地区で総合選抜制度が廃止され、2006年に学区が撤廃されたことを機に公立高校が復権してきている。
    • 公立高校がいまいちだった理由としては、1956年から続いた総合選抜制度と1976年からの中学区制であった。
  • 1970年頃までは広島大附属と修道のツートップだったが、1980年代ぐらいから広島学院のワントップとなった。
  • 広島学院も1990年代までは安定して年間30名の東大合格者を輩出していたが、公立高校の躍進により2010年代は10名台を記録することもあった。
  • 難易度は、福山>付属>修道>基町=如水館特進である。1975年頃から広島学院のワントップとなった。
  • 進学実績での序列は、広島大学附属福山=広島学院>広島大学附属=修道である。
    • 上記全ての高校で、国公立医学部に20名以上は進学する。非常に高レベルである。
  • 医学部だけという点に限れば、近年は広島学院一強であり、次に付属である。福山は1学年200名で20名程度が国公立医に進学するが、前2校と比較すると少ない。
  • 広島県は中学受験が盛んな土地で、優秀層は国私立の上位校にごっそり抜ける。残った生徒は公立中学→公立高校へと進む。広島西部では基町高校、広島東部では尾道北高等学校が人気である。
  • 中学時点で医学部志向の強い優秀層は、男子は広島学院高等学校、女子はノートルダム清心高等学校へ進む。両校とも1割以上の生徒が国公立医学部に合格する。

公立高校入試制度

  • 広島公立高校入試には、選抜Ⅰ(推薦入試)と選抜Ⅱ(一般入試)がある。
    • ただし、2023年度から試験期間の短縮化と授業時間の確保のため、今までの選抜Ⅰと選抜Ⅱが統合され、すべての高校で「一次選抜」が実施される。合格者が入学定員に満たなかった学科・コースでは、「二次選抜」が実施される。つまり、基本的には1回の受験のみということになる。
  • 普通科の高校なら、その定員割合は2:8。選抜Ⅰが2割で、選抜Ⅱが8割。
  • 選抜Ⅱは内申点130点:学力試験125点、合計255点で評価する。
    • 中一から中三までの各学年の9教科の成績が5段階評定で記入される。選抜Ⅱでは、中一から中三までの各学年の5教科5段階評定と実技4教科5段階評定を2倍したものの合計に195分の130をかけた130点満点が内申点となる。

実績比較

2021年

高校総数割合東大京大国公医
広島学院18129.8%9837
附属福山19723.9%10433
広大附属19920.6%6926
AICJ11317.7%4412
ND清心18710.2%2314
修道高校2789.4%4913
県立広島2389.7%689
市立基町3587.0%41110

2020年

高校総数割合東大京大国公医
広大附属20024.5%9832
広島学院17922.9%101021
附属福山19917.1%41020
ND清心17616.5%3422
修道高校2757.6%1614
市立基町3217.2%1148
AICJ1085.6%015
県立広島2335.2%219

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前: