都立高校

東京都立高校

一覧

東京都

  • 概要
    人口13,963,056人
    人口密度6,364人/km2
    面積2,193.96km2
    高校428:国立6、公立185、私立237
    学区なし:2003年以降
  • 人口
    順位区市人口
    1世田谷区921,708
    2練馬区731,360
    3大田区728,437
    4江戸川区690,614
    5足立区677,536
    6八王子市576,907
    7杉並区575,691
    8板橋区573,966
    9江東区510,692
    10葛飾区450,815
    11町田市433,843
    12品川区398,732
    13北区348,274
    14新宿区343,494
    15中野区335,813
    16豊島区297,946
    17目黒区283,153
    18墨田区264,515
    19府中市261,403
    20港区253,940

高校の序列と事情

  • 日本で最も私立高校優位な土地であり、強力な私立中高一貫校がいくつもある。都道府県の人口と高校数を見ると、全国でも唯一私立高校数が公立高校数を上回っている。同ページの人口/高校数に関しては全国6位であるが、東京都の私立高校を支える人口基盤は首都圏全域に及ぶため、いくつものS級高校を抱えることができる。
  • 東京都立高校はというと、私立高校に押され気味ではあるが、1990年代に単独選抜に移行し、2002年に学区が撤廃されてからは徐々に力を持ち直してきている。
  • 入試難易度を見てみると、筑波大学附属駒場高等学校開成高等学校が並ぶかわずかに筑駒が上とみる意見もある。次いで、東京学芸大学附属高等学校筑波大学附属高等学校が同列で続くであろう。その次に都立西高等学校日比谷高等学校、早慶付属となる。
  • 開成高等学校麻布高等学校武蔵高等学校を御三家と称している。が、武蔵は若干遅れ気味である。開成は東大合格者数39年連続トップ、麻布は東大入試のなかった69年を除き66年連続トップ10入りと、とてつもない記録を更新中。この2校と比べると、数字的には見劣りがするが、それには理由がある。1学年定員が開成は400人、麻布は300人なのに対し、武蔵は160人。東大合格者数でトップ10入りすること自体、分母が少ないぶん、相当ハードルが高いのだ。
    • 2019年度のの東京大学合格者数は開成186名、麻布100名、武蔵22名であった。
    • 「鬼才」の麻布、「秀才」の開成、「変人」の武蔵
  • 女子御三家は桜蔭高等学校女子学院高等学校雙葉高等学校であり、桜蔭が抜けている。
  • 進学指導重点校に都立高校7校が指定されており、日比谷高等学校都立西高等学校国立高等学校が都立最上位であり、次いで戸山高等学校八王子東高等学校立川高等学校、その下に青山高等学校となる。
  • 下に記しているが、都立高校は栄枯盛衰があり、1990年代の印象を持っている方は「東京は私立か国立高校のみ、都立はどこにも入れなかった人が行く」という感覚かもしれないが、2021年現在は都立の復興もあり、決して都立が負けということはない。
  • 東大受験に関しては、毎年開成高等学校が合格「数」で1位となる。しかし、合格「率」でみると筑波大学附属駒場高等学校が1位であり、理Ⅲ合格者は灘高等学校に譲り、合格の「質」は灘である。

進学重点校

  • 東京都が2001年に日比谷、戸山、西、八王子東の4校を「進学指導重点校」にしたことが始まりで、その後、青山、立川、国立を追加指定した。「学区撤廃」「進学重点校指定」といった施策前の2003年の都立高校全体の東大合格者数は80名だった。それが2021年は136名に増えている。このうち「進学指導重点校」指定前の7校からの合格者は61名だったものが倍以上の126名に増えている。2003年には7校以外からの東大合格者も19名いたのに、2021年は10名に減っている。つまり「進学指導重点校」7校は大きく伸びたのに対し、それ以外からは一段と「狭き門」になったことがわかる。
  • 2003年の7校の東大合格者数は次の通り。西25、八王子東13、国立9、日比谷5、戸山5、青山2、立川2。それが2021年は日比谷63、西20、国立19、戸山13、青山6、八王子東3、立川2と、日比谷が突出したと同時に中心部に比重が移っていることが読み取れる。これは「学区撤廃」した県でよく見られる現象で、自由に学校選択できるようになると都心志向になる。神奈川県の横浜翠嵐、埼玉県の浦和などもまさに同様な現象である。

多摩地区

  • 旧学区制のときには第7から第10まで4つの学区に分けられた多摩地区だが、学校群の時代には、大きなくくりの中でカップリングされていた。72群の立川(旧制2中)と国立(旧制19中)の伝統校コンビが最難関。次いで74群のいずれも中高一貫化した武蔵(旧制13高女)と戦後生まれの三鷹、75群の元は私立校だった府中と神代(旧制15高女)、73群のやはり中高一貫化した北多摩と急速に浮上している昭和といった組み合わせの順になる。23区ではトップ校は例外なく戦前からの伝統校だが、多摩地区では戦後生まれの八王子東(1976年創立)が進学指導重点校として伝統校の立川・国立と伍しているように、伝統校と新興校の実力が拮抗している。
  • 国立・立川・八王子東の多摩都立高御三家は、換算内申でいずれも60/65前後を目安としている。
  • 多摩地区には、武蔵の他にいずれも中等教育学校である3つの都立中高一貫校(三鷹、立川国際、南多摩)がある。23区と多摩地区の人口比が2:1であることを考えると、少し手厚く配置してある。
  • 2010年入試のデータを見ると、旧第10学区の三鷹は男子が750[38-58]、女子が760[41-57]で、武蔵野北とほぼ同様の二番手校の位置にいた。八王子市にある南多摩(旧制4高女)は男子780[40-60]、女子790[42-60]と、旧第7学区では八王子東に次ぐ二番手校だった。
  • 立川国際になった立川市の北多摩は10年前には男子740[38-57]、女子760[42-57]で小金井北や日野台と同じ水準である。2022年には附属小学校も併設予定で、大ブレークしている。都立としては、国際(目黒区)と港区に予定されている新国際(仮称)と並ぶ「国際」を冠した人気校で、グローバル10の指定も受けた。
  • 旧第7・第8学区で中高一貫校が抜けた穴を埋めるべく浮上してきたのが昭和だろう。新校舎ができたのは5年前だが、進学指導推進校でもないのに、この頃から進学実績が伸び、偏差値と人気も急上昇している。次いで、10年前には昭和と並んでいた南平も後を追って伸びている。
  • 旧第9・第10学区の穴埋め役は進学指導推進校の調布北(1974年創立)になりそうだ。このエリアには、現状は三番手校の位置にいるが、大学に入って何をやりたいのか、具体的な研究対象を考えているような理数系志望者の進学校として認知が高まっている多摩科学技術がある。定時制で60人を募集するだけとなった小金井工業の校地の多くを使って2010年に開校、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、進学指導推進校にもなっている。偏差値の上がり方を見ても、この学校はダークホースといえる。

コメント

コメントはありません。 コメント/東京都の高校?

お名前: