tokusimasi.jpg

概要

分類公立
設立1962年
地域徳島県の高校
所在地徳島県徳島市北沖洲一丁目15番60号
形態共学
偏差値普通科55、理数科72
定員300名:普通科260名、理数科40名
HPhttp://www.tokushima-m-hs.ed.jp/

解説

  • 1972年に徳島市内の普通科高校4校を対象として都立高校を真似た総合選抜制度が始まって底辺校から進学校の仲間入りを果たした。いまや確固たるトップ校である。総合選抜制度が始まった当時は普通科と理数科が拮抗していたが、すぐに理数科が躍進した。総合選抜制度2年目に理数科から初めて東京大学に合格したのは理科三類だった。2003年に総合選抜制度は廃止されたがトップ校の位置は揺るぎないものになっている。
  • 理数科は40名であり、逆に言えば理数科以外の生徒は今や凡庸である。
    • 理数科の多くが医学部受験をし、毎年20名弱の国公立医学部合格者を輩出することは大したものである。ただし地元徳島大医の推薦合格が大半を占めており、不合格者は翌年以降になると県外の国立医学部を受験する傾向が強い。また、徳島に限ったことではないが、推薦合格者が抜けた分、前期試験の倍率が下がるという構図が出来上がっている。
    • 最近では理数科40人中30名以上が鳴門教育大学附属中学校出身の生徒であり、徳島医卒業生の子供が多い。徳島県の一大産業である徳島大医を中心に据えて、附属中学⇒徳島市立理数科⇒徳島大医受験⇒子供の附属中学受験⇒子供の・・・・と廻っている。この中学は医学部ブームが過熱する前から医学部を目指す傾向が強く、学年180人中50人程度が医学部に進学していた時代もあった。これが徳島市内の繁華街に病院がずらっと並ぶ病院通りが名物になる理由かも知れない。

医学科進学実績

旭川名大京大阪大神戸岡山徳島香川高知九州
20212112217
202011111115
201911101114
2018119213
2017191112
121325135270

参考文献:http://www.tokushima-m-hs.ed.jp/life/dtl.php?hdnKey=7

入試

  • 理数科は基礎学力テスト445あれば大丈夫というイメージ。470なら余裕。
  • 面接に関して、基本的に質問されることは決まっていて、志望理由や高校で何がしたいか等。

高校生活

コメント

コメントはありません。 コメント/徳島市立高等学校?

お名前: